国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JP2006112348) 内燃機関の排気浄化システム。

官庁 : 日本
出願番号: 2004301735 出願日: 15.10.2004
公開番号: 2006112348 公開日: 27.04.2006
特許番号: 3969417 特許付与日: 05.09.2007
公報種別: B2
IPC:
F01N 3/36
B01D 53/86
B01D 53/94
F01N 3/8
F01N 3/20
F01N 3/28
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
36
添加燃料の供給のための装置
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
86
触媒による方法
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
18
操作の方法に特徴をもつもの;調整
20
特に触媒による変換に適用されるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28
触媒反応装置の構造
出願人: TOYOTA MOTOR CORP
トヨタ自動車株式会社; 愛知県豊田市トヨタ町1番地
発明者: TOSHIOKA TOSHISUKE
利岡 俊祐
優先権情報: 2004301735 15.10.2004 JP
発明の名称: (EN) EXHAUST EMISSION CONTROL SYSTEM OF INTERNAL COMBUSTION ENGINE
(JA) 内燃機関の排気浄化システム。
要約:
(EN) PROBLEM TO BE SOLVED: To accurately perform NOx reduction treatment by controlling the way of the dispersion of a reducer in an NOx catalyst in an exhaust emission control system in which the amount of exhaust gas flowing in the storage/reduction type NOx catalyst is reduced and NOx stored in the NOx catalyst is reduced by supplying the reducer into the NOx catalyst.

SOLUTION: Air-fuel ratio detection means are disposed on the upstream side and downstream side of the storage/reduction type NOx catalyst. The adding time of the reducer is changed so that a difference between an air-fuel ratio detected by an air-fuel ratio detection means disposed on the upstream side of the NOx catalyst and an air-fuel ratio detected by an air-fuel ratio detection means disposed on the downstream thereof becomes an aimed value in a prescribed period after the amount of the exhaust gas flowing into the NOx catalyst is reduced.

COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI
(JA)


【課題】 吸蔵還元型NOx触媒に流入する排気の量を低減させるとともに前記NOx触媒に還元剤を供給することによって前記NOx触媒に吸蔵されたNOxを還元する内燃機関の排気浄化システムにおいて、前記NOx触媒内における還元剤の分散の仕方を制御するこ
とにより、より確実にNOx還元処理を行うことができる技術を提供する。
【解決手段】 吸蔵還元型NOx触媒の上流と下流に空燃比検出手段を配置し、前記NOx触媒に流入する排気の量を低減させるとともに前記排気中に還元剤が添加された後の所定期間における、前記NOx触媒の上流に配置された空燃比検出手段により検出された空燃
比と下流に配置された空燃比検出手段により検出された空燃比との差が所定の目標値になるように、前記還元剤の添加時期を変更する(S108)。
【選択図】図5


Also published as:
EP1801379US20080092530CN101035971WO/2006/041223