Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (WO2019064867) DISPOSITIF TERMINAL, DISPOSITIF DE STATION DE BASE ET PROCÉDÉ DE COMMUNICATION
Document

明 細 書

発明の名称 端末装置、基地局装置、および、通信方法

技術分野

0001  

背景技術

0002   0003  

先行技術文献

非特許文献

0004  

発明の概要

発明が解決しようとする課題

0005  

課題を解決するための手段

0006   0007   0008   0009  

発明の効果

0010  

図面の簡単な説明

0011  

発明を実施するための形態

0012   0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019   0020   0021   0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045   0046   0047   0048   0049   0050   0051   0052   0053   0054   0055   0056   0057   0058   0059   0060   0061   0062   0063   0064   0065   0066   0067   0068   0069   0070   0071   0072   0073   0074   0075   0076   0077   0078   0079   0080   0081   0082   0083   0084   0085   0086   0087   0088   0089   0090   0091   0092   0093   0094   0095   0096   0097   0098   0099   0100   0101   0102   0103   0104   0105   0106   0107   0108   0109   0110   0111   0112   0113   0114   0115   0116   0117   0118   0119   0120   0121   0122   0123   0124   0125   0126   0127   0128   0129   0130   0131   0132   0133   0134   0135   0136   0137   0138   0139   0140   0141   0142   0143   0144   0145   0146   0147   0148   0149   0150   0151   0152   0153   0154   0155   0156   0157   0158   0159   0160   0161   0162   0163   0164   0165   0166   0167   0168   0169   0170   0171   0172   0173   0174   0175   0176   0177   0178   0179   0180   0181   0182   0183   0184   0185   0186   0187   0188   0189   0190   0191   0192   0193   0194   0195   0196   0197   0198   0199   0200   0201   0202   0203   0204   0205   0206   0207   0208  

符号の説明

0209  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  

図面

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19  

明 細 書

発明の名称 : 端末装置、基地局装置、および、通信方法

技術分野

[0001]
 本発明は、端末装置、基地局装置、および、通信方法に関する。

背景技術

[0002]
 セルラー移動通信の無線アクセス方式および無線ネットワーク(以下、「Long Term Evolution (LTE)」、または、「EUTRA:Evolved Universal Terrestrial Radio Access」と称する。)が、第三世代パートナーシッププロジェクト(3GPP:3rd Generation Partnership Project)において検討されている。LTEにおいて、基地局装置はeNodeB(evolved NodeB)、端末装置はUE(User Equipment)とも呼称される。LTEは、基地局装置がカバーするエリアをセル状に複数配置するセルラー通信システムである。単一の基地局装置は複数のサービングセルを管理してもよい。
[0003]
 3GPPでは、国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union)が策定する次世代移動通信システムの規格であるIMT(International Mobile Telecommunication)―2020に提案するため、次世代規格(NR: New Radio)の検討が行われている(非特許文献1)。NRは、単一の技術の枠組みにおいて、eMBB(enhanced Mobile BroadBand)、mMTC(massive Machine Type Communication)、URLLC(Ultra Reliable and Low Latency Communication)の3つのシナリオを想定した要求を満たすことが求められている。

先行技術文献

非特許文献

[0004]
非特許文献1 : "New SID proposal: Study on New Radio Access Technology", RP-160671, NTT docomo, 3GPP TSG RAN Meeting #71, Goteborg, Sweden, 7th - 10th March, 2016.

発明の概要

発明が解決しようとする課題

[0005]
 本発明は、効率的に通信を行う端末装置、該端末装置に用いられる通信方法、効率的に通信を行う基地局装置、該基地局装置に用いられる通信方法を提供する。

課題を解決するための手段

[0006]
 (1)本発明の第1の態様は、端末装置であって、第1のRRCシグナリングを受信する受信部と、PUCCHの送信電力を決定する制御部と、上りリンク制御情報を前記PUCCHで送信する送信部と、を備え、前記第1のRRCシグナリングは、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かを示す情報を含み、前記PUCCHの前記送信電力は、パラメータΔ に少なくとも基づき与えられ、前記パラメータΔ は、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かに少なくとも基づき与えられる。
[0007]
 (2)本発明の第2の態様は、基地局装置であって、第1のRRCシグナリングを送信する送信部と、PUCCHで送信される上りリンク制御情報を受信する受信部と、を備え、前記第1のRRCシグナリングは、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かを示す情報を含み、前記PUCCHの前記送信電力は、パラメータΔ に少なくとも基づき与えられ、前記パラメータΔ は、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かに少なくとも基づき与えられる。
[0008]
 (3)本発明の第3の態様は、端末装置に用いられる通信方法であって、第1のRRCシグナリングを受信するステップと、PUCCHの送信電力を決定するステップと、上りリンク制御情報を前記PUCCHで送信するステップと、を備え、前記第1のRRCシグナリングは、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かを示す情報を含み、前記PUCCHの前記送信電力は、パラメータΔ に少なくとも基づき与えられ、前記パラメータΔ は、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かに少なくとも基づき与えられる。
[0009]
 (4)本発明の第4の態様は、基地局装置に用いられる通信方法であって、第1のRRCシグナリングを送信するステップと、PUCCHで送信される上りリンク制御情報を受信するステップと、を備え、前記第1のRRCシグナリングは、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かを示す情報を含み、前記PUCCHの前記送信電力は、パラメータΔ に少なくとも基づき与えられ、前記パラメータΔ は、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かに少なくとも基づき与えられる。

