国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (EP3121305) FAVORABLY WORKABLE STEEL WIRE AND METHOD FOR PRODUCING SAME

官庁 : 欧州特許庁(EPO)
出願番号: 15765596 出願日: 20.03.2015
公開番号: 3121305 公開日: 25.01.2017
公報種別: A4
指定国: AL, AT, BA, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LI, LT, LU, LV, MC, ME, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号:JP2015058566 ; 公開番号: クリックしてデータを表示
IPC:
C22C 38/00
C21D 1/46
C21D 8/06
C21D 9/52
C22C 38/02
C22C 38/04
C22C 38/06
C22C 38/18
C22C 38/40
C22C 38/44
C22C 38/46
C22C 38/50
C22C 38/54
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
34
加熱方法
44
熱処理浴によるもの
46
塩浴
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
8
熱処理と結合した変形あるいは後に熱処理を伴う変形による物理的性質の改良
06
棒あるいは線の製造中におけるもの
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
52
線材用;ストリップ用
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
02
けい素を含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
04
マンガンを含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
06
アルミニウムを含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
40
ニッケルを共に含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
40
ニッケルを共に含有するもの
44
モリブデンまたはタングステンを共に含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
40
ニッケルを共に含有するもの
46
バナジウムを共に含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
40
ニッケルを共に含有するもの
50
チタンまたはジルコニウムを含有するもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
40
ニッケルを共に含有するもの
54
ほう素を共に含有するもの
CPC:
C21D 1/46
C21D 8/06
C21D 8/065
C21D 9/52
C21D 9/525
C21D 2211/003
C22C 38/00
C22C 38/002
C22C 38/02
C22C 38/04
C22C 38/06
C22C 38/18
C22C 38/40
C22C 38/44
C22C 38/46
C22C 38/50
C22C 38/54
出願人: NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORP
発明者: OOBA HIROSHI
TAKAHASHI YUKIHIRO
NISHIKAWA YOSHITAKA
優先権情報: 2014058420 20.03.2014 JP
2015058566 20.03.2015 JP
発明の名称: (DE) GUT VERARBEITBARER STAHLDRAHT UND VERFAHREN ZUR HERSTELLUNG DAVON
(EN) FAVORABLY WORKABLE STEEL WIRE AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) FIL D'ACIER FAVORABLEMENT USINABLE ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE CE DERNIER
要約: front page image
(EN) The present invention provides a steel wire rod with stable workability. The steel wire rod has steel components containing, by mass%, C: 0.20 to 0.60%, Si: 0.15 to 0.30%, Mn: 0.25 to 0.60%, P: ‰¤0.020%, S: ‰¤0.010%, and a balance of Fe and unavoidable impurities, and an internal microstructure including cementite, in which by number ratio, 80% or more of the cementite in a cross-section vertical to a longitudinal direction of the wire rod has a short axis of 0.1 µm or less and a ratio of a long axis to the short axis, defined as an aspect ratio, of 2.0 or less.
(FR) La présente invention concerne un fil d'acier doté d'une performance d'usinabilité stable. Ce fil d'acier est un fil ayant un constituant en acier contenant, en % en masse, du C en quantité de 0,20 à 0,60 %, du Si en quantité de 0,15 à 0,30 %, du Mn en quantité de 0,25 à 0,60 %, du P en quantité ≤ 0,020 % et du S en quantité ≤ 0,010 %, le reste étant constitué de Fe et d'impuretés inévitables, le fil d'acier étant caractérisé en ce qu'il a de la cémentite en tant que structure interne et en ce que 80 % ou plus, en termes de rapport des nombres d'unités, de la cémentite dans une section transversale perpendiculaire à la direction de la longueur du fil a un petit axe inférieur ou égal à 0,1 µm et un rapport de forme du grand axe au petit axe inférieur ou égal à 2,0.
Also published as:
CN105899705KR1020160105862MX2016011928JPWO2015141840US20170101696ID2017/07802
TH166837IN201617033484WO/2015/141840