国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015141109) 睡眠環境制御システムおよびそれに用いられる睡眠環境制御プログラム

官庁 : 日本
出願番号: 2016508472 出願日: 15.01.2015
公開番号: WO2015141109 公開日: 24.09.2015
特許番号: 6213936 特許付与日: 29.09.2017
公報種別: B2
IPC:
F04D 27/00
F24F 11/02
F24F 7/007
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
D
非容積形ポンプ
27
特に圧縮性流体のためのポンプ,ポンプ装置または系の制御、例. 調整
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
24
加熱;レンジ;換気
F
空気調節;空気加湿;換気;しゃへいのためのエアカーテンの利用
11
制御または安全方式またはそれらの装置
02
制御装置または安全装置の構成またはすえつけ
[IPC code unknown for F24F 7/07]
出願人: パナソニックIPマネジメント株式会社
発明者: 奥谷 晃久
岩川 幹生
藤原 ゆり
中川 朋美
山田 和喜男
代理人: 伊藤 正和
松本 隆芳
細川 覚
森 太士
優先権情報: 2014058416 20.03.2014 JP
2014196835 26.09.2014 JP
発明の名称: (JA) 睡眠環境制御システムおよびそれに用いられる睡眠環境制御プログラム
要約:
(JA)

睡眠環境制御システム(10)においては、制御部(9)は、だるさと相関がある生体情報の値とユーザが感じるだるさのレベルとが対応するという前提条件の下で、だるさと相関がある生体情報の値に基づいて、だるさのレベルを判定するだるさ判定部(4)と、だるさ判定部(4)によって判定されただるさのレベルが高くなった場合に、合計風量を減少させるように、送風機(1)を駆動する駆動部(6)と、を含む。


Also published as:
WO/2015/141109