16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (EP2557193) HIGH-STRENGTH STEEL SHEET HAVING EXCELLENT HOT ROLLING WORKABILITY, AND PROCESS FOR PRODUCTION THEREOF

官庁 : 欧州特許庁(EPO)
出願番号: 11766051 出願日: 11.04.2011
公開番号: 2557193 公開日: 13.02.2013
公報種別: A4
指定国: AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LI, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR
PCT 関連事項: 出願番号:JP2011059459 ; 公開番号: クリックしてデータを表示
IPC:
C22C 38/00
B32B 15/01
C21D 1/673
C21D 6/00
C21D 8/02
C21D 8/04
C21D 9/46
C22C 38/02
C22C 38/04
C22C 38/06
C22C 38/12
C22C 38/14
C23C 2/00
C23C 2/02
C23C 2/26
C23C 2/28
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
01
すべての層がもっぱら金属質であるもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
62
焼入れ装置
673
型焼入れ用のもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
6
鉄合金の熱処理
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
8
熱処理と結合した変形あるいは後に熱処理を伴う変形による物理的性質の改良
02
板あるいはストリップの製造中におけるもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
8
熱処理と結合した変形あるいは後に熱処理を伴う変形による物理的性質の改良
02
板あるいはストリップの製造中におけるもの
04
深絞り用の板あるいはストリップの製造
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
46
金属薄板用
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
02
けい素を含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
04
マンガンを含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
06
アルミニウムを含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
12
タングステン,タンタル,モリブデン,バナジウムまたはニオブを含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
14
チタンまたはジルコニウムを含有するもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
02
被覆される材料の前処理,例.選択された表面部分を被覆するためのもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
26
後処理
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
26
後処理
28
熱による後処理,例.油浴処理
CPC:
B32B 15/013
C21D 1/673
C21D 6/00
C21D 8/0263
C21D 8/0426
C21D 2211/005
C21D 2211/008
C22C 38/001
C22C 38/002
C22C 38/02
C22C 38/04
C22C 38/06
C22C 38/12
C22C 38/14
C23C 2/00
C23C 2/02
C23C 2/26
C23C 2/28
出願人: JFE STEEL CORP
発明者: FUNAKAWA YOSHIMASA
優先権情報: 2010090796 09.04.2010 JP
2011059459 11.04.2011 JP
発明の名称: (DE) HOCHFESTES STAHLBLECH MIT HERVORRAGENDER HEISSWALZUNGS-VERARBEITBARKEIT UND HERSTELLUNGSVERFAHREN DAFÜR
(EN) HIGH-STRENGTH STEEL SHEET HAVING EXCELLENT HOT ROLLING WORKABILITY, AND PROCESS FOR PRODUCTION THEREOF
(FR) FEUILLE D'ACIER DE RÉSISTANCE ÉLEVÉE AYANT UNE EXCELLENTE MALLÉABILITÉ AU LAMINAGE À CHAUD ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION ASSOCIÉ
要約:
(EN) To provide a high strength steel sheet excellent in warm stamp formability and a method for manufacturing the same. A steel having a composition containing, in terms of % by mass, C : 0.01 to 0.2%, Si : 0.5% or lower, Mn : 2% or lower, P : 0.03% or lower, S : 0.01% or lower, Al : 0.07% or lower, and N : 0.01% or lower and further containing one or two or more elements selected from Ti, Nb, V, Mo, W, and B is successively subjected to a hot rolling process including heating to an austenite single phase temperature range, performing hot rolling at a finish rolling end temperature of 860°C or higher, and then coiling at a temperature of 400°C or higher and lower than 600°C and a heat treatment process including performing heat treatment in a temperature range of 650 to 750°C. Thus, a steel sheet excellent in warm stamp formability having tensile properties in which the local elongation is larger than the uniform elongation at a test temperature of 400°C or higher and tensile properties in which the uniform elongation is 40% or more in terms of ratio to the total elongation at a test temperature of lower than 400°C and further having a matrix, which is substantially a ferrite single phase and a structure in which alloy carbides having a size of lower than 10 nm are dispersed and deposited in the matrix in a state having no variant selection.
(FR) La présente invention concerne une feuille d'acier de résistance élevée qui présente une excellente malléabilité au laminage à chaud et un procédé de production de la feuille d'acier. Un matériau en acier ayant une composition chimique qui comprend, en % par masse, de 0,01 à 0,2 % de C, 0,5 % maximum de Si, 2 % maximum de Mn, 0,03 % maximum de P, 0,01 % maximum de S, 0,07 % maximum d'Al et 0,01 % maximum de N et qui contient en outre au moins un composant choisi parmi Ti, Nb, V, Mo, W et B est soumis à une étape de laminage à chaud et à une étape de traitement thermique de manière séquentielle ; le laminage à chaud consiste en une étape au cours de laquelle le matériau en acier est chauffé à une température s'inscrivant dans une plage de températures en phase austénitique simple et où la température finale du laminage de finition est augmentée jusqu'à 860 °C ou plus et la feuille d'acier est enroulée à une température d'enroulement minimale de 400 °C et inférieure à 600 °C ; l'étape de traitement thermique consiste à effectuer un traitement thermique à une température comprise entre 650 et 750 °C. Il devient ainsi possible de produire une feuille d'acier qui présente une excellente malléabilité au laminage à chaud, qui possède à la fois une propriété d'élongation telle que l'allongement local est plus important que l'allongement uniforme à une température d'essai de 400 °C ou plus et une propriété d'élongation telle que le rapport entre allongement uniforme et allongement total est de 40 % ou plus à une température d'essai inférieure à 400 °C et qui présente une structure qui se compose d'une matrice ne comprenant sensiblement qu'une phase unique de ferrite et un alliage de carbure ayant une taille inférieure à 10 nm et dispersé et précipité dans la matrice sans avoir à choisir de variante.
また、:
CN102834539US20130192725CA2795714KR1020120135521KR1020150127298TH137163
IN2979/KOLNP/2012WO/2011/126154