国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015141795) 電動機制御装置、電動パワーステアリング装置および車両

官庁 : 日本
出願番号: 2015532214 出願日: 19.03.2015
公開番号: WO2015141795 公開日: 24.09.2015
公報種別: A1
IPC:
B62D 6/00
H02P 27/06
B62D 5/04
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
D
自動車;付随車
6
走行状態を検出した結果,及び走行状態に感応した結果に応じて自動的に操向装置を制御する装置,例.制御回路
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
P
電動機,発電機,回転変換機の制御または調整;変圧器またはリアクトルまたはチョークコイルの制御
27
供給電圧の種類に特徴を有する交流電動機の制御装置または制御方法
04
可変周波数の供給電圧,例.インバータまたはコンバータ供給電圧,を使用するもの
06
直流-交流コンバータまたはインバータを用いるもの
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
D
自動車;付随車
5
動力補助または動力駆動される操向
04
電気的なもの,例.操向伝動装置に,連結され,またはその一部を形成する電気サーボモータを用いるもの
出願人: 日本精工株式会社
発明者: 菊地 祐介
木村 玄
塗 志鵬
代理人: 酒井 宏明
優先権情報: 2014058947 20.03.2014 JP
発明の名称: (JA) 電動機制御装置、電動パワーステアリング装置および車両
要約: front page image
(JA)

電動機制御装置100は、電動機10と、制御装置40と、モータ駆動回路50を備える。電動機10は、モータロータ20と、モータステータ30と、三相毎に少なくとも2系統の第1コイルグループG1及び第2コイルグループG2とに分けられ、かつステータコア31を3相交流で励磁する複数のコイルグループと、を含む。モータ駆動回路50は、第1モータ駆動回路50Aが指令値に基づいて3相交流の第1モータ駆動電流を第1コイルグループG1に供給し、第2モータ駆動回路50Aが第1モータ駆動電流の位相に対して位相差を有する3相交流の第2モータ駆動電流を第2コイルグループG2に供給する。


Also published as:
CN105981292EP3121954US20170050668WO/2015/141795