Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (JP2015092336) 固体力学において物理的挙動をシミュレートするための平滑化粒子ガラーキン式

Office : Japon
Numéro de la demande : 2014204362 Date de la demande : 03.10.2014
Numéro de publication : 2015092336 Date de publication : 14.05.2015
Type de publication : A
CIB :
G06F 19/00
G PHYSIQUE
06
CALCUL; COMPTAGE
F
TRAITEMENT ÉLECTRIQUE DE DONNÉES NUMÉRIQUES
19
Équipement ou méthodes de traitement de données ou de calcul numérique, spécialement adaptés à des applications spécifiques
CPC :
G06F 17/5009
Déposants : リバーモア ソフトウェア テクノロジー コーポレーション
Inventeurs : ウー,チョンタン
Mandataires : 加藤 秀忠
三崎 正輝
Données relatives à la priorité : 14/181,292 14.02.2014 US
61/893,191 19.10.2013 US
Titre : (JA) 固体力学において物理的挙動をシミュレートするための平滑化粒子ガラーキン式
Abrégé : front page image
(JA)

【課題】平滑化粒子ガラーキン式を用いて固体力学において構造的挙動を数値的にシミュレートするための方法およびシステムを提供する。
【解決手段】複数の粒子によって定義される物理的領域を表すメッシュフリーモデルが、コンピュータシステムにおいて受け取られる。各粒子は、各粒子が表す物理的領域の一部の材料特性に応じて構成される。定義された境界条件における物理的領域の平滑化変位フィールドが、平滑化粒子ガラーキン式に基づいて、メッシュフリーモデルを用いた時間進行シミュレーションを行うことによって取得される。平滑化変位フィールドは、線形多項式再生条件を満たす1セットの平滑化メッシュフリー形状関数から導出される。1セットの平滑化メッシュフリー形状関数は、凸状のメッシュフリー近似法によって構成され、二次導関数の計算を回避するよう構成されている。1セットの平滑化メッシュフリー形状関数は、粒子に対する規則的メッシュフリー形状関数および変位平滑化関数の組み合わせである。
【選択図】図1