処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2010033534 - 火災感知器

官庁 日本
出願番号 2008263109
出願日 09.10.2008
公開番号 2010033534
公開日 12.02.2010
特許番号 5144457
特許付与日 30.11.2012
公報種別 B2
IPC
G08B 17/06
G物理学
08信号
B信号または呼出し装置;指令発信装置;警報装置
17火災警報;爆発に応答する警報
06警報を電気的に動作するもの,例.熱応動開閉器を用いるもの
G01N 29/00
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
29超音波,音波または亜音波の使用による材料の調査または分析;超音波または音波を物体内に伝播させることによる物体内部の可視化
G01N 29/02
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
29超音波,音波または亜音波の使用による材料の調査または分析;超音波または音波を物体内に伝播させることによる物体内部の可視化
02流体の分析
G01N 29/04
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
29超音波,音波または亜音波の使用による材料の調査または分析;超音波または音波を物体内に伝播させることによる物体内部の可視化
04固体の分析
出願人 PANASONIC ELECTRIC WORKS CO LTD
パナソニック株式会社
発明者 WATABE YOSHIFUMI
渡部 祥文
HONDA YOSHIAKI
本多 由明
代理人 西川 惠清
優先権情報 2008166265 25.06.2008 JP
発明の名称
(EN) FIRE DETECTOR
(JA) 火災感知器
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fire detector which prevents a false alarm or an alarm failure when an attenuation coefficient is changed due to a change in surrounding environment.

SOLUTION: A sound pressure ratio calculating means 40 calculates a sound pressure ratio between a sound pressure of a first ultrasonic wave propagating from a sound source 1a to a sound wave receiving element 3a and a sound pressure of a second ultrasonic wave propagating from the sound source 1b to the sound wave receiving element 3b through a propagation path longer than that of the first ultrasonic wave. A sound pressure ratio correcting means 45 corrects the sound pressure ratio for an output of the sound pressure ratio calculating means 40 so as to cancel a variation caused by the change in an attenuation coefficient of absorption of the ultrasonic wave in a monitoring space with no smoke. A smoke concentration estimating means 41 estimates smoke concentration in the monitoring space using the sound pressure ratio whose variation due to the change in the attenuation coefficient is canceled. A fire determination means 42 determines whether a fire has occurred or not by comparing the smoke concentration estimated by the smoke concentration estimating means 41 and a predetermined threshold.

COPYRIGHT: (C)2010,JPO&INPIT

(JA)

【課題】周囲環境の変化に起因した減衰係数の変化の影響で非火災報や失報を生じることのない火災感知器を提供する。
【解決手段】音圧比算出手段40は、音源部1aから受波素子3aに伝わる第1の超音波の音圧と、第1の超音波より長い伝播経路を通して音源部1bから受波素子3bに伝わる第2の超音波の音圧との比を音圧比として算出する。音圧比補正手段45は、音圧比算出手段40の出力について、煙がない状態での監視空間における超音波の吸収減衰の減衰係数の変化に起因した変動分をキャンセルするように前記音圧比を補正する。煙濃度推定手段41では、減衰係数の変化に起因した変動分がキャンセルされた音圧比を用いて、監視空間の煙濃度を推定する。火災判断手段42は、煙濃度推定手段41にて推定された煙濃度と所定の閾値とを比較して火災の有無を判断する。
【選択図】図1