発明の効果

[0010]
 この発明によれば、端末装置は効率的に通信を行うことができる。また、基地局装置は効率的に通信を行うことができる。

図面の簡単な説明

[0011]
[図1] 本実施形態の一態様に係る無線通信システムの概念図である。
[図2] 本実施形態の一態様に係るN slot symb、サブキャリア間隔の設定μ、スロット設定、および、CP設定の関係を示す一例である。
[図3] 本実施形態の一態様に係るサブフレームにおけるリソースグリッドの一例を示す概略図である。
[図4] 本実施形態の一態様に係る第1のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。
[図5] 本実施形態の一態様に係る第2のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。
[図6] 本実施形態の一態様に係る周波数ホッピングが適用される第2のPUCCHフォーマットにおける、サブフレームの後半スロット(または、奇数番目のスロット)のためのPUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSのマッピング例を示す図である。
[図7] 本実施形態の一態様に係る第3のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。
[図8] 本実施形態の一態様に係る第4のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。
[図9] 本実施形態の一態様に係るPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数が1である場合の第5のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。
[図10] 本実施形態の一態様に係るPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数が1である場合の第6のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。
[図11] 本実施形態の一態様に係る周波数ホッピングが適用されない場合の第7のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。
[図12] 本実施形態の一態様に係る周波数ホッピングが適用される場合の第7のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。
[図13] 本実施形態の一態様に係る周波数ホッピングが適用される場合の第7のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。
[図14] 本実施形態の一態様に係る周波数ホッピングが適用される場合の第7のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。
[図15] 本実施形態の一態様に係るパラメータΔ の設定例を示す図である。
[図16] 本実施形態の一態様に係るパラメータΔ の設定例を示す図である。
[図17] 本実施形態の一態様に係るパラメータΔ の設定例を示す図である。
[図18] 本実施形態の一態様に係る端末装置1の構成を示す概略ブロック図である。
[図19] 本実施形態の一態様に係る基地局装置3の構成を示す概略ブロック図である。

