国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015147207) 把手付き容器の成形用金型ユニット及び製造装置

官庁 : 日本
出願番号: 2016510502 出願日: 26.03.2015
公開番号: WO2015147207 公開日: 01.10.2015
特許番号: 6285537 特許付与日: 09.02.2018
公報種別: B2
IPC:
B29C 49/20
B29C 49/48
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
49
ブロー成形,即ちプリフォームまたはパリソンを型内で所定形状にブローするもの;そのための装置
20
挿入物または補強材を有する物品の製造
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
49
ブロー成形,即ちプリフォームまたはパリソンを型内で所定形状にブローするもの;そのための装置
42
構成部品;細部または付属装置;補助操作
48
金型
出願人: 日精エー・エス・ビー機械株式会社
発明者: 高橋 剛
坂部 祐二
代理人: 栗原 浩之
山▲崎▼ 雄一郎
優先権情報: 2014068648 28.03.2014 JP
発明の名称: (JA) 把手付き容器の成形用金型ユニット及び製造装置
要約:
(JA)

成形用金型311が、中間成形体61が内部に収容される一対の割型本体312と、割型本体315のそれぞれに、割型本体の開閉方向とは直交する方向にスライド可能に設けられ、把手30を狭持する一対の把手保持割型312と、把手保持割型312にそれぞれ接続されて各把手保持割型を個別にスライドさせる駆動手段313と、を備える構成とする。


Also published as:
EP3124202CN106457649US20170136678WO/2015/147207