16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JP2006090523) 水素貯蔵タンクの使用方法及び燃料電池システム

官庁 : 日本
出願番号: 2004280120 出願日: 27.09.2004
公開番号: 2006090523 公開日: 06.04.2006
特許番号: 4484243 特許付与日: 16.06.2010
公報種別: B2
IPC:
F17C 11/0
H01M 8/4
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
17
ガスまたは液体の貯蔵または分配
C
圧縮,液化または固化ガスの収容または貯蔵用容器;一定容量のガスタンク;圧縮,液化または固化ガスの容器への充填,または容器からの放出
11
容器内にガス溶剤またはガス吸着剤を用いるもの
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8
燃料電池;その製造
04
補助的な装置または方法,例.圧力制御のためのもの,流体循環のためのもの
出願人: TOYOTA INDUSTRIES CORP
株式会社豊田自動織機; 愛知県刈谷市豊田町2丁目1番地
TOYOTA MOTOR CORP
トヨタ自動車株式会社; 愛知県豊田市トヨタ町1番地
発明者: KANEHARA MASAHIKO
金原 雅彦
MORI DAIGORO
森 大五郎
優先権情報: 2004280120 27.09.2004 JP
発明の名称: (EN) USE METHOD OF HYDROGEN STORAGE TANK, AND HYDROGEN STORAGE TANK
(JA) 水素貯蔵タンクの使用方法及び燃料電池システム
要約:
(EN) PROBLEM TO BE SOLVED: To easily set allowable pressure in designing a hydrogen storage tank even when hydrogen storage alloy is continuously heated by a heat medium after cooling a fuel cell, without allowing pressure in a hydrogen storage tank to be over internal pressure of the hydrogen storage tank in filling hydrogen.

SOLUTION: In a fuel cell system 10, hydrogen is supplied to the fuel cell 12 from the hydrogen storage tank 11 incorporating hydrogen storage alloy MH, and the heat medium after cooling the fuel cell 12, is used in heating the hydrogen storage alloy MH in releasing hydrogen from the hydrogen storage alloy MH. A hydrogen gas is filled in the hydrogen storage tank 11 at a temperature higher than a maximum temperature of the heat medium in steady operation of the fuel cell 12 under pressure more than equilibrium pressure of the hydrogen storage alloy MH, and hydrogen is released from the hydrogen storage alloy MH at a temperature lower than a temperature of hydrogen storage alloy MH on completion of filling.

COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI
(JA)


【課題】燃料電池を冷却後の熱媒体が水素吸蔵合金を加熱し続けても、水素貯蔵タンク内の圧力が水素充填時の水素貯蔵タンクの内圧を超えることがなく、水素貯蔵タンクを設計する際、許容圧力の設定を容易にする。
【解決手段】燃料電池システム10は、水素吸蔵合金MHを内蔵した水素貯蔵タンク11から燃料電池12へ水素を供給し、水素吸蔵合金MHからの水素放出時の水素吸蔵合金MHの加熱に燃料電池12を冷却後の熱媒体を使用する。
水素貯蔵タンク11への水素ガスの充填を燃料電池12の定常運転時に達する熱媒体の最高温度以上の温度で、かつ水素吸蔵合金MHの平衡圧以上の圧力で行い、水素吸蔵合金MHからの水素の放出は充填完了時の水素吸蔵合金MHの温度より低い温度で行う。
【選択図】 図1


また、:
EP1808923US20090297896CN101128952WO/2006/035672