発明を実施するための形態

[0012]
 以下、本発明の実施形態について説明する。
[0013]
 図1は、本実施形態の一態様に係る無線通信システムの概念図である。図1において、無線通信システムは、端末装置1A~1C、および基地局装置3を具備する。以下、端末装置1A~1Cを端末装置1とも呼称する。
[0014]
 以下、フレーム構成について説明を行う。
[0015]
 本実施形態の一態様に係る無線通信システムにおいて、OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplex)が少なくとも用いられる。時間領域の単位の一つであるOFDMシンボルは、少なくとも1または複数のサブキャリア(subcarrier)を含み、ベースバンド信号生成において時間連続信号(time-continulous signal)に変換される。本実施形態の一態様に係る無線通信システムにおいて、OFDMおよびDFT-s-OFDM(Discrete Fourier Transform-spread OFDM)が用いられてもよい。本実施形態の一態様に係る無線通信システムにおいてOFDMとDFT-s-OFDMのいずれが用いられるかに関わらず、時間領域の単位はOFDMシンボルと呼称される。
[0016]
 サブキャリア間隔(SCS:SubCarrier Spacing)は、サブキャリア間隔Δf=2 μ・15kHzで与えられてもよい。μは、サブキャリア間隔の設定である。例えば、μは0~5の値のいずれかであってもよい。BWP(BandWidth Part)のために、サブキャリア間隔の設定μが上位層のパラメータ(サブキャリア間隔の設定μ)により与えられてもよい。サブキャリア間隔の設定μは、あらかじめ定義された値であってもよい。
[0017]
 本実施形態の一態様に係る無線通信システムにおいて、時間領域の長さの表現のために時間単位(タイムユニット)T が用いられる。時間単位T は、T =1/(Δf max・N )で与えられる。Δf maxは、本実施形態の一態様に係る無線通信システムにおいてサポートされるサブキャリア間隔の最大値であってもよい。Δf maxは、Δf max=480kHzであってもよい。時間単位T は、T とも呼称される。定数κは、κ=Δf max・N /(Δf reff,ref)=64である。Δf refは、15kHzであり、N f,refは、2048である。
[0018]
 定数κは、参照サブキャリア間隔とT の関係を示す値であってもよい。定数κはサブフレームの長さのために用いられてもよい。定数κに少なくとも基づき、サブフレームに含まれるスロットの数が与えられてもよい。Δf refは、参照サブキャリア間隔であり、N f,refは、参照サブキャリア間隔に対応する値である。
[0019]
 下りリンク送信、および/または、上りリンク送信は、10msの長さのフレームにより構成される。フレームは、10個のサブフレームを含んで構成される。サブフレームの長さは1msである。フレームの長さは、サブキャリア間隔Δfに依存しない値であってもよい。つまり、フレームの設定はμに基づかずに与えられてもよい。サブフレームの長さは、サブキャリア間隔Δfに依存しない値であってもよい。つまり、サブフレームの設定はμに基づかずに与えられてもよい。サブフレームの長さは、Δf ref=15kHz、および、N f,ref=2048に少なくとも基づき与えられてもよい。
[0020]
 サブキャリア間隔の設定μ(subcarrier spacing configuration)のために、サブフレームに含まれるスロットの数とインデックスが与えられてもよい。例えば、第1のスロット番号n μ は、サブフレーム内において0からN subframe,μ slotの範囲で昇順に与えられてもよい。サブキャリア間隔の設定μのために、フレームに含まれるスロットの数とインデックスが与えられてもよい。例えば、第2のスロット番号n μ s,fは、フレーム内において0からN frame,μ slotの範囲で昇順に与えられてもよい。連続するN slot symb個のOFDMシンボルが1つのスロットに含まれてもよい。N slot symbは、スロット設定(slot configuration)、および、CP(Cyclic Prefix)設定の一部または全部に少なくとも基づき与えられてもよい。スロット設定は、上位層のパラメータslot_configurationにより与えられてもよい。CP設定は、上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。スロット設定は、あらかじめ定義された値であってもよい。例えば、サブキャリア間隔の設定μが0である場合に、スロット設定は1であってもよい。
[0021]
 図2は、本実施形態の一態様に係るN slot symb、サブキャリア間隔の設定μ、スロット設定、および、CP設定の関係を示す一例である。図2Aにおいて、スロット設定が0であり、CP設定がノーマルCP(normal cyclic prefix)である場合、N slot symb=14、N frame,μ slot=40、N subframe,μ slot=4である。また、図2Bにおいて、スロット設定が0であり、CP設定が拡張CP(extended cyclic prefix)である場合、N slot symb=12、N frame,μ slot=40、N subframe,μ slot=4である。スロット設定0におけるN slot symbは、スロット設定1におけるN slot symbの2倍に対応してもよい。
[0022]
 LTEにおいて、サブキャリア間隔の設定μ=0であり、スロット設定は1であってもよい。つまり、LTEにおいて、サブキャリア間隔は15kHzであり、サブフレームは2つのスロットを含み、該スロットは7OFDMシンボルを含んで構成されてもよい。NRにおいて、スロット設定1が少なくともサポートされてもよい。
[0023]
 以下、物理リソースについて説明を行う。
[0024]
 アンテナポートは、1つのアンテナポートにおいてシンボルが伝達されるチャネルが、同一のアンテナポートにおいてその他のシンボルが伝達されるチャネルから推定できることによって定義される。1つのアンテナポートにおいてシンボルが伝達されるチャネルの大規模特性(large scale property)が、もう一つのアンテナポートにおいてシンボルが伝達されるチャネルから推定できる場合、2つのアンテナポートはQCL(Quasi Co-Located)であると呼称される。大規模特性は、チャネルの長区間特性であってもよい。大規模特性は、遅延拡がり(delay spread)、ドップラー拡がり(doppler spread)、ドップラーシフト(Doppler shift)、平均利得(average gain)、平均遅延(average delay)、および、ビームパラメータ(spatial Rx parameters)の一部または全部を少なくとも含んでもよい。第1のアンテナポートと第2のアンテナポートがビームパラメータに関してQCLであるとは、第1のアンテナポートに対して受信側が想定する受信ビームと第2のアンテナポートに対して受信側が想定する受信ビームとが同一であることであってもよい。第1のアンテナポートと第2のアンテナポートがビームパラメータに関してQCLであるとは、第1のアンテナポートに対して受信側が想定する送信ビームと第2のアンテナポートに対して受信側が想定する送信ビームとが同一であることであってもよい。端末装置1は、1つのアンテナポートにおいてシンボルが伝達されるチャネルの大規模特性が、もう一つのアンテナポートにおいてシンボルが伝達されるチャネルから推定できる場合、2つのアンテナポートはQCLであることを想定してもよい。2つのアンテナポートがQCLであることは、2つのアンテナポートがQCLであることが想定されることであってもよい。
[0025]
 サブキャリア間隔の設定μとキャリアのセットのそれぞれのために、N μ RB,xRB sc個のサブキャリアとN (μ) symbsubframe,μ symb個のOFDMシンボルのリソースグリッドが与えられる。N μ RB,xは、キャリアxのためのサブキャリア間隔の設定μのために与えられるリソースブロック数を示してもよい。キャリアxは下りリンクキャリアまたは上りリンクキャリアのいずれかを示す。つまり、xは“DL”、または、“UL”である。N μ RBは、N μ RB,DL、および、N μ RB,ULを含んだ呼称である。N RB scは、1つのリソースブロックに含まれるサブキャリア数を示してもよい。アンテナポートpごとに、および/または、サブキャリア間隔の設定μごとに、および/または、送信方向(Transmissin direction)の設定ごとに1つのリソースグリッドが与えられてもよい。送信方向は、少なくとも下りリンク(DL:DownLink)および上りリンク(UL:UpLink)を含む。以下、アンテナポートp、サブキャリア間隔の設定μ、および、送信方向の設定の一部または全部を少なくとも含むパラメータのセットは、第1の無線パラメータセットとも呼称される。つまり、リソースグリッドは、第1の無線パラメータセットごとに1つ与えられてもよい。
[0026]
 第1の無線パラメータセットごとに与えられるリソースグリッドの中の各要素は、リソースエレメントと呼称される。リソースエレメントは周波数領域のインデックスkと、時間領域のインデックスlにより特定される。周波数領域のインデックスkと時間領域のインデックスlにより特定されるリソースエレメントは、リソースエレメント(k、l)とも呼称される。周波数領域のインデックスkは、0からN μ RBRB sc-1のいずれかの値を示す。N μ RBはサブキャリア間隔の設定μのために与えられるリソースブロック数であってもよい。N RB scは、リソースブロックに含まれるサブキャリア数であり、N RB sc=12である。周波数領域のインデックスkは、サブキャリアインデックスに対応してもよい。時間領域のインデックスlは、OFDMシンボルインデックスに対応してもよい。
[0027]
