国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015145505) 導光部材及びその製造方法並びに照明ユニット

官庁 : 日本
出願番号: 2016509616 出願日: 25.11.2014
公開番号: WO2015145505 公開日: 01.10.2015
特許番号: 6600820 特許付与日: 18.10.2019
公報種別: B2
IPC:
F21Y 115/10
G02B 6/00
F21S 2/00
[IPC code unknown for F21Y 115/10]
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
6
ライトガイド;ライトガイドおよびその他の光素子,例.カップリング,からなる装置の構造的細部
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
21
照明
S
非携帯用の照明装置またはそのシステム
2
メイングループ4/00~10/00または19/00に分類されない照明装置のシステム,例.モジュール式構造のもの
出願人: パナソニックIPマネジメント株式会社
発明者: 小泉 秀樹
大野 達司
代理人: 鎌田 健司
野村 幸一
優先権情報: 2014069516 28.03.2014 JP
発明の名称: (JA) 導光部材及びその製造方法並びに照明ユニット
要約:
(JA)

本発明の導光部分は、入射面(12)から入射された光が、透明バー(10)の反射面(18)及び出射面(14)を含む内周面で内部反射を繰り返しながらその内部を長手方向に進み、その間に拡散面(16)に到達した光が拡散光となって出射面(14)から取り出される。透明バー(10)は、出射面(14)を露出させた状態でカバー内に収容されるものであって、拡散面(16)は、透明バー(10)の長手方向に間隔をあけて並ぶ複数の溝と、隣り合う溝の間に残存する平坦面と、を有し、平坦面に、外方へ突出してカバーの内面に当接し、カバーの内面との間にスペースを形成する複数のスペーサ突起が形成されている。


Also published as:
WO/2015/145505