国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (DE112015001443) Abwärmerückgewinnungssystem, mit diesem ausgestattete Gasturbinenanlage, Abwärmerückgewinnungsverfahren und Installationsverfahren für das Abwärmerückgewinnungssystem

官庁 : ドイツ
出願番号: 112015001443 出願日:
公開番号: 112015001443 公開日: 05.01.2017
公報種別: T5
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号:PCTJP2015058271 ; 公開番号:WO2015146786 クリックしてデータを表示
IPC:
F01K 25/10
F01K 23/10
F02C 6/08
F02C 7/143
F02C 9/18
F02G 5/00
F02G 5/04
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
K
蒸気機関設備;蒸気アキュムレータ;他に分類されない機関設備;特殊な作動流体またはサイクルを用いた機関
25
特殊な作動流体を使用するものであって,他に分類されない設備または機関;密閉サイクルで動作する設備で,他に分類されないもの
08
特殊な蒸気を用いるもの
10
蒸気が低温のもの,例.アンモニア,二酸化炭素,エーテル
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
K
蒸気機関設備;蒸気アキュムレータ;他に分類されない機関設備;特殊な作動流体またはサイクルを用いた機関
23
2以上の機関が設備の外部へ出力を供給し,それらの機関が異なった流体で駆動されることを特徴とする設備
02
機関サイクルが熱的に結合されているもの
06
一方のサイクルからの燃焼熱が他方のサイクルの流体を加熱するもの
10
一方のサイクルの排出流体が他方のサイクルの流体を加熱するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
6
複数形ガスタービン設備;ガスタービン設備と他の装置の結合(そのような装置に主な特徴のあるものについてはその装置に関連したクラスを参照);ガスタービン設備の特定の用途への適用
04
加熱された又は加圧された作動流体を他の装置に供給するガスタービン設備,例.機械的出力をもたないもの,
06
圧縮ガスを供給するもの
08
そのガスがガスタービン圧縮機から抽出されるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
7
グループ1/00から6/00に分類されない,またはそれにはない注目すべき特微,構成部品,細部または付属品;ジェット推進設備のための空気の取り入れ
12
設備の冷却
14
設備内の流体の冷却
141
作動流体の冷却
143
圧縮段の前又はその中間におけるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
9
ガスタービン設備の制御;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
16
作動流体の流れの制御
18
抽気によるもの,バイパスによるものまたはタービン間,圧縮機間もしくはそれらの段間の可変速の作動流体相互連結装置によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
G
熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備;燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの
5
燃焼機関の廃熱を役立てるもので,他類に属しないもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
G
熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備;燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの
5
燃焼機関の廃熱を役立てるもので,他類に属しないもの
02
排気ガスの廃熱を役立てるもの
04
燃焼機関からの他の廃熱とを組み合わせたもの
CPC:
F01K 23/10
F01K 5/02
F01K 25/10
F02C 7/185
F02C 9/18
F05D 2220/62
F05D 2220/72
Y02E 20/14
出願人: MITSUBISHI HITACHI POWER SYSTEMS, LTD.
発明者: Uechi Hideyuki
Sugishita Hideaki
Nakamoto Yukimasa
Oka Yuichi
代理人: Patentanwälte Henkel, Breuer & Partner
優先権情報: 2014-060606 24.03.2014 JP
発明の名称: (DE) Abwärmerückgewinnungssystem, mit diesem ausgestattete Gasturbinenanlage, Abwärmerückgewinnungsverfahren und Installationsverfahren für das Abwärmerückgewinnungssystem
要約: front page image
(DE)

Eine Gasturbine (10) aufweisend: den Kompressor (11), der Luft (A) verdichtet; eine Brennkammer (21), die Brennstoff (F) in der verdichteten Luft (A) verbrennt, um ein Verbrennungsgas (G) zu erzeugen; und eine Turbine (31), die unter Verwendung des Verbrennungsgases (G) angetrieben wird. Eine Vielzahl Kühlluft-Kühlern (54) zweigen die Luft (A) von einer Vielzahl von Stellen mit unterschiedlichen Drücken in dem Kompressor (11) ab und kühlen die Luft (A), abgezweigt von den entsprechenden Stellen, wobei das Erzeugen von Kühlluft (CA) zur Verfügung gestellt wird. Eine Abwärmerückgewinnungsvorrichtung (51), die Abwärme von den wenigstens zwei Kühlluft-Kühlern (54) aus der Vielzahl von Kühlluft-Kühlern (54) rückgewinnt, wird zur Verfügung gestellt.


Also published as:
KR1020160122258CN106133279US20170152765CN108119197WO/2015/146786