国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2015129317) 高配向性グラファイト

官庁 : 日本
出願番号: 2016505091 出願日: 15.01.2015
公開番号: WO2015129317 公開日: 03.09.2015
特許番号: 6379176 特許付与日: 03.08.2018
公報種別: B2
IPC:
H01L 23/373
C01B 32/205
B32B 9/00
H05K 7/20
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
23
半導体または他の固体装置の細部
34
冷却,加熱,換気または温度補償用装置
36
冷却または加熱を容易にするための材料の選択または成形,例.ヒート・シンク
373
装置用材料の選択により容易になる冷却
[IPC code unknown for C01B 32/205]
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
9
本質的にグループ11/00~29/00に包含されない特殊な物質からなる積層体
H 電気
05
他に分類されない電気技術
K
印刷回路;電気装置の箱体または構造的細部,電気部品の組立体の製造
7
異なる型の電気装置に共通の構造的細部
20
冷却,換気または加熱を容易にするための変形
出願人: 株式会社カネカ
発明者: 沓水 真琴
加藤 裕介
西川 泰司
太田 雄介
代理人: 特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
優先権情報: 2014034442 25.02.2014 JP
発明の名称: (JA) 高配向性グラファイト
要約:
(JA)

グラファイト層が積層された高配向性グラファイト(10)であって、含有する水の量が少ない高配向性グラファイト(10)を用いることによって、構成成分である高配向性グラファイト(10)が層間剥離を生じることがなく、使用時の信頼性が高く、かつ、良好な放熱性能を有する電子機器を実現することができる。


Also published as:
CN106029566US20170053851WO/2015/129317