国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015141058) タッチパネル、入力装置、リモコン装置及びタッチパネルの製造方法

官庁 : 日本
出願番号: 2016508450 出願日: 17.11.2014
公開番号: WO2015141058 公開日: 24.09.2015
公報種別: A1
IPC:
G06F 3/045
G06F 3/041
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
03
器具の位置または変位をコード信号に変換するための装置
041
変換手段よって特徴付けられたデジタイザー,例.タッチスクリーンまたはタッチパッド用のもの
045
抵抗性要素を用いるもの,例.1つの連続した面または接触しうるように置かれた2つの平行な面を用いるもの
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
03
器具の位置または変位をコード信号に変換するための装置
041
変換手段よって特徴付けられたデジタイザー,例.タッチスクリーンまたはタッチパッド用のもの
出願人: 三菱電機株式会社
発明者: 小泉 吉秋
代理人: 木村 満
八島 耕司
美恵 英樹
優先権情報: PCT/JP2014/057370 18.03.2014 JP
発明の名称: (JA) タッチパネル、入力装置、リモコン装置及びタッチパネルの製造方法
要約: front page image
(JA)

タッチパネル(106)は、間隙を空けて互いに対向して配置される第1のシート(111)と第2のシート(112)とを備える。第1のシート(111)と第2のシート(112)とのそれぞれの互いに対向する主面には、第1の導電路(113)と第2の導電路(114)とが形成される。第2の導電路(114)は、第1のシート(111)の法線方向から見て第1の導電路(113)から離間している。第2のシート(112)の主面には、第2の導電路(114)に電気的に接続した押圧検知用導電路(115a〜115i)が設けられる。押圧検知用導電路(115a〜115i)の各々は、法線方向から見て、第1の導電路(113)と交差する。


Also published as:
US20160357316EP3121696CN106133669JP6053986WO/2015/141058