16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2006038568) 映像符号化方法及び装置、映像復号方法及び装置、それらのプログラムおよびそれらプログラムを記録した記録媒体

官庁 : 日本
出願番号: JP2005018187 出願日: 30.09.2005
公開番号: WO2006038568 公開日: 13.04.2006
公報種別: A1
IPC:
H04N 7/26
H 電気
04
電気通信技術
N
画像通信,例.テレビジョン
7
テレビジョン方式
24
パルス符号変調を用いるテレビジョン信号の伝送方式
26
ビットレートの低減をするもの
出願人: 日本電信電話株式会社
発明者: 北原 正樹
木全 英明
代理人: 志賀 正武
村山 靖彦
優先権情報: 2004294414 07.10.2004 JP
発明の名称: (JA) 映像符号化方法及び装置、映像復号方法及び装置、それらのプログラムおよびそれらプログラムを記録した記録媒体
要約:
(JA)

複数の画像を複数のGOPで構成して、それぞれのGOPの画像を1つの映像として符号化する映像符号化方法であって、各GOPに含まれる画像を符号化するかどうかを決定し、当該GOPに含まれる画像の符号化データを出力するかどうかを示すGOP符号化有無情報を符号化し、当該GOPに含まれる画像の符号化データを出力する場合に、該GOPに含まれる画像を符号化する。典型的には、当該GOPの符号化データの復号によらずに他の1以上のGOPを用いて生成される画像の方が符号化データの復号により得られる画像よりも原画像に近いか否かを判断することにより、当該GOPに含まれる画像を符号化するかどうかを決定する。


また、:
KR1020060118592EP1798981US20080317115JP4805160CN1918917CN103179400
WO/2006/038568