国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015136632) 回転電機

官庁 : 日本
出願番号: 2016507174 出願日: 12.03.2014
公開番号: WO2015136632 公開日: 17.09.2015
公報種別: A1
IPC:
H02K 7/18
H02K 3/04
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
K
発電機,電動機
7
機械と結合して機械的エネルギを取り扱う装置,例.機械的駆動原動機または補助発電機,電動機との結合
18
機械的駆動原動機,例.タービン,と発電機の構造的結合
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
K
発電機,電動機
3
巻線の細部
04
導体の形,構成または構造を特徴とする巻線,例.棒導体をもつもの
出願人: 株式会社日立製作所
発明者: 堀 雅寛
木村 守
代理人: 戸田 裕二
優先権情報:
発明の名称: (JA) 回転電機
要約: front page image
(JA)

干渉を防止しつつ、分布巻コイルのコイルエンドの軸方向長さを低減した回転電機を提供することを目的とする。
固定子と、該固定子に対して空隙を介して配置される回転子を備え、前記固定子は固定子鉄心にコイルスロットを形成し、該コイルスロットに二層巻かつ分布巻コイルを配置し、前記コイルは、前記コイルスロット内で外周側に配置される底コイルと、前記コイルスロット内で該コイルスロットの内周側に配置される上コイルを有し、前記底コイル及び前記上コイルはコイルエンドで径方向に折れ曲がっており、前記上コイルのコイルエンドにおいて径方向に折れ曲がっている部位よりも前記コイルスロット側の距離は、前記底コイルのコイルエンドにおいて径方向に折れ曲がっている部位よりも前記コイルスロット側の距離よりも長いことを特徴とする。


Also published as:
EP3118973WO/2015/136632