Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (JP2017514176) ユーザーの頭部においてフィットしうると共に画像を生成するディスプレイ装置用の眼鏡レンズ

Office : Japon
Numéro de la demande : 2016562899 Date de la demande : 16.04.2015
Numéro de publication : 2017514176 Date de publication : 01.06.2017
Type de publication : A
CIB :
G02C 11/00
G02B 27/02
H04N 5/64
G PHYSIQUE
02
OPTIQUE
C
LUNETTES; LUNETTES DE SOLEIL OU LUNETTES PROTECTRICES DANS LA MESURE OÙ LEURS CARACTÉRISTIQUES SONT LES MÊMES QUE CELLES DES LUNETTES; LENTILLES DE CONTACT
11
Accessoires non optiques; Fixation de ceux-ci
G PHYSIQUE
02
OPTIQUE
B
ÉLÉMENTS, SYSTÈMES OU APPAREILS OPTIQUES
27
Autres systèmes optiques; Autres appareils optiques
02
Appareils pour regarder ou pour lire
H ÉLECTRICITÉ
04
TECHNIQUE DE LA COMMUNICATION ÉLECTRIQUE
N
TRANSMISSION D'IMAGES, p.ex. TÉLÉVISION
5
Détails des systèmes de télévision
64
Détails de structure des récepteurs, p.ex. ébénisterie, housse
Déposants : カール・ツァイス・スマート・オプティクス・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング
Carl Zeiss Smart Optics GmbH
Inventeurs : ルドルフ、ギュンター
ドプシャル、ハンス−ユルゲン
Mandataires : 曾我 道治
梶並 順
田口 雅啓
大井 一郎
光永 和宏
金山 明日香
Données relatives à la priorité : 102014207495.9 17.04.2014 DE
Titre : (JA) ユーザーの頭部においてフィットしうると共に画像を生成するディスプレイ装置用の眼鏡レンズ
Abrégé : front page image
(JA)

ユーザーの頭部においてフィットしうると共に画像を生成するディスプレイ装置(1)用の眼鏡レンズが提供され、
眼鏡レンズ(3)は、前面(18)と、後面(15)と、結合入射セクション(11)と、結合入射セクション(11)から離隔した結合出射セクション(13)と、
眼鏡レンズ(3)の結合入射セクション(11)を介して眼鏡レンズ(3)内に結合された生成済みの画像のピクセルの光束(9)を、眼鏡レンズ(3)内において、光束(9)が眼鏡レンズ(3)から外に結合される結合出射セクション(13)まで、ガイドするのに適した光ガイドチャネル(12)と、
を有し、
眼鏡レンズ(3)は、いくつかのシェルを有するように構築されており、且つ、外側シェル(19)と、外側シェル(19)に結合された内側シェル(22)と、を有し、
内側シェル(22)とは対向していない外側シェル(19)の第1面(20)は、眼鏡レンズ(3)の前面(18)を形成し、且つ、外側シェル(19)とは対向していない内側シェル(22)の第1面(23)は、眼鏡レンズ(3)の後面(15)を形成しており、
外側シェル(19)は、結合入射セクション(11)と、光ガイドチャネル(12)と、結合出射セクション(13)と、を有し、
内側シェル(22)は、外側シェル(19)に向かって対向している内側シェル(22)の第2面(24)から、後面(15)の方向において、延在すると共に、その内部において光ガイドチャネル(12)が着座する、開口部(27)を有し、
結合出射セクション(13)は、開口部(27)に隣接した状態において位置しており、これには、結合出射セクション(13)によって結合出射された光束(9)が、内側シェル(22)の第2面(24)を介して内側シェル(22)に進入し、内側シェル(22)を通過し、且つ、後面(15)を介して内側シェル(22)を離脱するという結果が伴っている。


Également publié sous:
CN106233186