国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015136828) 人物検出装置および人物検出方法

官庁 : 日本
出願番号: 2016507283 出願日: 28.01.2015
公開番号: WO2015136828 公開日: 17.09.2015
特許番号: 6266088 特許付与日: 05.01.2018
公報種別: B2
IPC:
G08B 13/196
G06T 7/20
G 物理学
08
信号
B
信号または呼出し装置;指令発信装置;警報装置
13
夜盗,泥棒または潜入者に対する警報
18
熱,光または短波長の輻射線との干渉によって作動するもの;熱源,光源または短波長の輻射線源への侵入によって動作するもの
189
受動型輻射線検出装置を用いるもの
194
画像比較装置を用いるもの
196
テレビジョンカメラを用いるもの
G 物理学
06
計算;計数
T
イメージデータ処理または発生一般
7
イメージ分析,例.ビットマップから非ビットマップへ
20
動きの分析
出願人: 三菱電機株式会社
発明者: 奥村 誠司
大谷 晋一郎
五十嵐 史生
代理人: 溝井 章司
渡辺 敏雄
優先権情報: 2014047281 11.03.2014 JP
発明の名称: (JA) 人物検出装置および人物検出方法
要約:
(JA)

画像を用いたトラッキング法により静止している人を検出する方法では、人以外の物体の画像特徴量を事前に登録しておき、静止した画像領域の画像特徴量が類似していない場合に人と認識する。そのため、事前に膨大な画像特徴量の収集及び登録が必要であるという問題があった。本発明にかかる人物検出装置および人物検出方法は、画像から抽出した第1の動体領域の位置と、第1の動体領域の画像より前の画像から抽出した第2の動体領域の位置との距離に基づいて、静止領域を判定する。そして、この静止領域の画像の特徴量の変化量を用いて人物の有無を判定するので、膨大な画像特徴量を事前に収集及び登録することなく、静止した人を含めた人物情報で機器を制御することができる。


Also published as:
CN106104631US20170169312WO/2015/136828