処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2011126889 - 殺虫性化合物を製造するための中間体および殺虫性化合物の製造方法

官庁 日本
出願番号 2011006077
出願日 14.01.2011
公開番号 2011126889
公開日 30.06.2011
特許番号 5584632
特許付与日 25.07.2014
公報種別 B2
IPC
C07C 237/40
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
237酸部分の炭素骨格がさらにアミノ基で置換されているカルボン酸アミド
28少なくとも1個のカルボン酸アミド基の炭素原子が炭素骨格の非縮合6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
40カルボン酸アミド基の窒素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
C07C 265/12
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
265イソシアン酸誘導体
12イソシアナート基が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
C07C 269/04
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
269カルバミン酸誘導体,すなわち以下の基のいずれかを含有する化合物,の製造「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
04カルバマート基の形成を伴うアミンからのもの
C07C 271/28
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
271カルバミン酸誘導体,すなわち,以下のいずれかを含有する化合物「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06カルバミン酸エステル
08カルバマート基の酸素原子が非環式炭素原子に結合しているもの
26少なくとも1個のカルバマート基の窒素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
28非縮合6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
C07C 271/38
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
271カルバミン酸誘導体,すなわち,以下のいずれかを含有する化合物「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06カルバミン酸エステル
32カルバマート基の酸素原子が6員芳香環以外の環の炭素原子に結合しているもの
38少なくとも1個のカルバマート基の窒素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
C07C 271/58
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
271カルバミン酸誘導体,すなわち,以下のいずれかを含有する化合物「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06カルバミン酸エステル
40カルバマート基の酸素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
58少なくとも1個のカルバマート基の窒素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
CPC
A01N 47/20
AHUMAN NECESSITIES
01AGRICULTURE; FORESTRY; ANIMAL HUSBANDRY; HUNTING; TRAPPING; FISHING
NPRESERVATION OF BODIES OF HUMANS OR ANIMALS OR PLANTS OR PARTS THEREOF; BIOCIDES, e.g. AS DISINFECTANTS, AS PESTICIDES, AS HERBICIDES
47Biocides, pest repellants or attractants, or plant growth regulators containing organic compounds containing a carbon atom not being member of a ring and having no bond to a carbon or hydrogen atom, e.g. derivatives of carbonic acid
08the carbon atom having one or more single bonds to nitrogen atoms
10Carbamic acid derivatives, i.e. containing the group —O—CO—N<; Thio analogues thereof
20N-Aryl derivatives thereof
C07C 211/47
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
211Compounds containing amino groups bound to a carbon skeleton
43having amino groups bound to carbon atoms of six-membered aromatic rings of the carbon skeleton
44having amino groups bound to only one six-membered aromatic ring
45Monoamines
47Toluidines; Homologues thereof
C07C 211/48
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
211Compounds containing amino groups bound to a carbon skeleton
43having amino groups bound to carbon atoms of six-membered aromatic rings of the carbon skeleton
44having amino groups bound to only one six-membered aromatic ring
45Monoamines
48N-alkylated amines
C07C 215/68
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
215Compounds containing amino and hydroxy groups bound to the same carbon skeleton
68having amino groups bound to carbon atoms of six-membered aromatic rings and hydroxy groups bound to acyclic carbon atoms or to carbon atoms of rings other than six-membered aromatic rings of the same carbon skeleton
C07C 237/40
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
237Carboxylic acid amides, the carbon skeleton of the acid part being further substituted by amino groups
28having the carbon atom of at least one of the carboxamide groups bound to a carbon atom of a non-condensed six-membered aromatic ring of the carbon skeleton
40having the nitrogen atom of the carboxamide group bound to a carbon atom of a six-membered aromatic ring
C07C 265/12
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
265Derivatives of isocyanic acid
12having isocyanate groups bound to carbon atoms of six-membered aromatic rings
出願人 MITSUI CHEMICALS AGRO INC
三井化学アグロ株式会社
発明者 YOSHIDA KEI
吉田 圭
WAKITA TAKEO
脇田 健夫
KATSUTA HIROYUKI
勝田 裕之
KAI AKIYOSHI
甲斐 章義
CHIBA YUTAKA
千葉 豊
TAKAHASHI KIYOSHI
高橋 清
KATO HIROKO
加藤 紘子
KAWAHARA NOBUYUKI
河原 信行
NOMURA MICHIKAZU
野村 路一
DAIDO HIDENORI
大同 英則
MAKI JUNJI
槇 准司
BANBA SHINICHI
番場 伸一
KAWAHARA ATSUKO
河原 敦子
代理人 速水 進治
佐藤 浩司
優先権情報 2003305816 29.08.2003 JP
発明の名称
(EN) INTERMEDIATE FOR PRODUCING INSECTICIDAL COMPOUND AND METHOD FOR PRODUCING INSECTICIDAL COMPOUND
(JA) 殺虫性化合物を製造するための中間体および殺虫性化合物の製造方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an insecticide which exhibits an excellent controlling effect as an insecticide and an excellent controlling effect even by mixed use with another insecticide, an acaricide, a nematicide, a bactericide, a herbicide, a plant growth regulator, a biological agricultural chemical or the like.

SOLUTION: The compound is represented by formula (1) (wherein A1, A2, A3 and A4 are each carbon, nitrogen or oxidized nitrogen; R1 is a 1-6C alkyl group which may be substituted, a phenyl group or a heterocyclic group; R2 and R3 are each hydrogen, a 1-4C alkyl group which may be substituted or a 1-4C alkylcarbonyl group; G1, G2 and G3 are each oxygen or sulfur; X is hydrogen, a halogen, a 1-4C alkyl group which may be substituted or an amino group; n is an integer of 0-4; and Q is a phenyl group which may be substituted, a naphthyl group, a tetrahydronaphthyl group or a heterocyclic group). The insecticide contains this compound as an active ingredient and the method for producing the compound is disclosed.

COPYRIGHT: (C)2011,JPO&INPIT

(JA)

【課題】殺虫剤として優れた防除効果を示し、又他の殺虫剤、殺ダニ剤、殺線虫剤、殺菌剤、除草剤、植物成長調節剤、生物農薬などと混合使用することによっても優れた防除効果を示す殺虫剤を提供する。
【解決手段】式(1)の化合物、これを有効成分として含有する殺虫剤、及び製造方法。

{A1、A2、A3、A4は炭素、窒素又は酸化された窒素、R1は置換されていても良いC1-C6アルキル基、フェニル基、複素環基、R2、R3は、水素、置換されていても良いC1-C4アルキル基、C1-C4アルキルカルボニル基、G1、G2、G3は、酸素又は硫黄、Xは、水素、ハロゲン、置換されていても良いC1-C4アルキル基、アミノ基、nは0〜4の整数、Qは、置換されていても良いフェニル基、ナフチル基、テトラヒドロナフチル基、複素環基}
【選択図】なし