国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (JP2015194149) 陽極酸化皮膜及びその処理方法並びに内燃機関用ピストン

官庁 : 日本
出願番号: 2014253026 出願日: 15.12.2014
公開番号: 2015194149 公開日: 05.11.2015
特許番号: 5904425 特許付与日: 13.04.2016
公報種別: B2
IPC:
C25D 11/04
C25D 11/12
F02F 3/10
F02F 3/00
C25D 11/18
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
11
表面反応による電解被覆,すなわち転換層の形成
02
陽極処理
04
アルミニウムまたはアルミニウムを基とする合金
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
11
表面反応による電解被覆,すなわち転換層の形成
02
陽極処理
04
アルミニウムまたはアルミニウムを基とする合金
12
2回以上の陽極処理,例.異った浴で処理するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F
燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
3
ピストン
10
表面被覆のあるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F
燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
3
ピストン
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
11
表面反応による電解被覆,すなわち転換層の形成
02
陽極処理
04
アルミニウムまたはアルミニウムを基とする合金
18
後処理,例.封孔処理
出願人: SUZUKI MOTOR CORP
スズキ株式会社
発明者: MURAKAMI HARUHIKO
村上 春彦
FUJITA MASAHIRO
藤田 昌弘
代理人: 奥山 尚一
有原 幸一
松島 鉄男
河村 英文
中村 綾子
森本 聡二
角田 恭子
田中 祐
徳本 浩一
渡辺 篤司
優先権情報: 2014065955 27.03.2014 JP
発明の名称: (EN) ANODIC OXIDATION COATING, METHOD OF PROCESSING THE SAME, AND PISTON FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINE
(JA) 陽極酸化皮膜及びその処理方法並びに内燃機関用ピストン
要約:
(EN) PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an anodic oxidation coating of an aluminum system material having higher adiabaticity, higher anticorrosion, higher durability, higher impact resistance, and higher water repellent and oil repellent functions, and to provide a method of processing the anodic oxidation coating, and a piston for an internal combustion engine.

SOLUTION: A method includes the steps of applying AC/DC superposition electrolysis to an aluminum system material 1 to form a second anodic oxidation coating 2b, and then applying direct current electrolysis to the aluminum system material 1 to form a first anodic oxidation coating 2a. The second anodic oxidation coating 2b is thus formed on the first anodic oxidation coating 2a.

COPYRIGHT: (C)2016,JPO&INPIT
(JA)

【課題】 高い断熱性と高い耐食性とを両立し、また高い耐久性および耐衝撃性を有し、且つ撥水および撥油機能が高いアルミニウム系材料の陽極酸化皮膜及びその処理方法並びに内燃機関用ピストンを提供する。
【解決手段】 アルミニウム系材料1に交直重畳電解を印加して第二の陽極酸化皮膜2bを形成する工程と、前記工程の後に、アルミニウム系材料1に直流電解を印加して第一の陽極酸化皮膜2aを形成する工程とを備え、第一の陽極酸化皮膜2a上に第二の前記陽極酸化皮膜2bを形成する。
【選択図】 図1


Also published as:
JP2015193915DE112015000039CN105339531IN5451/CHENP/2015WO/2015/147162