国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015141772) 二次電池

官庁 : 日本
出願番号: 2016508787 出願日: 19.03.2015
公開番号: WO2015141772 公開日: 24.09.2015
公報種別: A1
IPC:
H01M 2/02
H01M 2/06
H01M 2/34
H01M 2/30
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
2
発電要素以外の部分の構造の細部またはその製造方法
02
電槽,外装(プラスチックまたは可塑状態の物質の加工B29)
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
2
発電要素以外の部分の構造の細部またはその製造方法
02
電槽,外装(プラスチックまたは可塑状態の物質の加工B29)
06
導電体を電槽を介して電槽内部へ導入するための装置
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
2
発電要素以外の部分の構造の細部またはその製造方法
20
素電池に関する導電接続
34
誤用または誤放電を防止する装置をもつもの
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
2
発電要素以外の部分の構造の細部またはその製造方法
20
素電池に関する導電接続
30
端子
出願人: 凸版印刷株式会社
発明者: 室井 勇輝
代理人: 鈴木 史朗
志賀 正武
高橋 詔男
伏見 俊介
優先権情報: 2014056758 19.03.2014 JP
発明の名称: (JA) 二次電池
要約: front page image
(JA)

本発明の二次電池は、正極及び負極を含む電池要素と、前記正極及び前記負極に接続され、外周面に樹脂フィルムが設けられた複数の金属端子と、少なくとも積層された金属箔層とポリオレフィン系樹脂から形成される熱融着樹脂層とを有し、第一の外装融着部、第二の外装融着部、フィルム融着部は、加圧しつつ熱融着することで、周辺領域より暑さが薄くなるように形成されており、JIS K 7122により測定した前記フィルム融着部の融解熱量は、前記樹脂フィルムにおける前記フィルム融着部以外の部分の融解熱量よりも大きい。


Also published as:
CN106104845KR1020160122845US20170005302WO/2015/141772