国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015146111) 検知装置、検知方法、及びコンピュータプログラム

官庁 : 日本
出願番号: 2016510015 出願日: 20.03.2015
公開番号: WO2015146111 公開日: 01.10.2015
特許番号: 6536567 特許付与日: 14.06.2019
公報種別: B2
IPC:
G08B 17/00
G08B 17/10
G08B 17/103
G01N 21/27
G06T 1/00
G 物理学
08
信号
B
信号または呼出し装置;指令発信装置;警報装置
17
火災警報;爆発に応答する警報
G 物理学
08
信号
B
信号または呼出し装置;指令発信装置;警報装置
17
火災警報;爆発に応答する警報
10
煙またはガスの存在によって動作するもの
G 物理学
08
信号
B
信号または呼出し装置;指令発信装置;警報装置
17
火災警報;爆発に応答する警報
10
煙またはガスの存在によって動作するもの
103
光の発光受光装置を用いるもの
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
21
光学的手段,すなわち.赤外線,可視光線または紫外線を使用することによる材料の調査または分析
17
調査される材料の特性に応じて入射光が変調されるシステム
25
色;スペクトル特性,すなわち2またはそれ以上の波長あるいは波長帯において材料が光に与える効果の比較
27
光電検出器を用いるもの
G 物理学
06
計算;計数
T
イメージデータ処理または発生一般
1
汎用イメージデータ処理
出願人: 日本電気株式会社
発明者: 塚田 正人
戸田 真人
先崎 健太
代理人: 机 昌彦
下坂 直樹
優先権情報: 2014067596 28.03.2014 JP
発明の名称: (JA) 検知装置、検知方法、及びコンピュータプログラム
要約:
(JA)

撮影画像を利用して煙が発生していることを適切に検知するために、検知装置(100)は、抽出部(10)と計算部(30)と検知部(40)とを備えている。抽出部(10)は、監視対象シーンを撮影した撮影画像である入力画像を画像解析した結果を利用して、前記入力画像からノイズ成分を除去した画像を生成する。計算部(30)は、その生成された画像に含まれている輝度情報を利用して、前記入力画像に撮影されている物体からの反射光の減衰率を算出する。検知部(40)は、前記減衰率に基づいて、前記監視対象シーンにおいて煙が発生しているか否かを判定する。


Also published as:
US20170116499WO/2015/146111