 図3は、本実施形態の一態様に係るサブフレームにおけるリソースグリッドの一例を示す概略図である。図3のリソースグリッドにおいて、横軸は時間領域のインデックスlであり、縦軸は周波数領域のインデックスkである。1つのサブフレームにおいて、リソースグリッドの周波数領域はN μ RBRB sc個のサブキャリアを含み、リソースグリッドの時間領域は14・2 μ-1個のOFDMシンボルを含んでもよい。リソースブロックは、N RB sc個のサブキャリアを含んで構成される。リソースブロックの時間領域は、1OFDMシンボルに対応してもよい。リソースブロックの時間領域は、1または複数のスロットに対応してもよい。リソースブロックの時間領域は、1つのサブフレームに対応してもよい。
[0028]
 端末装置は、リソースグリッドのサブセットのみを用いて送受信を行うことが指示されてもよい。リソースグリッドのサブセットは、BWPとも呼称され、BWPは上位層のパラメータにより与えられてもよい。つまり、端末装置は、リソースグリッドのすべてのセットを用いて送受信を行なうことが指示されなくてもよい。つまり、端末装置は、リソースグリッド内の一部のリソースを用いて送受信を行なうことが指示されてもよい。
[0029]
 上位層のパラメータは、上位層の信号に含まれるパラメータである。上位層の信号は、RRC(Radio Resource Control)シグナリングであってもよいし、MAC CE(Media Acess Control Control Element)であってもよい。ここで、上位層の信号は、RRC層の信号であってもよいし、MAC層の信号であってもよい。
[0030]
 以下、本実施形態の種々の態様に係る物理チャネルおよび物理シグナルを説明する。
[0031]
 上りリンク物理チャネルは、上位層において発生する情報を運ぶリソースエレメントのセットに対応してもよい。上りリンク物理チャネルは、上りリンクにおいて用いられる物理チャネルである。本実施形態の一態様に係る無線通信システムにおいて、少なくとも下記の一部または全部の上りリンク物理チャネルが用いられる。
・PUCCH(Physical Uplink Control CHannel)
・PUSCH(Physical Uplink Shared CHannel)
・PRACH(Physical Random Access CHannel)
[0032]
 PUCCHは、上りリンク制御情報(UCI:Uplink Control Information)を送信するために用いられてもよい。上りリンク制御情報は、下りリンク物理チャネルのチャネル状態情報(CSI:Channel State Information)、スケジューリングリクエスト(SR:Scheduling Request)、下りリンクデータ(TB:Transport block、MAC PDU:Medium Access Control Protocol Data Unit、DL-SCH:Downlink-Shared Channel、PDSCH:Physical Downlink Shared Channel)に対するHARQ-ACK(Hybrid Automatic Repeat request ACKnowledgement)の一部または全部を含む。HARQ-ACKは、下りリンクデータに対応するACK(acknowledgement)またはNACK(negative-acknowledgement)を示してもよい。
[0033]
 HARQ-ACKは、下りリンクデータに含まれる1または複数のCBG(Code Block Group)のそれぞれに対応するACKまたはNACKを示してもよい。HARQ-ACKを、HARQフィードバック、HARQ情報、HARQ制御情報、および、ACK/NACKとも称する。
[0034]
 スケジューリングリクエストは、初期送信のためのPUSCH(UL-SCH:Uplink-Shared Channel)リソースを要求するために少なくとも用いられてもよい。
[0035]
 チャネル状態情報(CSI:Channel State Information)は、チャネル品質指標(CQI: Channel Quality Indicator)とランク指標(RI: Rank Indicator)を少なくとも含む。チャネル品質指標は、プレコーダ行列指標(PMI:Precoder Matrix Indicator)を含んでもよい。CQIは、チャネル品質(伝搬強度)に関連する指標であり、PMIは、プレコーダを指示する指標である。RIは、送信ランク(または、送信レイヤ数)を指示する指標である。
[0036]
 PUSCHは、上りリンクデータ(TB、MAC PDU、UL-SCH、PUSCH)を送信するために用いられる。PUSCHは、上りリンクデータと共にHARQ-ACKおよび/またはチャネル状態情報を送信するために用いられてもよい。また、PUSCHはチャネル状態情報のみ、または、HARQ-ACKおよびチャネル状態情報のみを送信するために用いられてもよい。PUSCHは、ランダムアクセスメッセージ3を送信するために用いられる。
[0037]
 PRACHは、ランダムアクセスプリアンブル(ランダムアクセスメッセージ1)を送信するために用いられる。PRACHは、初期コネクション確立(initial connection establishment)プロシージャ、ハンドオーバプロシージャ、コネクション再確立(connection re-establishment)プロシージャ、上りリンクデータの送信に対する同期(タイミング調整)、およびPUSCH(UL-SCH)リソースの要求を示すために用いられる。ランダムアクセスプリアンブルは、端末装置1の上位層より与えられるインデックス(ランダムアクセスプリアンブルインデックス)を基地局装置3に通知するために用いられてもよい。
[0038]
 図1において、上りリンクの無線通信では、以下の上りリンク物理シグナルが用いられる。上りリンク物理シグナルは、上位層から出力された情報を送信するために使用されなくてもよいが、物理層によって使用される。
・UL DMRS(UpLink Demodulation Reference Signal)
・SRS(Sounding Reference Signal)
[0039]
 UL DMRSは、PUSCH、および/または、PUCCHの送信に関連する。UL DMRSは、PUSCHまたはPUCCHと多重される。基地局装置3は、PUSCHまたはPUCCHの伝搬路補正を行なうためにUL DMRSを使用してよい。以下、PUSCHと、該PUSCHに関連するUL DMRSを共に送信することを、単に、PUSCHを送信する、と称する。以下、PUCCHと該PUCCHに関連するUL DMRSを共に送信することを、単に、PUCCHを送信する、と称する。PUSCHに関連するUL DMRSは、PUSCH用UL DMRSとも称される。PUCCHに関連するUL DMRSは、PUCCH用UL DMRSとも称される。
[0040]
 SRSは、PUSCHまたはPUCCHの送信に関連しなくてもよい。基地局装置3は、チャネル状態の測定のためにSRSを用いてもよい。SRSは、上りリンクスロットにおけるサブフレームの最後、または、最後から所定数のOFDMシンボルにおいて送信されてもよい。
[0041]
 図1において、基地局装置3から端末装置1への下りリンクの無線通信では、以下の下りリンク物理チャネルが用いられる。下りリンク物理チャネルは、上位層から出力された情報を送信するために、物理層によって使用される。
・PBCH(Physical Broadcast Channel)
・PDCCH(Physical Downlink Control Channel)
・PDSCH(Physical Downlink Shared Channel)
[0042]
 PBCHは、マスターインフォメーションブロック(MIB:Master Information Block、BCH、Broadcast Channel)を送信するために用いられる。PBCHは、所定の送信間隔に基づき送信されてもよい。例えば、PBCHは、80msの間隔で送信されてもよい。PBCHに含まれる情報の中身は、80msごとに更新されてもよい。PBCHは、288サブキャリアにより構成されてもよい。PBCHは、2、3、または、4つのOFDMシンボルを含んで構成されてもよい。MIBは、同期信号の識別子(インデックス)に関連する情報を含んでもよい。MIBは、PBCHが送信されるスロットの番号、サブフレームの番号、および、無線フレームの番号の少なくとも一部を指示する情報を含んでもよい。
[0043]
 PDCCHは、下りリンク制御情報(DCI:Downlink Control Information)を送信するために用いられる。下りリンク制御情報は、DCIフォーマットとも呼称される。下りリンク制御情報は、下りリンクグラント(downlink grant)または上りリンクグラント(uplink grant)のいずれかを少なくとも含んでもよい。下りリンクグラントは、下りリンクアサインメント(downlink assignment)または下りリンク割り当て(downlink allocation)とも呼称される。
[0044]
 1つの下りリンクグラントは、1つのサービングセル内の1つのPDSCHのスケジューリングのために少なくとも用いられる。下りリンクグラントは、該下りリンクグラントが送信されたスロットと同じスロット内のPDSCHのスケジューリングのために少なくとも用いられる。
[0045]
 1つの上りリンクグラントは、1つのサービングセル内の1つのPUSCHのスケジューリングのために少なくとも用いられる。
[0046]
 1つの物理チャネルは、1つのサービングセルにマップされてもよい。1つの物理チャネルは、複数のサービングセルにマップされなくてもよい。
[0047]
 端末装置1は、PDCCHの探索のために、1または複数の制御リソースセットが設定されてもよい。端末装置1は、設定された制御リソースセットにおいてPDCCHの受信を試みる。制御リソースセットは、あらかじめ定義されてもよい。
[0048]
