処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2004156461 - 内燃機関の可変バルブタイミング制御装置

官庁 日本
出願番号 2002320612
出願日 05.11.2002
公開番号 2004156461
公開日 03.06.2004
公報種別 A
IPC
F02D 13/02
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
D燃焼機関の制御
13吸気または排気弁の作動特性,例.タイミング,の変更による機関出力の制御
02機関運転中のもの
F01L 1/34
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
L周期的に作動する機械または機関用弁
1弁装置または弁配列,例.リフト弁装置
34開き時間を変えることなく弁のタイミングを変える装置を設けることを特徴とするもの
出願人 DENSO CORP
株式会社デンソー
発明者 URUSHIBATA HARUYUKI
漆畑 晴行
IIDA HISASHI
飯田 寿
代理人 加古 宗男
発明の名称
(EN) VARIABLE VALVE TIMING CONTROLLER OF INTERNAL COMBUSTION ENGINE
(JA) 内燃機関の可変バルブタイミング制御装置
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent a gear mechanism of a variable valve timing device from getting in a jam or getting damaged in controlling the valve-timing to a limiting position or to its vicinity in a movable range (variable range for valve timing) of the variable valve timing device.

SOLUTION: A rate-limiting region, where a valve-timing change-rate is limited to a specified limit rate or lower, is set in the vicinity of the limiting position (positions for the lowest retard angle and the highest advance angle) in the valve-timing variable range. When an actual valve-timing changes toward the limiting position within the rate-limiting region, a rate-limit control is executed to limit the valve-timing change-rate to a specified limit rate or lower. Thus, a movable part of a phase variable mechanism is prevented from bumping against a stopper at high speed. Even though the actual valve timing is within the rate-limiting region, the movable part of the phase variable mechanism does not bump against the stopper, when the actual valve-timing changes to the direction opposite to the limiting position, so the rate-limit control is not executed.

COPYRIGHT: (C)2004,JPO

(JA)

【課題】バルブタイミングを可変バルブタイミング装置の可動範囲(バルブタイミングの可変範囲)の限界位置又はその近傍へ制御する際に、可変バルブタイミング装置のギヤ機構の噛み込みや損傷を未然に防止する。
【解決手段】バルブタイミングの可変範囲の限界位置(最遅角位置や最進角位置)の付近に、バルブタイミング変化速度を所定の制限速度以下に制限する速度制限領域を設定する。実バルブタイミングが速度制限領域内でその限界位置の方向へ変化するときには、バルブタイミング変化速度を所定の制限速度以下に制限する速度制限制御を実行して、位相可変機構の可動部品が高速でストッパ部に衝突することを回避する。一方、実バルブタイミングが速度制限領域内であっても、その限界位置と反対方向に実バルブタイミングが変化するときには、位相可変機構の可動部品とストッパ部との衝突が発生しないため、速度制限制御を実行しない。
【選択図】 図3