処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2005018266 - 基地局装置及びその送信方法

注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。

[ JA ]

請求の範囲

[1] 回線交換チャネルにて音声信号を送信し、パケットチャネルにてパケットを送信す る基地局装置であって、

チャネルの種別が回線交換チャネルかパケットチャネルかをセッション毎に検出す るチャネル種別検出手段と、検出されたチャネルの種別がパケットチャネルの場合、 パケットチャネルで送信されるパケットを遅延させる遅延付加手段と、を具備する基地

[2] パケットの種別を検出するパケット種別検出手段を具備し、遅延付加手段は、所定 の種別のパケットを遅延させる請求の範囲 1記載の基地局装置。

[3] IPヘッダ内のプロトコルあるいはフラグを検出するプロトコル検出手段を具備し、パ ケット種別検出手段は、プロトコルあるいはフラグに基づいてパケットの種別を検出す る請求の範囲 2記載の基地局装置。

[4] パケットの発生周期を検出する発生周期検出手段を具備し、パケット種別検出手段 は、パケットの発生周期の平均値と所定の閾値との大小関係に基づいてパケットの種 別を検出する請求の範囲 2記載の基地局装置。

[5] 遅延付加手段は、伝送されるデータ量を監視する上位局装置から遅延処理の実行 を指示された場合にのみ、パケットチャネルで送信されるパケットを遅延させる請求の 範囲 1記載の基地局装置。

[6] 回線交換チャネルにて音声信号を送信し、パケットチャネルにてパケットを送信す る基地局装置の送信方法であって、

チャネルの種別が回線交換チャネルかパケットチャネルかをセッション毎に検出す る工程と、検出したチャネルの種別がパケットチャネルの場合、パケットチャネルで送 信されるパケットを遅延させる工程と、を具備する基地局装置の送信方法。