国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015145986) 光トランシーバ制御回路、光ネットワークシステムおよび光トランシーバの出力制御方法

官庁 : 日本
出願番号: 2016509957 出願日: 27.02.2015
公開番号: WO2015145986 公開日: 01.10.2015
特許番号: 6319423 特許付与日: 13.04.2018
公報種別: B2
IPC:
H04B 10/075
H04B 10/03
H04L 29/14
H 電気
04
電気通信技術
B
伝送
10
無線波以外の電磁波,例.赤外線,可視光または紫外線,を使用する,または微粒子放射線,例.量子通信,を使用する伝送方式
07
伝送方式の監視または試験のための配置;伝送方式の障害測定のための配置
075
インサービスの信号を用いるもの
H 電気
04
電気通信技術
B
伝送
10
無線波以外の電磁波,例.赤外線,可視光または紫外線,を使用する,または微粒子放射線,例.量子通信,を使用する伝送方式
03
障害回復のための配置
H 電気
04
電気通信技術
L
デジタル情報の伝送,例.電信通信
29
グループ1/00から27/00の単一のグループに包含されない配置,装置,回路または方式
14
障害対策
出願人: 日本電気株式会社
発明者: 山根 隆志
代理人: 机 昌彦
下坂 直樹
優先権情報: 2014065990 27.03.2014 JP
発明の名称: (JA) 光トランシーバ制御回路、光ネットワークシステムおよび光トランシーバの出力制御方法
要約:
(JA)

ライン側において信号断等の異常が発生した場合に、クライアント側へ出力される信号が断続的に不良となり、後段の信号処理における不具合が生じる、という課題を解決する。
本発明の光トランシーバ制御回路は、光トランシーバに入力された光信号から生成された電気信号と略同一の特性を有するダミー信号を生成する信号生成手段と、電気信号を受信し、受信した電気信号と生成されたダミー信号のどちらか一方を選択して出力する切替手段と、光信号の異常を示す通知が入力されたとき、切替手段の選択対象を電気信号からダミー信号に変更する制御手段と、を備える。


Also published as:
US20170111107CN106134101WO/2015/145986