処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020122734 - 振動制御装置

官庁
日本
出願番号 2019015493
出願日 31.01.2019
公開番号 2020122734
公開日 13.08.2020
公報種別 A
IPC
G01M 7/02
G物理学
01測定;試験
M機械または構造物の静的または動的つり合い試験;他に分類されない構造物または装置の試験
7構造物の振動試験;構造物の衝撃試験
02振動試験
CPC
G01M 7/02
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
MTESTING STATIC OR DYNAMIC BALANCE OF MACHINES OR STRUCTURES; TESTING OF STRUCTURES OR APPARATUS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
7Vibration-testing of structures; Shock-testing of structures
02Vibration-testing ; by means of a shake table
出願人 IMV CORP
IMV株式会社
発明者 UENO KAZUYOSHI
上野 和良
YAMAUCHI YOSHIKADO
山内 佳門
NAKAURA YUJI
中浦 裕史
代理人 古谷 栄男
松下 正
発明の名称
(EN) VIBRATION CONTROLLER
(JA) 振動制御装置
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a vibration controller that is capable of effecting control so as to provide non-Gaussian property in a corresponding vibration physical quantity while applying Gaussian vibration matching a target vibration physical quantity PSD to a specimen.

SOLUTION: Control vibration physical quantity PSD calculation means 32 generates a control vibration physical quantity PSD for generating a drive signal on the basis of a response vibration physical quantity PSD and a target vibration physical quantity PSD. PSD conversion means 34 converts the same into a control corresponding vibration physical quantity PSD for other dimension. Control corresponding vibration physical quantity waveform calculation means 40 calculates a control corresponding vibration physical quantity waveform which is made non-Gaussian, on the basis of the control corresponding vibration physical quantity PSD. Drive waveform calculation means 50 generates a next drive waveform on the basis of a control corresponding vibration physical quantity as a reproduction target and control properties so that vibration matching the control corresponding vibration physical quantity waveform is applied to a specimen 4.

SELECTED DRAWING: Figure 1

COPYRIGHT: (C)2020,JPO&INPIT

(JA)

【課題】 目標振動物理量PSDに合致したガウス性の振動を供試体に与えつつ、対応振動物理量において非ガウス性をもたらすような制御を可能とした振動制御装置を提供する。
【解決手段】 制御用振動物理量PSD算出手段32は、応答振動物理量PSDと目標振動物理量PSDに基づいて、ドライブ信号を生成するための制御用振動物理量PSDを生成する。PSD変換手段34は、これを他のディメンションの制御用対応振動物理量PSDに変換する。制御用対応振動物理量波形算出手段40は、制御用対応振動物理量PSDに基づいて、非ガウス化された制御用対応振動物理量波形を算出する。ドライブ波形算出手段50は、この制御用対応振動物理量波形に合致した振動が供試体4に与えられるように、再現目標とする制御用対応振動物理量波形と制御特性に基づいて、次のドライブ波形を生成する。
【選択図】 図1