国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2006043632) 記録装置、再生装置、記録再生装置

官庁 : 日本
出願番号: JP2005019310 出願日: 20.10.2005
公開番号: WO2006043632 公開日: 27.04.2006
公報種別: A5
IPC:
G11B 7/004
G11B 7/0045
G11B 20/10
G PHYSICS
11
INFORMATION STORAGE
B
INFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
7
Recording or reproducing by optical means, e.g. recording using a thermal beam of optical radiation, reproducing using an optical beam at lower power; Record carriers therefor
04
using fluorescent or phosphorescent record carriers
[IPC code unknown for G11B 7/045]
G 物理学
11
情報記憶
B
記録担体と変換器との間の相対運動に基づいた情報記録
20
記録または再生方法に特徴のない信号処理;そのための回路
10
デジタル記録または再生
出願人: 松下電器産業株式会社
発明者: 小林 良治
代理人: 奥田 誠司
優先権情報: 2004305456 20.10.2004 JP
発明の名称: (JA) 記録装置、再生装置、記録再生装置
要約:
(JA)

本発明の装置は、情報記録媒体に情報を記録するための記録信号を生成する記録補償部と、記録補償部が生成した記録信号に基づいて情報記録媒体にパルスビームを照射する記録部とを備える。情報記録媒体は、照射される光の量の合計に応じて光学定数が連続的に変化する記録層を備えている。記録部は、複数のパルスビームを記録層に集光する様に、且つパルスビームの記録層上の直径より短い間隔で照射する。記録補償部は、記録層上のパルスビームを照射した各位置の記録終了までの光学定数の変化量の各合計が、所定の変化量パターンとなるように、記録信号を生成する。


また、:
EP1814111US20080285399CN101040328WO/2006/043632