 制御リソースセットは、1つまたは複数のPDCCHがマップされうる時間周波数領域を示してもよい。制御リソースセットは、端末装置1がPDCCHの受信を試みる領域であってもよい。
[0049]
 制御リソースセットの周波数領域は、サービングセルのシステム帯域幅と同一であってもよい。また、制御リソースセットの周波数領域は、サービングセルのシステム帯域幅に少なくとも基づき与えられてもよい。制御リソースセットの周波数領域は、上位層の信号、および/または、下りリンク制御情報に少なくとも基づき与えられてもよい。
[0050]
 制御リソースセットの時間領域は、上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0051]
 PDSCHは、下りリンクデータ(DL-SCH、PDSCH)を送信するために用いられる。PDSCHは、ランダムアクセスメッセージ2(ランダムアクセスレスポンス)を送信するために少なくとも用いられる。PDSCHは、初期アクセスのために用いられるパラメータを含むシステム情報を送信するために少なくとも用いられる。
[0052]
 PDSCHは、スクランブリング(Scrambling)、変調(Modulation)、レイヤマッピング(layer mapping)、プレコーディング(precoding)、および、物理リソースマッピング(Mapping to physical resource)の一部または全部に少なくとも基づき与えられる。端末装置1は、スクランブリング、変調、レイヤマッピング、プレコーディング、および、物理リソースマッピングの一部または全部に少なくとも基づきPDSCHが与えられると想定してもよい。
[0053]
 図1において、下りリンクの無線通信では、以下の下りリンク物理シグナルが用いられる。下りリンク物理シグナルは、上位層から出力された情報を送信するために使用されなくてもよいが、物理層によって使用される。
・同期信号(SS:Synchronization signal)
・DL DMRS(DownLink DeModulation Reference Signal)
・CSI-RS(Channel State Information-Reference Signal)
[0054]
 同期信号は、端末装置1が下りリンクの周波数領域、および/または、時間領域の同期をとるために用いられる。同期信号は、PSS(Primary Synchronization Signal)、および、SSS(Secondary Synchronization Signal)を含む。
[0055]
 SSブロックは、PSS、SSS、および、PBCHの一部または全部を少なくとも含んで構成される。SSブロックに含まれるPSS、SSS、および、PBCHの一部または全部のそれぞれのアンテナポートは同一であってもよい。SSブロックに含まれるPSS、SSS、およびPBCHの一部または全部は、連続するOFDMシンボルにマップされてもよい。SSブロックに含まれるPSS、SSS、および、PBCHの一部または全部のそれぞれのCP設定は同一であってもよい。SSブロックに含まれるPSS、SSS、および、PBCHの一部または全部のそれぞれのサブキャリア間隔の設定μは同一であってもよい。SSブロックは、SS/PBCHブロックとも呼称される。
[0056]
 DL DMRSは、PBCH、PDCCH、および/または、PDSCHの送信に関連する。DL DMRSは、PBCH、PDCCH、または、PDSCHに多重される。端末装置1は、PBCH、PDCCH、または、PDSCHの伝搬路補正を行なうために該PBCH、該PDCCH、または、該PDSCHと対応するDL DMRSを使用してよい。以下、PBCHと、該PBCHと関連するDL DMRSが共に送信されることは、短にPBCHが送信されると呼称される。以下、PDCCHと、該PDCCHと関連するDL DMRSが共に送信されることは、単にPDCCHが送信されると呼称される。以下、PDSCHと、該PDSCHと関連するDL DMRSが共に送信されることは、単にPDSCHが送信されると呼称される。PBCHと関連するDL DMRSは、PBCH用DL DMRSとも呼称される。PDSCHと関連するDL DMRSは、PDSCH用DL DMRSとも呼称される。PDCCHと関連するDL DMRSは、PDCCHと関連するDL DMRSとも呼称される。
[0057]
 DL DMRSは、端末装置1に個別に設定される参照信号であってもよい。DL DMRSの系列は、端末装置1に個別に設定されるパラメータに少なくとも基づいて与えられてもよい。DL DMRSの系列は、UE固有の値(例えば、C-RNTI等)に少なくとも基づき与えられてもよい。DL DMRSは、PDCCH、および/または、PDSCHのために個別に送信されてもよい。一方、Shared RSは、複数の端末装置1に共通に設定される参照信号であってもよい。Shared RSの系列は、端末装置1に個別に設定されるパラメータとは関係なく与えられてもよい。例えば、Shared RSの系列は、スロットの番号、ミニスロットの番号、および、セルID(identity)の少なくとも一部に基づいて与えられてもよい。Shared RSは、PDCCH、および/または、PDSCHが送信されているか否かに関わらず送信される参照信号であってもよい。
[0058]
 CSI-RSは、チャネル状態情報を算出するために少なくとも用いられる信号であってもよい。端末装置によって想定されるCSI-RSのパターンは、少なくとも上位層のパラメータにより与えられてもよい。
[0059]
 下りリンク物理チャネルおよび下りリンク物理シグナルは、下りリンク信号とも呼称される。上りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理シグナルは、上りリンク信号とも呼称される。下りリンク信号および上りリンク信号はまとめて信号とも呼称される。下りリンク物理チャネルおよび上りリンク物理チャネルを総称して、物理チャネルと称する。下りリンク物理シグナルおよび上りリンク物理シグナルを総称して、物理シグナルと称する。
[0060]
 BCH、UL-SCHおよびDL-SCHは、トランスポートチャネルである。媒体アクセス制御(MAC:Medium Access Control)層で用いられるチャネルはトランスポートチャネルと呼称される。MAC層で用いられるトランスポートチャネルの単位は、トランスポートブロック(TB)またはMAC PDUとも呼称される。MAC層においてトランスポートブロック毎にHARQ(Hybrid Automatic Repeat reQuest)の制御が行なわれる。トランスポートブロックは、MAC層が物理層に渡す(deliver)データの単位である。物理層において、トランスポートブロックはコードワードにマップされ、コードワード毎に変調処理が行なわれる。
[0061]
 以下、第1のPUCCHフォーマットから第8のPUCCHフォーマットを説明する。
[0062]
 第1のPUCCHフォーマットは、2ビットまでのHARQ-ACK、および/または、SRを送信するために用いられてもよい。図4は、本実施形態の一態様に係る第1のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。図4において、縦軸は周波数帯域幅(Frequency bandwidth)を示す。周波数帯域幅は、BW(BandWidth)を含んでもよい。周波数帯域幅は、BWP(BandWidth Part)を含んでもよい。BWは、条約、法律(電波法等)、その他規制等に少なくとも基づき与えられる周波数帯域幅であってもよい。BWは、あらかじめ定義される周波数帯域幅であってもよい。BWPは、上位層のパラメータ、および/または、DCIに少なくとも基づき与えられる周波数帯域幅であってもよい。図4において、横軸は時間領域のスケジューリングの単位(スケジューリングユニット)を示す。スケジューリングユニットは、サブフレームを含んでもよい。スケジューリングユニットは、スロットを含んでもよい。スケジューリングユニットは、サブキャリア間隔の設定μ、および/または、スロット設定に少なくとも基づき与えられてもよい。スケジューリングユニットは、送信時間間隔(TTI:Transmission Time Interval)を示してもよい。図4において、スケジューリングユニットはサブフレームであり、かつ、サブキャリア間隔の設定μ=0であり、かつ、スロット設定は1である。つまり、図4において、サブフレームに含まれるスロットの数は2であり、該スロットのそれぞれに含まれるOFDMシンボルの数は7である。
[0063]
 図4において、PUCCHは、8OFDMシンボルにマップされ、該PUCCHに関連するDMRSは、6OFDMシンボルにマップされる。図4において、第1の周波数単位(First frequency unit)と第2の周波数単位(Second frequency unit)のそれぞれに対して、該PUCCHがマップされる4OFDMシンボル、および、該DMRSがマップされる3OFDMシンボルが含まれる。このように、PUCCH、および/または、該PUCCHに関連するDMRSが第1の周波数単位および第2の周波数単位に少なくともマップされることは、周波数ホッピングとも呼称される。周波数ホッピングにおいて、ホッピング数N hopが、PUCCH、および/または、該PUCCHに関連するDMRSがマップされる周波数単位の数から1引いた値より与えられてもよい。つまり、図4において、ホッピング数N hop=1である。周波数ホッピングが適用されないことは、ホッピング数N hop=0であることを示してもよい。
[0064]
 周波数ホッピングにおいて、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされる第1のOFDMシンボル(または、PUCCHがマップされる第1のOFDMシンボルを含んで構成される第1のOFDMシンボルのグループ)と、第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされる第2のOFDMシンボル(または、PUCCHがマップされる第2のOFDMシンボルを含んで構成される第2のOFDMシンボルのグループ)は異なってもよい。
