国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2008126389) 安全運転支援装置

官庁 : 日本
出願番号: JP2008000834 出願日: 31.03.2008
公開番号: WO2008126389 公開日: 23.10.2008
公報種別: A1
IPC:
B60R 21/00
G08G 1/16
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
G 物理学
08
信号
G
交通制御システム
1
道路上の車両に対する交通制御システム
16
衝突防止システム
出願人: パナソニック株式会社
発明者: 久保谷 寛行
岩井 和彦
代理人: 小栗 昌平
市川 利光
橋本 公秀
優先権情報: 2007096609 02.04.2007 JP
発明の名称: (JA) 安全運転支援装置
要約: front page image
(JA)

本発明は、危険な移動物の検出を精度良く、早いタイミングで行うことができる安全運転支援装置を提供することを目的とする。
本発明の安全運転支援装置100は、車両周辺の交通障害物を検出する交通障害物検出手段101と、前記交通障害物検出手段101で検出した交通障害物から、歩行者の急激な挙動変化を誘発する事象を検出する速度変化誘発事象検出手段106と、前記交通障害物検出手段101で検出した交通障害物から歩行者の急激な挙動変化を検出する速度変化検出手段102と、前記速度変化誘発事象検出手段106で検出された歩行者の速度変化誘発事象が発生した時点から一定時間内に前記速度変化検出手段102で歩行者の挙動変化が検出された場合に危険な歩行者であると判断する危険歩行者検出手段109とを有する。


また、:
KR1020090125795EP2133851US20100076621CN101652802JP4967015WO/2008/126389