処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2005118768 - 溶液からの目的物質の回収方法

官庁 日本
出願番号 2004067149
出願日 10.03.2004
公開番号 2005118768
公開日 12.05.2005
特許番号 4438458
特許付与日 15.01.2010
公報種別 B2
IPC
B01D 11/04
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
11溶剤抽出
04液体溶液の溶剤抽出
C07C 407/00
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
407パーオキシ化合物の製造
C07C 409/10
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
409パーオキシ化合物
02-O-O-基が,さらに酸素で置換されていない炭素原子と水素原子との間に結合しているもの,すなわちハイドロパーオキサイド
04その炭素原子が非環式のもの
086員芳香環を含有する化合物
10クメンハイドロパーオキシド
CPC
C07C 407/003
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
407Preparation of peroxy compounds
003Separation; Purification; Stabilisation; Use of additives
出願人 SUMITOMO CHEMICAL CO LTD
住友化学株式会社
発明者 SHIRAISHI SHIGENORI
白石 重則
GOTO SHIGERU
後藤 滋
KATAO MASAAKI
堅尾 正明
代理人 中山 亨
優先権情報 2003333159 25.09.2003 JP
発明の名称
(EN) RECOVERY METHOD OF TARGET SUBSTANCE FROM SOLUTION
(JA) 溶液からの目的物質の回収方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a recovery method of a target substance (A) from a solution (C) which is composed of a target substance (A) to be recovered and a first solvent (B) capable of recovering the target substance from the solution without being indispensable of heating the solution such as a distillation and thus capable of recovering the target substance which is unstable to the heat without deterioration and excellent in aspect of energy saving.

SOLUTION: This is a recovery method of a target substance (A) from a solution (C) which includes the first process and the second process below. The first process comprises forming an emulsion (E) comprising the target substance (A) and the second solvent (D) by adding and mixing the second solvent (D) to the solution (C). The second process comprises separating the emulsion (E) obtained in the first process from the solvent (C).

COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

(JA)

【課題】 回収すべき目的物質(A)と第一の溶媒(B)からなる溶液(C)から目的物質(A)を回収する目的物質の回収方法であって、蒸留のように溶液を加熱することを必須とすることなく溶液から目的物質を回収することができ、よって熱に不安定な目的物資を変質させることなく回収することができ、かつ省エネルギーの観点にも優れるという特徴を有する溶液からの目的物質の回収方法を提供する。
【解決手段】 下記の第一工程及び第二工程を含む溶液(C)からの目的物質(A)の回収方法。
第一工程:溶液(C)に第二の溶媒(D)を添加して混合することにより目的物質(A)と第二の溶媒(D)を含むエマルジョン(E)を形成せしめる工程
第二工程:第一工程で得たエマルジョン(E)を溶液(C)から分離する工程
【選択図】 なし