PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 月曜日 03.02.2020 (10:00 午前 CET)
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (JPWO2012002208) 析出強化型ステンレス鋼及びその製造方法

官庁 : 日本
出願番号: 2011546519 出願日: 22.06.2011
公開番号: WO2012002208 公開日: 05.01.2012
特許番号: 4918632 特許付与日: 03.02.2012
公報種別: B2
IPC:
C22C 38/52
C22C 38/00
C21D 6/00
C21D 6/04
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
40
ニッケルを共に含有するもの
52
コバルトを共に含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
6
鉄合金の熱処理
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
6
鉄合金の熱処理
04
0°C以下の冷却による硬化
出願人: 社団法人日本航空宇宙工業会
日立金属株式会社
住友精密工業株式会社
発明者: 上野 友典
上原 利弘
中務 真一
代理人: 奥山 尚一
有原 幸一
松島 鉄男
優先権情報: 2010146100 28.06.2010 JP
2011055430 14.03.2011 JP
発明の名称: (JA) 析出強化型ステンレス鋼及びその製造方法
要約:
(JA)

従来の高強度ステンレス鋼の引張強さと延性とを維持しつつ0.2%耐力を高めた高強度ステンレス鋼を提供する。
質量%で、C:≦0.2%、7%≦Ni≦14%、0%≦Co≦3.5%、9.5%≦Cr≦14%、0.5%≦Mo≦3%、0.25%<Al<1%、0.75%<Ti≦2.5%、残部はFe及び不純物からなり、かつ、式(1)乃至(4)の全てを満足する析出強化型ステンレス鋼。
式(1) 1260−65Ni−20Co−40Cr≧0
式(2) 670+75Ni+40Co−100Cr≧0
式(3) 0.125≦(Al/Ti)≦1.25
式(4) 1.45≦(Al+Ti)≦2.95
ただし、式中のNi、Co、Cr、Al及びTiは質量%での値で計算。


Also published as:
WO/2012/002208