国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2017030158) 光半導体装置

官庁 : 日本
出願番号: 2016570355 出願日: 18.08.2016
公開番号: WO2017030158 公開日: 23.02.2017
特許番号: 6407310 特許付与日: 28.09.2018
公報種別: B2
IPC:
H01S 5/026
H01S 5/22
H01S 5/50
H01S 5/022
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
5
半導体レーザ
02
レーザ作用にとって本質的ではない構造的な細部または構成
026
モノリシックに集積された複数の構成,例.導波管,モニター用フォトデテクターまたは駆動素子
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
5
半導体レーザ
20
半導体本体の光を導波する構造または形状
22
リッジまたはストライプ構造を有するもの
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
5
半導体レーザ
50
5/02~5/30に分類されない増幅器の構造
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
5
半導体レーザ
02
レーザ作用にとって本質的ではない構造的な細部または構成
022
マウント;ハウジング
出願人: 古河電気工業株式会社
発明者: 鈴木 理仁
清田 和明
黒部 立郎
代理人: 特許業務法人酒井国際特許事務所
優先権情報: 2015160846 18.08.2015 JP
発明の名称: (JA) 光半導体装置
要約:
(JA)

発振波長の異なる複数の半導体レーザ素子と、複数の半導体レーザ素子から射出されるレーザ光を同一点に合流するアレイ導波路回折格子とを備え、第1グループに属する半導体レーザ素子からのレーザ光は、アレイ導波路回折格子内において第1の回折次数の回折によって同一点に合流され、第2グループに属する半導体レーザ素子からのレーザ光は、アレイ導波路回折格子内において第1の回折次数とは異なる第2の回折次数の回折によって同一点に合流されるように構成される光半導体装置。


Also published as:
CN106605340US20170141540WO/2017/030158