処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. ID051.4237 - INSEKTISIDA AGRIKULTURAL/HORTIKULTUR DAN METODE PENGGUNAANNYA (PEC. W00200600555)

官庁 インドネシア
出願番号 W00201102852
出願日 23.08.2004
公開番号 051.4237
公開日 15.09.2011
公報種別 A
IPC
C07C 327/48
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
327チオカルボン酸
38チオカルボン酸のアミド
48チオカルボキサミド基の炭素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
C07C 333/08
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
333チオカルバミン酸の誘導体,すなわち以下のいずれかの基を含有する化合物「図」,「図」,「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロ基またはニトロソ基の一部ではない)
02モノチオカルバミン酸;その誘導体
08チオカルバミン酸基の窒素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
C07D 213/81
C化学;冶金
07有機化学
D複素環式化合物(高分子化合物C08)
213異項原子として1個の窒素原子のみをもち,環原子相互間または環原子と非環原子間に3個またはそれ以上の二重結合を有し,他の環と縮合していない6員環からなる複素環式化合物
02環原子相互間または環原子と非環原子間に3個の二重結合を有するもの
04環の窒素原子と非環原子間に結合をもたないもの,または環の窒素原子に直接結合する水素原子または炭素原子のみをもつもの
60異種原子,または異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基,が環の炭素原子に直接結合したもの
78異種原子に対する3個の結合をもち,そのうち多くても1個がハロゲンに対する結合である炭素原子,例.エステルまたはニトリル基
81アミド;イミド
出願人 MITSUI CHEMICALS, INC.
発明者 KAWAHARA, Nobuyuki
TAKAHASHI, Kiyoshi
MAKI, Junji
BANBA, Shinichi
WAKITA, Takeo
KATSUTA, Hiroyuki
KAI, Akiyoshi
KAWAHARA, Atsuko
DAIDO, Hidenori
NOMURA, Michikazu
CHIBA, Yutaka
YOSHIDA, Kei
KATO, Hiroko
代理人 AMALIA ROOSSENO, Dra., S.H.
優先権情報 2003-305816 29.08.2003 JP
発明の名称
(ID) INSEKTISIDA AGRIKULTURAL/HORTIKULTUR DAN METODE PENGGUNAANNYA (PEC. W00200600555)
要約
(ID)

Invensi ini menyajikan insektisida-insektisida yang memiliki keefektifan yang tinggi. Invensi ini juga menyajikan senyawa-senyawa yang diwakili oleh formula (1):

di mana A1, A2, A3, A4; R1 R2, R3; G1, G2, G3; Xs; n dan Q adalah seperti yang dijelaskan di dalam deskripsi.

Senyawa-senyawa yang diwakili oleh formula (1) menunjukkan efek pencegahan yang sangat baik sebagai insektisida-insektisida dan juga menunjukkan efek pencegahan yang sangat baik ketika digabungkan dengan insektisida lainnya, suatu akarisida, suatu nematosida, suatu fungisida, suatu herbisida, suatu regulator pertumbuhan tanaman, atau suatu pestisida biologi.