国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (DE112015001419) Oberflächenschutzmittelzusammensetzung und elektrische Verbindungsstruktur und Verfahren zur Herstellung einer elektrischen Verbindungsstruktur, bei denen diese verwendet wird

官庁 : ドイツ
出願番号: 112015001419 出願日:
公開番号: 112015001419 公開日: 08.12.2016
公報種別: T5
(国内移行後) 元 PCT 国際出願 出願番号:PCTJP2015058931 ; 公開番号:WO2015146985 クリックしてデータを表示
IPC:
C23F 11/167
C10M 117/00
C10M 129/10
C10M 129/54
C10M 133/16
C10M 133/38
C10M 133/40
C10M 133/46
C10M 135/36
C10M 137/02
C10M 137/04
C10M 143/00
C10M 145/14
C10M 159/22
C23F 11/14
H01B 7/00
C10N 30/00
C10N 30/12
C10N 30/14
C10N 40/00
C10N 50/10
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
F
機械方法によらない表面からの金属質材料の除去;金属質材料の防食;鉱皮の抑制一般;少なくとも一工程はクラスC23に分類され,少なくとも一工程はサブクラスC21DもしくはC22FまたはクラスC25に包含される金属質材料の表面処理の多段階工程
11
腐食のおそれがある表面への抑制剤の適用または腐食媒体への抑制剤の添加による金属質材料の防食
08
他の液体への添加
10
有機質抑制剤を用いるもの
167
りん含有化合物
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
117
非高分子カルボン酸またはその塩である増稠剤によって特徴づけられる潤滑組成物
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
129
酸素を含有する非高分子有機化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
30個より少ない原子数の炭素鎖を有するもの
04
ヒドロキシ化合物
10
6員芳香環の炭素原子に結合したヒドロキシル基を有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
129
酸素を含有する非高分子有機化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
30個より少ない原子数の炭素鎖を有するもの
26
カルボン酸;その塩
48
6員芳香環の炭素原子に結合したカルボキシル基を有するもの
54
ヒドロキシル基を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
133
窒素を含有する非高分子有機化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
30個より少ない原子数の炭素鎖を有するもの
16
アミド;イミド
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
133
窒素を含有する非高分子有機化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
30個より少ない原子数の炭素鎖を有するもの
38
複素環式窒素化合物
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
133
窒素を含有する非高分子有機化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
30個より少ない原子数の炭素鎖を有するもの
38
複素環式窒素化合物
40
窒素および炭素のみを含有する6員環
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
133
窒素を含有する非高分子有機化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
30個より少ない原子数の炭素鎖を有するもの
38
複素環式窒素化合物
44
窒素および炭素のみを含有する5員環
46
イミダゾール
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
135
硫黄,セレンまたはテルルを含有する非高分子有機化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
32
複素環式いおう,セレンまたはテルル化合物
36
環がいおうおよび炭素,さらに窒素または酸素を含有するもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
137
りんを含有する非高分子有機化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
りん-炭素結合を有しないもの
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
137
りんを含有する非高分子有機化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
りん-炭素結合を有しないもの
04
りん酸エステル
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
143
高分子炭化水素または酸化により変性された高分子炭化水素である添加剤によつて特徴づけられる潤滑組成物
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
145
酸素を含有する高分子化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
02
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応により得られる高分子化合物
10
カルボキシル基に結合した不飽和基を有する単量体,例.アクリレート,を含有するもの
12
モノカルボン酸
14
アクリレート;メタクリレート
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
159
構造が不明または不明確な化合物である添加剤によって特徴づけられる潤滑組成物
12
反応生成物
20
過剰の中和用塩基を有する反応混合物,例.いわゆる過塩基性または高塩基性生成物
22
フェノール基を含有するもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
F
機械方法によらない表面からの金属質材料の除去;金属質材料の防食;鉱皮の抑制一般;少なくとも一工程はクラスC23に分類され,少なくとも一工程はサブクラスC21DもしくはC22FまたはクラスC25に包含される金属質材料の表面処理の多段階工程
11
腐食のおそれがある表面への抑制剤の適用または腐食媒体への抑制剤の添加による金属質材料の防食
08
他の液体への添加
10
有機質抑制剤を用いるもの
14
窒素含有化合物
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
7
形を特徴とする絶縁導体またはケーブル
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
12
腐食の抑制,例.防錆剤,防食剤
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
14
金属の不活性化
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
50
潤滑される材料に使用されている潤滑剤の形態
10
半固体;グリース状
CPC:
H01R 13/03
C10M 141/10
C10M 163/00
C10M 169/044
C10M 2203/1006
C10M 2205/02
C10M 2207/023
C10M 2207/144
C10M 2207/262
C10M 2215/08
C10M 2215/223
C10M 2219/00
C10M 2223/042
C10M 2223/043
C10N 2230/10
C10N 2230/12
C10N 2240/202
C10N 2250/10
C23F 11/145
C23F 11/1673
H01R 4/183
H01R 4/185
H01R 4/20
H01R 4/62
H01R 43/00
出願人: AUTONETWORKS TECHNOLOGIES, LTD.
JX Nippon Oil & Energy Corporation
KYUSHU UNIVERSITY, NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION
SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD.
SUMITOMO WIRING SYSTEMS, LTD.
発明者: Arai Takashi
Shitara Yuji
Komiya Kenichi
Nomura Hideki
Ono Junichi
Hosokawa Takehiro
Yoshida Koichi
Mizoguchi Makoto
Otsuka Takuji
Hirai Hiroki
Nakashima Kazuo
Hase Tatsuya
Goto Kazuhiro
代理人: Müller-Boré & Partner Patentanwälte PartG mbB
優先権情報: 2014-059701 24.03.2014 JP
2015-021759 06.02.2015 JP
発明の名称: (DE) Oberflächenschutzmittelzusammensetzung und elektrische Verbindungsstruktur und Verfahren zur Herstellung einer elektrischen Verbindungsstruktur, bei denen diese verwendet wird
要約: front page image
(DE)

Es soll eine Oberflächenschutzmittelzusammensetzung bereitgestellt werden, welche die Korrosion von Elementen aus verschiedenen Arten von Metallen, die nahe beieinander vorliegen, aufgrund des Korrosionsstroms zwischen den Metallen der Elemente unterdrückt, und es sollen eine elektrische Verbindungsstruktur und ein Verfahren zur Herstellung einer elektrischen Verbindungsstruktur bereitgestellt werden, bei denen diese verwendet wird. Die Oberflächenschutzmittelzusammensetzung enthält (a) ein Basisschmieröl, (b) eine vorgegebene Menge mindestens einer Verbindung, die aus der Gruppe, bestehend aus bestimmten Phosphorverbindungen und einem Metallsalz oder einem Aminsalz davon, ausgewählt ist, und (c) eine vorgegebene Menge einer Amidverbindung, und in dem Fall, bei dem die Komponente (b) nicht das Metallsalz der Phosphorverbindung enthält, enthält ...


Also published as:
US20170117650CN106133197WO/2015/146985