国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015147148) 熱可塑性エラストマー組成物

官庁 : 日本
出願番号: 2016510475 出願日: 26.03.2015
公開番号: WO2015147148 公開日: 01.10.2015
公報種別: A1
IPC:
C08L 29/04
C08L 23/26
C08L 23/28
C08K 5/098
B60C 5/14
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
29
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少くとも1つがアルコール,エーテル,アルデヒド,ケトン,アセタールまたはケタール基によって停止されている化合物の単独重合体または共重合体の組成物;不飽和アルコールと飽和カルボン酸とのエステルの重合体を加水分解したものの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
不飽和アルコールの単独重合体または共重合体
04
ポリビニルアルコール;不飽和アルコールと飽和カルボン酸とのエステルの単独重合体または共重合体の部分加水分解物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
23
ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
26
化学的な後処理によって変性されたもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
23
ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
26
化学的な後処理によって変性されたもの
28
ハロゲンまたはハロゲン含有化合物との反応による
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
04
酸素含有化合物
09
カルボン酸;その金属塩;その無水物
098
カルボン酸の金属塩
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
5
膨張可能な空気入りタイヤまたは内部チューブ
12
別個の膨張できる内装物をもたないもの,例.リムに対して開口する横断面を有するチューブレスタイヤ
14
タイヤの内壁に不透過性ライナーまたはコーティングを有するもの
出願人: 横浜ゴム株式会社
発明者: 佐藤 峻
代理人: 青木 篤
石田 敬
古賀 哲次
蛯谷 厚志
佐々木 貴英
優先権情報: 2014063714 26.03.2014 JP
発明の名称: (JA) 熱可塑性エラストマー組成物
要約:
(JA)

(a)ハロゲン化イソオレフィンパラアルキルスチレン共重合体;(b)酸無水物基を有する変性ゴム;及び(c)エチレン−ビニルアルコール共重合体を含むポリマー成分、並びに、(d)高級脂肪酸アルカリ土類金属塩からなる加工助剤;及び(e)架橋剤含む熱可塑性エラストマー組成物であって、エラストマー成分((a)+(b))中におけるハロゲン化イソオレフィンパラアルキルスチレン共重合体(a)の重量比率(Wa)が5〜60wt%であり、エラストマー成分((a)+(b))中における酸無水物基を有する変性ゴム(b)の重量比率(Wb)が95〜40wt%であり、高級脂肪酸アルカリ土類金属塩からなる加工助剤(d)の含有量(W)が、ハロゲン化イソオレフィンパラアルキルスチレン共重合体(a)100質量部に対して0.3〜30質量部であることを特徴とする、前記熱可塑性エラストマー組成物。


Also published as:
CN106103579EP3124538JP6195013US20180170104WO/2015/147148