国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (ID2017/07992) OLEFIN RESIN AND METHOD FOR PRODUCING SAME

官庁 : インドネシア
出願番号: P00201607181 出願日: 26.03.2015
公開番号: 2017/07992 公開日: 28.07.2017
公報種別: A
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号:PCTJP2015059425 ; 公開番号:WO2015147186 クリックしてデータを表示
IPC:
C08F 10/00
C08F 210/16
C08F 4/62
C08F 4/646
C08F 4/6592
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
10
1個の炭素-炭素二重結合を含有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
210
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する不飽和脂肪族炭化水素の共重合体
16
エテンとα―オレフィンとの共重合体,例.EPゴム
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
4
重合触媒
42
金属;金属水素化物;有機金属化合物;それらの触媒前駆体としての使用
44
軽金属,亜鉛,カドミウム,水銀,銅,銀,金,ほう素,ガリウム,インジウム,タリウム,希土類またはアクチニドから選択されたもの
60
耐火金属,鉄族金属,白金属金属,マンガン,テクネチウム,レニウムまたはそれらの化合物と共に用いるもの
62
耐火金属またはその化合物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
4
重合触媒
42
金属;金属水素化物;有機金属化合物;それらの触媒前駆体としての使用
44
軽金属,亜鉛,カドミウム,水銀,銅,銀,金,ほう素,ガリウム,インジウム,タリウム,希土類またはアクチニドから選択されたもの
60
耐火金属,鉄族金属,白金属金属,マンガン,テクネチウム,レニウムまたはそれらの化合物と共に用いるもの
62
耐火金属またはその化合物
64
チタン,ジルコニウム,ハフニウムまたはそれらの化合物
646
グループ4/64に包含される成分に加えて,金属形状でまたはそれらの化合物として,少なくとも2つの異なる金属からなる触媒
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
4
重合触媒
42
金属;金属水素化物;有機金属化合物;それらの触媒前駆体としての使用
44
軽金属,亜鉛,カドミウム,水銀,銅,銀,金,ほう素,ガリウム,インジウム,タリウム,希土類またはアクチニドから選択されたもの
60
耐火金属,鉄族金属,白金属金属,マンガン,テクネチウム,レニウムまたはそれらの化合物と共に用いるもの
62
耐火金属またはその化合物
64
チタン,ジルコニウム,ハフニウムまたはそれらの化合物
659
遷移金属-炭素結合を含むグループ4/64に包含される成分
6592
結合に関係なく,少なくとも1つのシクロペンタジエニル環を含むもの,例.インデニル環またはフルオレニル環
出願人: MITSUI CHEMICALS, INC.
発明者: NAKAMURA, Tatsuya
YANAGIMOTO, Yasushi
MATSUGI, Tomoaki
IWASHITA, Akihiko
SAITO, Junji
代理人: Dora Am Badar, S.Psi.
優先権情報: 2014-068305 28.03.2014 JP
発明の名称: (EN) OLEFIN RESIN AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(ID) RESIN OLEFIN DAN METODE UNTUK MEMPRODUKSINYA
要約:
(EN)  Provided is an olefin resin having improved heat resistance and tackiness, as well as excellent optical characteristics and low-temperature characteristics, and an enhanced balance of these properties. This olefin resin satisfies conditions (I) through (V). (I) The olefin resin exhibits a melting peak (Tm) in the range of 60°C to 130°C, and the heat of fusion (∆H) at the melting peak is 5 to 150 J/g. (II) The ratio (E) (wt%) of orthodichlorobenzene-soluble components at 20°C or below and the heat of fusion (∆H) satisfy
(ID) Invensi sekarang ini menyediakan suatu resin olefin dengan peningkatan resistansi panas, penurunan pelengketan, sifat-sifat optikal dan temperatur rendah sangat baik, begitu juga keseimbangan antara sifat-sifat fisik ini. Resin olefin sebagaimana diuraikan dalam invensi sekarang ini memenuhi persyaratan-persyaratan sebagai berikut: (I) suatu puncak pelelehan (Tm) adalah yang terobservasi dalam kisaran sebesar dari 60°C sampai 130°C, dan panas dari fusi AH pada puncak pelelehan adalah dalam kisaran sebesar dari 5 sampai 150 J/g; (II) persentase E (% berat) dari suatu bagian yang dapat larut di dalam o-diklorobenzena pada temperatur 20°C atau lebih rendah, dan panas dari fusi AH memenuhi hubungan-hubungan tertentu; (III) temperatur transisi kaca (Tg) adalah dari -80 sampai -30°C; (IV) waktu relaksasi putar-putar (T2) dari suatu komponen yang mempunyai mobilitas tertinggi, sebagaimana yang diperoleh dalam suatu perkiraan empat-komponen dengan suatu fungsi Lorentzian yang dilakukan untuk suatu kurva peluruhan induksi bebas, adalah dalam kisaran sebesar dari 150 sampai 500 ms, dan rasio kelimpahan dari komponen adalah dalam kisaran sebesar dari 15 sampai 50%; dan (V) kekentalan intrinsik [r|] sebagaimana terukur dalam dekalin pada temperatur 135°C adalah dalam kisaran sebesar dari 0,1 sampai 12 dl/g.
Also published as:
EP3124506MX2016012449JPWO2015147186CN106133005US09714306TH160842
KR1020160130817IN201617035899RU2016142100WO/2015/147186