処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2008273840 - ベンジルアミン誘導体の製造法

官庁
日本
出願番号 2005205323
出願日 14.07.2005
公開番号 2008273840
公開日 13.11.2008
公報種別 A
IPC
C07D 471/10
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
471縮合系中に異項原子として窒素原子のみを含有し,少なくとも1個の環が1個の窒素原子をもつ6員環であり,C07D451/00~C07D463/00に属さない複素環式化合物
02縮合系が2個の複素環を含有するもの
10スピロ―縮合系
C07C 211/29
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
211炭素骨格に結合しているアミノ基を含有する化合物
01非環式炭素原子に結合しているアミノ基をもつもの
26少なくとも1個の6員芳香環を含有する不飽和炭素骨格の
29炭素骨格がさらにハロゲン原子またはニトロもしくはニトロソ基で置換されているもの
C07C 231/02
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
231カルボン酸アミドの製造
02アンモニアまたはアミンとの反応によるカルボン酸そのエステル,無水物またはハロゲン化物からの製造
C07C 231/14
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
231カルボン酸アミドの製造
14カルボン酸アミド基の形成の関与しない反応を伴う,カルボン酸アミド基の形成による製造
C07C 233/36
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
233カルボン酸アミド
01カルボン酸アミド基の炭素原子が水素原子または非環式炭素原子に結合しているもの
34少なくとも1個のカルボン酸アミド基の窒素原子がアミノ基で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
35置換された炭化水素基がカルボン酸アミド基の窒素原子に非環式炭素原子によって結合しているもの
36カルボン酸アミド基の炭素原子が水素原子または非環式飽和炭素骨格の炭素原子に結合しているもの
C07C 233/78
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
233カルボン酸アミド
64カルボン酸アミド基の炭素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
77少なくとも1個のカルボン酸アミド基の窒素原子が,アミノ基で置換された炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
78置換された炭化水素基がカルボン酸アミド基の窒素原子に非環式炭素原子によって結合しているもの
CPC
C07C 233/78
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
233Carboxylic acid amides
64having carbon atoms of carboxamide groups bound to carbon atoms of six-membered aromatic rings
77having the nitrogen atom of at least one of the carboxamide groups bound to a carbon atom of a hydrocarbon radical substituted by amino groups
78with the substituted hydrocarbon radical bound to the nitrogen atom of the carboxamide group by an acyclic carbon atom
C07D 471/10
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
DHETEROCYCLIC COMPOUNDS
471Heterocyclic compounds containing nitrogen atoms as the only ring hetero atoms in the condensed system, at least one ring being a six-membered ring with one nitrogen atom, not provided for by groups C07D451/00 - C07D463/00
02in which the condensed system contains two hetero rings
10Spiro-condensed systems
出願人 ZERIA PHARMACEUT CO LTD
ゼリア新薬工業株式会社
発明者 NAGASAWA MASAAKI
長澤 正明
MURATA MASAKAZU
村田 正和
KAWASE NOBUO
川瀬 伸雄
NAKAO TATSU
中尾 竜
NAKANO DAISUKE
中野 大介
代理人 特許業務法人アルガ特許事務所
有賀 三幸
高野 登志雄
中嶋 俊夫
村田 正樹
山本 博人
浅野 康隆
的場 ひろみ
守屋 嘉高
大野 詩木
松田 政広
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING BENZYLAMINE DERIVATIVE
(JA) ベンジルアミン誘導体の製造法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an advantageous method for producing a benzylamine derivative.

SOLUTION: The method for producing a benzylamine derivative represented by formula (21) is characterized by causing a compound represented by formula (15) to react with a compound represented by formula (20). [In the formulae, R1 and R2 each represents an alkyl group; R3 represents an alkyl group that may be substituted with a halogen atom, R4 represents an aralkyl group, a lower alkyl group, an aryl group, a cycloalkyl group, or an amino group that may be substituted with a phenyl group or a lower alkyl group; and X1 and X2 each represents a hydrogen atom or a halogen atom].

COPYRIGHT: (C)2009,JPO&INPIT


(JA)

【課題】 ベンジルアミン誘導体の有利な合成法を提供すること。
【解決手段】 下記一般式(15)で表される化合物に化合物(20)を反応せしめることを特徴とする一般式(21)で表されるベンジルアミン誘導体の製造方法。
【化1】

[式中、R1及びR2は、アルキル基を示し、R3は、ハロゲン原子で置換されていてもよいアルキル基を示し、R4は、アラルキル基、低級アルキル基、アリール基、シクロアルキル基、又はフェニル基もしくは低級アルキル基が置換していてもよいアミノ基を示し、X1及びX2は、水素原子又はハロゲン原子を示す。]
【選択図】 なし


関連特許文献