[0065]
 第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,1は、PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数のうち、第1の周波数単位に含まれるOFDMシンボルの数と定義される。第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2は、PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数のうち、第2の周波数単位に含まれるOFDMシンボルの数と定義される。
[0066]
 第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1は、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数のうち、第1の周波数単位に含まれるOFDMシンボルの数と定義される。第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2は、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数のうち、第2の周波数単位に含まれるOFDMシンボルの数と定義される。該DMRSは、PUCCHに関連するDMRSであってもよい。
[0067]
 第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1は、PUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数のうち、第1の周波数単位に含まれるOFDMシンボルの数と定義される。第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2は、PUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数のうち、第2の周波数単位に含まれるOFDMシンボルの数と定義される。該DMRSは、PUCCHに関連するDMRSであってもよい。
[0068]
 図4において、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,1=4である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2=4である。また、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1=3である。また、第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2=3である。また、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1=7である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2=7である。
[0069]
 PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSは、まとめてPUCCHとも呼称される。
[0070]
 図5は、本実施形態の一態様に係る第2のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。第2のPUCCHフォーマットは、2ビットまでのHARQ-ACK、および/または、SRを送信するために用いられてもよい。図5において、スケジューリングユニットは、1スロットである。第2のPUCCHフォーマットは、PUCCHがマップされる4OFDMシンボル、および、該PUCCHに関連するPUCCHがマップされる3OFDMシンボルを含んで構成されてもよい。
[0071]
 図5(a)は、周波数ホッピングが適用されない場合の第2のPUCCHフォーマットの構成例を示している。周波数ホッピングが適用されない第2のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされる全てのOFDMシンボルは、第1の周波数単位にマップされてもよい。周波数ホッピングが適用されない第2のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルは、スロット内の1、2、6、および、7番目のOFDMシンボルであってもよい。周波数ホッピングが適用されない第2のPUCCHフォーマットにおいて、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルは、スロット内の3、4、および、5番目のOFDMシンボルであってもよい。
[0072]
 図5(a)において、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,1=4である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2=0である。また、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1=3である。また、第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2=0である。また、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1=7である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2=0である。
[0073]
 図5(b)は、周波数ホッピングが適用される場合の第2のPUCCHフォーマットの構成例を示している。周波数ホッピングが適用される第2のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルの少なくとも一部は、第2の周波数単位にマップされてもよい。周波数ホッピングが適用される場合の第2のPUCCHフォーマットにおいて、第1の周波数単位にマップされるPUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数は3であってもよい。周波数ホッピングが適用される場合の第2のPUCCHフォーマットにおいて、第2の周波数単位にマップされるPUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数は4であってもよい。周波数ホッピングが適用される第2のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルは、スロット内の1、3、4、および、7番目のOFDMシンボルであってもよい。周波数ホッピングが適用される第2のPUCCHフォーマットにおいて、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルは、スロット内の2、5、および、6番目のOFDMシンボルであってもよい。
[0074]
 図5(b)において、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,1=2である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2=2である。また、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1=1である。また、第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2=2である。また、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1=3である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2=4である。
[0075]
 図5(b)に示されるPUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSのマッピングは、サブフレーム内の前半スロット(または、偶数番目のスロット)のためのマッピングであってもよい。図6は、本実施形態の一態様に係る周波数ホッピングが適用される第2のPUCCHフォーマットにおける、サブフレームの後半スロット(または、奇数番目のスロット)のためのPUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSのマッピング例を示す図である。周波数ホッピングが適用される場合の第2のPUCCHフォーマットにおいて、第1の周波数単位にマップされるPUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数は4であってもよい。周波数ホッピングが適用される場合の第2のPUCCHフォーマットにおいて、第2の周波数単位にマップされるPUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数は3であってもよい。周波数ホッピングが適用される第2のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルは、スロット内の1、4、5、および、7番目のOFDMシンボルであってもよい。周波数ホッピングが適用される第2のPUCCHフォーマットにおいて、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルは、スロット内の2、3、および、6番目のOFDMシンボルであってもよい。
[0076]
