国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015141449) 作業機械

官庁 : 日本
出願番号: 2016508647 出願日: 27.02.2015
公開番号: WO2015141449 公開日: 24.09.2015
公報種別: A1
IPC:
H02P 29/00
H02P 27/06
H02P 9/04
E02F 9/20
B60K 6/46
B60W 10/08
B60W 20/00
B60W 10/26
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
P
電動機,発電機,回転変換機の制御または調整;変圧器またはリアクトルまたはチョークコイルの制御
29
交流電動機および直流電動機双方に適した調整装置または制御装置
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
P
電動機,発電機,回転変換機の制御または調整;変圧器またはリアクトルまたはチョークコイルの制御
27
供給電圧の種類に特徴を有する交流電動機の制御装置または制御方法
04
可変周波数の供給電圧,例.インバータまたはコンバータ供給電圧,を使用するもの
06
直流-交流コンバータまたはインバータを用いるもの
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
P
電動機,発電機,回転変換機の制御または調整;変圧器またはリアクトルまたはチョークコイルの制御
9
所望出力を得るための発電機制御装置
04
電気的でない原動機による発電機の電気的出力値に関する制御(原動機の制御一般によるものは,そのような原動機のための関連するクラスを参照)
E 固定構造物
02
水工;基礎;土砂の移送
F
掘削;土砂の移送
9
グループ3/00から7/00に属するものに限定されない掘削機または土砂移送機械の部品
20
駆動体;制御装置
B 処理操作;運輸
60
車両一般
K
車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の配置または取付け;補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
6
相互または共通の推進のための複数の異なった原動機の配置または取付け,例.電気モータおよび内燃機関からなる混成型推進方式
20
電気モータおよび内燃機関からなる原動機,例.ハイブリッド電気自動車(HEV)
42
ハイブリッド電気自動車(HEV)の型式に特徴のあるもの
46
シリーズ
B 処理操作;運輸
60
車両一般
W
異なる種類または異なる機能の車両用サブユニットの関連制御;ハイブリッド車両に特に適した制御システム;特定の単一のサブユニットの制御に関するものではない、特定の目的のための道路走行用車両の運動制御システム
10
異なる種類または異なる機能の車両用サブユニットの関連制御
04
推進装置の制御を含むもの
08
電気推進装置の制御を含むもの,例.電動機,発電機
B 処理操作;運輸
60
車両一般
W
異なる種類または異なる機能の車両用サブユニットの関連制御;ハイブリッド車両に特に適した制御システム;特定の単一のサブユニットの制御に関するものではない、特定の目的のための道路走行用車両の運動制御システム
20
ハイブリッド車両、すなわち、すべて車両の推進に使用される2つ以上の種類の2つまたはそれ以上の原動機(例.電動機と内燃機関)を有する車両、に特に適した制御システム
B 処理操作;運輸
60
車両一般
W
異なる種類または異なる機能の車両用サブユニットの関連制御;ハイブリッド車両に特に適した制御システム;特定の単一のサブユニットの制御に関するものではない、特定の目的のための道路走行用車両の運動制御システム
10
異なる種類または異なる機能の車両用サブユニットの関連制御
24
エネルギ貯蔵手段の制御を含むもの
26
電気エネルギーを貯蔵するもの,例.バッテリー,キャパシタ
出願人: 日立建機株式会社
発明者: 高田 知範
吉原 重之
石田 俊彦
高橋 信好
川上 直哉
代理人: 特許業務法人 武和国際特許事務所
優先権情報: 2014055576 18.03.2014 JP
発明の名称: (JA) 作業機械
要約: front page image
(JA)

駆動源によって動作する同期発電機の短絡状態を確実に検出することができるハイブリッド式ホイールローダの提供。本発明は、エンジンによって発電機として動作するとともに蓄電装置9から供給される電力によりモータとして動作する同期発電機であるMG4と、MG4に流れるモータ電流を検出するモータ電流センサ5dおよび半導体スイッチ5a,5bを有するMG用インバータ5と、MG4の短絡状態を検出するHCU10と、を備え、HCU10は、MG用インバータ5の半導体スイッチ5a,5bがゲートオフされた状態で、かつモータ電流センサ5dにて検出されたモータ電流が所定の閾値以上である場合に、MG4が短絡状態と判定する。


Also published as:
US20160194855EP3121958CN105517837JP6173564WO/2015/141449