16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JP2008229559) 膜分離を用いた目的物質の分離方法と装置

官庁 : 日本
出願番号: 2007075655 出願日: 22.03.2007
公開番号: 2008229559 公開日: 02.10.2008
特許番号: 4805201 特許付与日: 02.11.2011
公報種別: B2
IPC:
B01D 61/22
B01D 61/12
B01D 69/04
B01D 61/58
B01D 61/02
B01D 61/14
B01D 65/02
C07C 41/34
C07C 43/13
C07B 63/00
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
61
半透膜を用いる分離工程,例.透析,浸透または限外ろ過;そのために特に適用される装置,付属品または補助操作
14
限外ろ過;精密ろ過
22
制御または調節
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
61
半透膜を用いる分離工程,例.透析,浸透または限外ろ過;そのために特に適用される装置,付属品または補助操作
02
逆浸透;超ろ過
12
制御または調節
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
69
形状,構造または特性に特徴のある分離工程または装置のための半透膜;そのために特に適合した製造工程
04
管状膜
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
61
半透膜を用いる分離工程,例.透析,浸透または限外ろ過;そのために特に適用される装置,付属品または補助操作
58
多段階工程
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
61
半透膜を用いる分離工程,例.透析,浸透または限外ろ過;そのために特に適用される装置,付属品または補助操作
02
逆浸透;超ろ過
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
61
半透膜を用いる分離工程,例.透析,浸透または限外ろ過;そのために特に適用される装置,付属品または補助操作
14
限外ろ過;精密ろ過
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
65
半透膜を用いる分離工程または装置のための付属品または補助操作
02
膜の洗浄または滅菌
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
41
エーテルの製造;「図」基,「図」基または「図」基をもつ化合物の製造
01
エーテルの製造
34
分離;精製;安定化;添加剤の使用
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
43
エーテル;「図」基,「図」基または「図」基をもつ化合物
02
エーテル
03
すべてのエーテル基の酸素原子が非環式炭素原子に結合しているもの
04
飽和エーテル
13
水酸基またはO―金属基を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
63
精製;有機化合物回収の目的のために特に適用した分離;安定化;添加剤の使用
出願人: TSUKISHIMA KANKYO ENGINEERING LTD
NIPPON SURFACTANT KOGYO KK
発明者: TATEISHI YASUHIRO
立石 泰弘
優先権情報: 2007075655 22.03.2007 JP
発明の名称: (EN) PROCESS AND APPARATUS FOR SEPARATION OF TARGET SUBSTANCE USING MEMBRANE SEPARATION
(JA) 膜分離を用いた目的物質の分離方法と装置
要約:
(EN) PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a separation apparatus precisely separating a target substance by controlling and regulating the permeation tendency of the target substance using measurements or analytical values indicating the separation state of a membrane apparatus, such as the concentration or physical properties of permeation liquid and circulation liquid/inner circulation liquid, in case of diafiltration using a membrane.

SOLUTION: In the diafiltration of adding washing liquid to raw liquid containing multiple target substances, and extracting the target substances into the permeating liquid obtained from the membrane separation apparatus to separate them from other target substances remaining in the residual liquid, at least one item selected among a permeating liquid flow rate, operation pressure of the membrane separation apparatus, circulating liquid concentration, and circulation liquid flow rate, is regulated or controlled to be within a set range by using a separation state index and/or proceeding course index of the separation operation, to thereby control the permeation tendency of the target substance.

COPYRIGHT: (C)2009,JPO&INPIT
(JA)

【課題】膜を用いたダイアフィルトレーションの際に、透過液や循環液/内部循環液の濃度や物性値など膜装置の分離状態を表す測定値や分析値を用いて目的物質の透過傾向を管理・調整することによって、目的物質の精密な分離を行う分離装置を提供する。
【解決手段】複数の目的物質が含まれる原液に洗浄液を加え、膜分離装置から得る透過液中に目的物質を抜き出し、残液中に残る他の目的物質と分離するダイアフィルトレーションにおいて、分離操作の分離状態指標および/または進行経過指標を用い、透過液流量、膜分離装置の運転圧力、運転温度、循環液濃度、循環液量から選択した少なくとも1項目の操作項目を設定域に調整あるいは制御することで目的物質の透過傾向を制御する。
【選択図】図1


また、:
EP2133135US20100101997CN101547735WO/2008/123099