16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2008129840) 高分子電解質型燃料電池および電極−膜−枠接合体の製造方法

官庁 : 日本
出願番号: JP2008000758 出願日: 27.03.2008
公開番号: WO2008129840 公開日: 30.10.2008
公報種別: A1
IPC:
H01M 8/10
H01M 8/02
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8
燃料電池;その製造
10
固体電解質をもつ燃料電池
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8
燃料電池;その製造
02
細部
出願人: パナソニック株式会社
発明者: 森本 隆志
日下部 弘樹
松本 敏宏
川畑 徳彦
村田 淳
代理人: 山田 卓二
田中 光雄
和田 充夫
岡部 博史
優先権情報: 2007091975 30.03.2007 JP
発明の名称: (JA) 高分子電解質型燃料電池および電極−膜−枠接合体の製造方法
要約: front page image
(JA)

MEA−枠接合体を射出成型用金型に配置して、電極部の外縁と枠体の内縁の間において電極部の外縁沿いに延在して配置される第1の流路と、枠体の内外縁の間において内側弾性部材沿いに延在して配置される第2の流路と、第1の流路と上記第2の流路とを連通する複数の連通流路とを形成し、第1の流路に弾性体樹脂を注入することにより、第1の流路内に弾性体樹脂を充填するとともに、それぞれの連通流路を通して第2の流路に上記弾性体樹脂を充填し、MEA−枠接合体とセパレータとの間を密着封止する弾性部材を一体的に形成する。


また、:
EP2058883JP2009049025JP2009076470US20090202884US20090226782US20090233131
JP4235687CN101542799WO/2008/129840