処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2004202571 - 液圧バルジ加工装置及び液圧バルジ加工方法

官庁 日本
出願番号 2003020962
出願日 29.01.2003
公開番号 2004202571
公開日 22.07.2004
特許番号 4060723
特許付与日 28.12.2007
公報種別 B2
IPC
B21D 26/02
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;金属の押抜き
26切断を伴わない成形であって,剛性の装置または工具もしくは可塑性または弾性パッドを用いる以外のもの,例.流体圧力または磁気力を適用することによる成形
02流体圧力の適用によるもの
B21D 51/16
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;金属の押抜き
51中空体の製造
16対象物の用途に特徴のあるもの
出願人 SUMITOMO METAL IND LTD
住友金属工業株式会社
MITSUBISHI MOTORS CORP
三菱自動車工業株式会社
SUMITOMO PIPE & TUBE CO LTD
日鉄住金鋼管株式会社
発明者 TOMIZAWA ATSUSHI
富澤 淳
KOJIMA MASAYASU
小嶋 正康
代理人 溝上 満好
溝上 哲也
岩原 義則
優先権情報 2002325801 08.11.2002 JP
発明の名称
(EN) DEFORMED PIPE AS MANUFACTURED FOR BULGING, HYDROSTATIC BULGING DEVICE AND METHOD, AND BULGED PRODUCT
(JA) 液圧バルジ加工装置及び液圧バルジ加工方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To attain a larger pipe expansion ratio than before by enabling a pushing process from a pipe end in the axial direction.

SOLUTION: A deformed pipe as manufactured 11 for bulging has its outer diameter and circumference gradually increasing or decreasing from one end to the other end in its axial direction. A parallel portion 11a or 11b is formed at least on one end of the pipe. Even in the case of the hydrostatic bulging of a deformed pipe of which cross sectional shape changes like a tapered pipe, a larger pipe expansion ratio than before is attainable due to the feasibility of giving an axial push as well as an internal pressure. Further, connection with other component or inserting connection can be facilitated.

COPYRIGHT: (C)2004,JPO&NCIPI

(JA)

【課題】管端からの軸方向への押し加工を可能にして従来以上に大きな拡管率を得る。
【解決手段】バルジ加工に供される異形素管11である。軸方向の一方から他方にかけて外径が漸次増加又は減少する周長を有すると共に、少なくとも一方端側に平行部11a又は11bを形成する。
【効果】テーパ管のように軸方向に横断面形状が変化する異形鋼管の液圧バルジ加工を行う場合でも、内圧付与と共に軸方向への押し込みが可能になって、従来以上に大きな拡管率を得ることが可能になり、また、他の部品との接合や差し込み結合も容易に行なえるようになる。
【選択図】 図1