国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2012008054) 動画像復号装置、動画像復号方法及び動画像符号化装置ならびに動画像符号化方法

官庁 : 日本
出願番号: 2012524394 出願日: 21.07.2010
公開番号: WO2012008054 公開日: 19.01.2012
公報種別: A1
IPC:
H04N 7/32
H 電気
04
電気通信技術
N
画像通信,例.テレビジョン
7
テレビジョン方式
24
パルス符号変調を用いるテレビジョン信号の伝送方式
26
ビットレートの低減をするもの
32
予測符号化を含むもの
出願人: 富士通株式会社
発明者: 数井 君彦
小山 純平
三好 秀誠
島田 智史
中川 章
代理人: 青木 篤
伊坪 公一
樋口 外治
小林 龍
優先権情報: PCT/JP2010/061996 15.07.2010 JP
発明の名称: (JA) 動画像復号装置、動画像復号方法及び動画像符号化装置ならびに動画像符号化方法
要約: front page image
(JA)

動画像復号装置は、符号化された動画像データから、正常に画素値が復号されることが保証されるように符号化される少なくとも一つのブロックを含むクリーン領域と非クリーン領域との領域境界位置情報を抽出する領域境界位置情報抽出部と、領域境界位置情報に基づいて各ピクチャ内でクリーン領域と非クリーン領域とを特定する領域分類部と、符号化された動画像データに含まれる復号対象ブロックがクリーン領域に属する場合には復号対象ピクチャ及び参照ピクチャ内の非クリーン領域内のブロックを参照不能、復号対象ピクチャ及び参照ピクチャ内のクリーン領域内のブロックを参照可能と判断し、復号対象ブロックが非クリーン領域に属する場合には復号対象ピクチャ及び参照ピクチャの全ブロックを参照可能と判定する参照可否判定部と、参照可能ブロックのみを参照して復号対象ブロックを復号する復号部とを有する。


また、:
WO/2012/008054