国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015141231) 非水電解質二次電池用電極

官庁 : 日本
出願番号: 2016508545 出願日: 19.03.2015
公開番号: WO2015141231 公開日: 24.09.2015
特許番号: 6583263 特許付与日: 13.09.2019
公報種別: B2
IPC:
H01M 4/134
H01M 4/62
H01M 4/13
H01M 4/48
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4
電極(電気分解用電極C25)
02
活物質からなるまたは活物質を含有した電極
13
非水電解質二次電池用の電極,例.リチウム電池用のもの;その製造方法
134
金属,Siまたは合金を主成分とする電極
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4
電極(電気分解用電極C25)
02
活物質からなるまたは活物質を含有した電極
62
固形活物質中の不活性材料成分の選択,例.結着剤,充填剤
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4
電極(電気分解用電極C25)
02
活物質からなるまたは活物質を含有した電極
13
非水電解質二次電池用の電極,例.リチウム電池用のもの;その製造方法
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4
電極(電気分解用電極C25)
02
活物質からなるまたは活物質を含有した電極
36
活物質,固形活物質,流体活物質の材料の選択
48
無機酸化物または無機水酸化物
出願人: 凸版印刷株式会社
発明者: 栗原 均
代理人: 廣瀬 一
宮坂 徹
優先権情報: 2014056639 19.03.2014 JP
発明の名称: (JA) 非水電解質二次電池用電極
要約:
(JA)

充放電容量の確保とサイクル特性の向上が可能な非水電解質二次電池用電極を提供する。本実施形態に係る非水電解質二次電池用電極は、導電助剤と、SiOxを含む活物質(1)と、アルギン酸塩であるバインダ(2)を含む活物質層を備える非水電解質二次電池用電極であり、導電助剤は、アセチレンブラック及び気相法炭素繊維(3)を含み、アセチレンブラックの質量比が、活物質(1)の質量に対して12質量%以上20質量%以下の範囲内であり、気相法炭素繊維(3)の質量比が、活物質(1)の質量に対して2質量%以上6質量%以下の範囲内であり、バインダ(2)の質量比は、活物質(1)の質量に対して18質量%以上21質量%以下の範囲内である。


Also published as:
CN106104873KR1020160111041US20170005331EP3121883WO/2015/141231