処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2009110126 - 火災感知器

官庁 日本
出願番号 2007279703
出願日 26.10.2007
公開番号 2009110126
公開日 21.05.2009
特許番号 4894722
特許付与日 06.01.2012
公報種別 B2
IPC
G08B 17/10
G物理学
08信号
B信号または呼出し装置;指令発信装置;警報装置
17火災警報;爆発に応答する警報
10煙またはガスの存在によって動作するもの
G01N 29/00
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
29超音波,音波または亜音波の使用による材料の調査または分析;超音波または音波を物体内に伝播させることによる物体内部の可視化
G01N 29/02
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
29超音波,音波または亜音波の使用による材料の調査または分析;超音波または音波を物体内に伝播させることによる物体内部の可視化
02流体の分析
出願人 PANASONIC ELECTRIC WORKS CO LTD
パナソニック電工株式会社
発明者 WATABE YOSHIFUMI
渡部 祥文
HONDA YOSHIAKI
本多 由明
代理人 西川 惠清
発明の名称
(EN) FIRE SENSOR
(JA) 火災感知器
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fire sensor not affected by a characteristic change occurring in a sound source part or a wave reception element, in a configuration distinguishing presence of a fire based on an attenuation amount of an ultrasonic wave in a monitoring space.

SOLUTION: A sound pressure ratio calculation means calculates a ratio between a sound pressure P1S of an ultrasonic wave Sw1 conducted to a first wave reception element 3a from a first sound source part 1a through a propagation path of a path length L1 and a sound pressure P2S of an ultrasonic wave Sw2 conducted to a second wave reception element 3b from a second sound source part 1b through a propagation path of a path length L2 (>L1) as a sound pressure ratio P2S/P1S. A smoke density estimation means estimates a smoke density of the monitoring space based on a change amount of the sound pressure ratio P2S/P1S calculated by the sound pressure ratio calculation means 40 from an initial value P20/P10. A fire decision means compares the smoke density estimated in the smoke density estimation means and a prescribed threshold to decide the presence of the fire.

COPYRIGHT: (C)2009,JPO&INPIT

(JA)

【課題】監視空間における超音波の減衰量に基づいて火災の有無を判別する構成において、音源部や受波素子に生じる特性変化の影響を受けることのない火災感知器を提供する。
【解決手段】音圧比算出手段は、経路長Lの伝播経路を通して第1の音源部1aから第1の受波素子3aに伝わる超音波Sw1の音圧P1Sと、経路長L(>L)の伝播経路を通して第2の音源部1bから第2の受波素子3bに伝わる超音波Sw2の音圧P2Sとの比を音圧比P2S/P1Sとして算出する。煙濃度推定手段は、音圧比算出手段40で算出される音圧比P2S/P1Sの初期値P20/P10からの変化量に基づいて、監視空間の煙濃度を推定する。火災判断手段は、煙濃度推定手段にて推定された煙濃度と所定の閾値とを比較して火災の有無を判断する。
【選択図】図1