国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015145665) 部品装着装置

官庁 : 日本
出願番号: 2016509752 出願日: 27.03.2014
公開番号: WO2015145665 公開日: 01.10.2015
特許番号: 6242478 特許付与日: 17.11.2017
公報種別: B2
IPC:
H05K 13/08
H05K 13/04
H 電気
05
他に分類されない電気技術
K
印刷回路;電気装置の箱体または構造的細部,電気部品の組立体の製造
13
電気部品の組立体の製造または調整に特に適した装置または方法
08
組立体の製造の監視
H 電気
05
他に分類されない電気技術
K
印刷回路;電気装置の箱体または構造的細部,電気部品の組立体の製造
13
電気部品の組立体の製造または調整に特に適した装置または方法
04
部品の取り付け
出願人: 富士機械製造株式会社
発明者: 飯阪 淳
伊藤 秀俊
川合 英俊
大山 茂人
加藤 尚宏
中根 邦靖
永田 良
名桐 啓祐
代理人: 特許業務法人ネクスト
深津 泰隆
片岡 友希
優先権情報:
発明の名称: (JA) 部品装着装置
要約:
(JA)

部品の供給から撮像装置による撮像を経て対象物に部品を装着するまでの実装時間の短縮が可能な部品装着装置を提供すること。
部品実装機は、供給位置P1から撮像位置P2を経由して回路基板CBの装着位置P3,P4まで実装ヘッドを移動させる。また、部品実装機は、実装ヘッドが撮像位置P2を通過する際に、X軸方向又はY軸方向のいずれか一方の撮像時移動方向に移動するように制御する。そして、部品実装機は、この撮像時移動方向を、撮像位置P2から装着位置P3,P4までの第1X軸距離Lx及び第1Y軸距離Lyに応じて決定する。


Also published as:
EP3125662US20170112031WO/2015/145665