国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JP2010504815) ドライバが取り付けられた外科ステープルおよびこれらをステープル止めするためのステープル止め器具

官庁 : 日本
出願番号: 2009530344 出願日: 08.08.2007
公開番号: 2010504815 公開日: 18.02.2010
公報種別: A
IPC:
A61B 17/072
A61B 17/10
A61B 17/115
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
B
診断;手術;個人識別
17
手術用機器,器具,または方法,例.止血器
03
傷の閉鎖用,または傷を閉鎖把持するもの,例.手術用ステープル;それらと使用するための付属具
068
手術用ステープラー
072
単一動作で一列のステープルを適用するためのもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
B
診断;手術;個人識別
17
手術用機器,器具,または方法,例.止血器
03
傷の閉鎖用,または傷を閉鎖把持するもの,例.手術用ステープル;それらと使用するための付属具
10
傷口クランプを適用または取り去るためのもの;傷口クランプマガジン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
B
診断;手術;個人識別
17
手術用機器,器具,または方法,例.止血器
03
傷の閉鎖用,または傷を閉鎖把持するもの,例.手術用ステープル;それらと使用するための付属具
11
吻合を行うためのもの;吻合用ボタン
115
ステープラー
出願人: エシコン・エンド−サージェリィ・インコーポレイテッド
Ethicon Endo−Surgery,Inc.
発明者: ヘス・クリストファー・ジェイ
モルガン・ジェローム・アール
クレム・マイケル
シェルトン・フレデリック・イー・ザ・フォース
ワイゼンバーグ・ウィリアム・ビー・ザ・セカンド
代理人: 加藤 公延
押野 宏
永田 豊
大島 孝文
藤田 千恵
優先権情報: 11/529,935 29.09.2006 US
発明の名称: (JA) ドライバが取り付けられた外科ステープルおよびこれらをステープル止めするためのステープル止め器具
要約:
(JA)

ドライバとこのドライバが連結されているステープルとを含む外科ステープル止めシステム。従来の外科ステープル止めシステムでは、ドライバとステープルは連結されていなかった。本発明による外科ステープル止めシステムは、構成要素の数が少なく、組立および製造の時間が短く、少なくとも部分的にドライバに埋め込まれた比較的大きいステープルを受容することができる。様々な実施形態では、外科ステープル止めシステムは、変形可能な部材を含むステープルと、アンビルを含むステープラと、ステープルを排出可能に保管するためのステープルカートリッジと、第1の位置と第2の位置との間で移動可能なカムとを含む。このような実施形態では、外科ステープル止めシステムは、ステープルに取り付けられたドライバをさらに含む。ドライバは、カムが第1の位置と第2の位置との間で移動される際にステープルをアンビルに向かって移動させるようにカムに動作可能に係合されている。


また、:
EP2086423CN101541252IN1145/KOLNP/2009WO/2008/042045