 図6において、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,1=2である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2=2である。また、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1=2である。また、第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2=1である。また、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1=4である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2=3である。
[0077]
 周波数ホッピングが適用される第2のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHのマッピングパターンは該PUCCHがマップされるスロットのインデックスに少なくとも基づき与えられてもよい。該PUCCHの該マッピングパターンは、第1の周波数単位にマップされるPUCCH、および/または、該PUCCHに関連するDMRSが含まれるOFDMシンボルの数を少なくとも含んでもよい。該PUCCHの該マッピングパターンは、第2の周波数単位にマップされるPUCCH、および/または、該PUCCHに関連するDMRSが含まれるOFDMシンボルの数を少なくとも含んでもよい。
[0078]
 図7は、本実施形態の一態様に係る第3のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。第3のPUCCHフォーマットは、3ビット以上のUCIを送信するために少なくとも用いられてもよい。第3のPUCCHフォーマットを用いて送信されるUCIは、リードマラー符号により符号化されてもよい。第3のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルは、第1の周波数単位に含まれる。つまり、第3のPUCCHフォーマットに周波数ホッピングは適用されない。第3のPUCCHフォーマットにおいて、第1の周波数単位は1PRBより構成されてもよい。第3のPUCCHフォーマットにおいて、第1の周波数単位はあらかじめ定義されたPRBの数であってもよい。
[0079]
 図7において、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,1=6である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2=0である。また、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1=1である。また、第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2=0である。また、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1=7である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2=0である。
[0080]
 図8は、本実施形態の一態様に係る第4のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。第4のPUCCHフォーマットは、3ビット以上のUCIを送信するために用いられてもよい。第4のPUCCHフォーマットを用いて送信されるUCIは、TBCC(Tail biting Convolutional Coding)符号により符号化されてもよい。第4のPUCCHフォーマットに周波数ホッピングが適用されてもよい。第4のPUCCHフォーマットに周波数ホッピングが適用されるか否かは、上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。第4のPUCCHフォーマットにおいて、第1の周波数単位、および/または、第2の周波数単位を構成するPRBの数は、上位層のパラメータにより設定されてもよい。
[0081]
 図8(a)は、偶数スロット(Even slots)における第4のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。偶数スロットにおける第4のPUCCHフォーマットにおいて、第1の周波数単位にマップされるPUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数は3であってもよい。偶数スロットにおける第4のPUCCHフォーマットにおいて、第2の周波数単位にマップされるPUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数は4であってもよい。偶数スロットにおける第4のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルは、スロット内の1、3、4、5、および、7番目のOFDMシンボルであってもよい。偶数スロットにおける第4のPUCCHフォーマットにおいて、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルは、スロット内の2、および、6番目のOFDMシンボルであってもよい。
[0082]
 図8(a)において、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,1=2である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2=3である。また、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1=1である。また、第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2=1である。また、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1=3である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2=4である。
[0083]
 図8(b)は、奇数スロット(odd slots)における第4のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。奇数スロットにおける第4のPUCCHフォーマットにおいて、第1の周波数単位にマップされるPUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数は4であってもよい。奇数スロットにおける第4のPUCCHフォーマットにおいて、第2の周波数単位にマップされるPUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数は3であってもよい。奇数スロットにおける第4のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルは、スロット内の1、3、4、5、および、7番目のOFDMシンボルであってもよい。偶数スロットにおける第4のPUCCHフォーマットにおいて、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルは、スロット内の2、および、6番目のOFDMシンボルであってもよい。
[0084]
 図8(b)において、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,1=3である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2=2である。また、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1=1である。また、第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2=1である。また、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1=4である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2=3である。
[0085]
 第5のPUCCHフォーマットは、2ビットまでのHARQ-ACK、および/または、SRを送信するために用いられてもよい。第5のPUCCHフォーマットは、系列の選択によりUCIが送信されるPUCCHフォーマットである。第5のPUCCHフォーマットのために、PUCCH系列のセットが定義される。該PUCCH系列のセットは、1または複数のPUCCH系列を含む。該PUCCH系列のそれぞれは、系列の識別に用いられるインデックス、および/または、サイクリックシフトに少なくとも基づき識別される。
[0086]
 第5のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数は1であってもよい。第5のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数は2であってもよい。第5のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数は3であってもよい。第5のPUCCHフォーマットにおいて、スケジューリングユニットは、1、2、または、3の一部または全部を少なくとも含んでもよい。
[0087]
 図9は、本実施形態の一態様に係るPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数が1である場合の第5のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。図9(a)は、PUCCHの連続マッピング(Contiguous mapping)の例を示している。図9(b)は、PUCCHの櫛形マッピング(Comb mapping)の例を示している。PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数が1である場合の第5のPUCCHフォーマットのマッピングが連続マッピングであるか櫛形マッピングであるかは、上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0088]
 PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数が2である場合の第5のPUCCHフォーマットに周波数ホッピングが適用されるか否かは、上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0089]
 第6のPUCCHフォーマットは、3ビット以上のUCIを送信するために少なくとも用いられてもよい。第6のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSは周波数多重される。
[0090]
 第6のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数は1であってもよい。第6のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数は2であってもよい。
[0091]
 図10は、本実施形態の一態様に係るPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数が1である場合の第6のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。図10において、ブロックのそれぞれは、1PRBの1OFDMシンボルに対応し、PUCCHがマップされる8つのリソースエレメントと該PUCCHに関連するDMRSがマップされる4つのリソースエレメントを含んで構成される。
[0092]
 図10(a)は、該ブロックの連続的リソース割り当て(Localized allocation)の一例を示す図である。図10(b)は、該ブロックの分散的リソース割り当て(Distributed allocation)の一例を示す図である。第6のPUCCHフォーマットに連続的リソース割り当てが適用されるか分散的リソース割り当てが適用されるかは、上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。第6のPUCCHフォーマットのために割り当てられるPRBの数N PRBは、上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。第6のPUCCHフォーマットのために割り当てられるPRBの数N PRBは、あらかじめ定義される値より与えられてもよい。
[0093]
 PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数が2である場合の第6のPUCCHフォーマットに周波数ホッピングが適用されるか否かは、上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0094]
 第7のPUCCHフォーマットは、2ビットまでのHARQ-ACK、および/または、SRを送信するために用いられる。第7のPUCCHフォーマットは、少なくとも4OFDMシンボルを含んで構成される。第7のPUCCHフォーマットは、PUCCHおよび該PUCCHに関連するDMRSが時間領域において交互にマップされてもよい。
[0095]
 図11は、本実施形態の一態様に係る周波数ホッピングが適用されない場合の第7のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。図11において、スロットに含まれるOFDMシンボルの数は14である。第7のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルは、スロット内において1、3、5、7、9、11、および、13番目のOFDMシンボルの一部または全部を少なくとも含んでもよい。第7のPUCCHフォーマットにおいて、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルは、スロット内において2、4、6、8、10、12、および、14番目のOFDMシンボルの一部または全部を少なくとも含んでもよい。
[0096]
 第7のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHがマップされるOFDMシンボルは、2、4、6、8、10、12、および、14番目のOFDMシンボルの一部または全部を少なくとも含んでもよい。第7のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルは、スロット内において1、3、5、7、9、11、および、13番目のOFDMシンボルの一部または全部を少なくとも含んでもよい。第7のPUCCHフォーマットにおいて、該PUCCHは奇数番目のOFDMシンボルにマップされてもよい。第7のPUCCHフォーマットにおいて、該PUCCHに関連する該DMRSは、偶数番目のOFDMシンボルにマップされてもよい。
[0097]
 図11において、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,1=7である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2=0である。また、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1=7である。また、第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2=0である。また、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1=14である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2=0である。
[0098]
 図12は、本実施形態の一態様に係る周波数ホッピングが適用される場合の第7のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。図12において、スロットに含まれるOFDMシンボルの数は14である。周波数ホッピングが適用される場合のPUCCHがマップされるOFDMシンボルの番号は、周波数ホッピングが適用されない場合のPUCCHがマップされるOFDMシンボルの番号と同じであってもよい。周波数ホッピングが適用される場合の、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの番号は、周波数ホッピングが適用されない場合の、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの番号と同じであってもよい。
[0099]
 図12において、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,1=4である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2=3である。また、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1=3である。また、第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2=4である。また、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1=7である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2=7である。
[0100]
 図13は、本実施形態の一態様に係る周波数ホッピングが適用される場合の第7のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。図13において、スロットに含まれるOFDMシンボルの数は14である。図13において、PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数は、10である。PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数がスロットに含まれるOFDMシンボルの数より少ない場合において、該PUCCHがマップされるOFDMシンボルは、該PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数がスロットに含まれるOFDMシンボルの数と等しい場合に該PUCCHがマップされるOFDMシンボルのサブセットにより与えられてもよい。
[0101]
 図13において、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,1=3である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2=2である。また、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1=2である。また、第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2=3である。また、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1=5である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2=5である。
[0102]
 図14は、本実施形態の一態様に係る周波数ホッピングが適用される場合の第7のPUCCHフォーマットの構成例を示す図である。図14において、スロットに含まれるOFDMシンボルの数は14である。PUCCHは、複数のスロットにマップされてもよい。スロット#1のPUCCHがマップされるOFDMシンボルが第1の周波数単位に含まれ、スロット#2のPUCCHがマップされるOFDMシンボルが第2の周波数単位に含まれてもよい。このように、第1のスロットのPUCCHがマップされるOFDMシンボルが第1の周波数単位に含まれ、第2のスロットのPUCCHがマップされるOFDMシンボルが第2の周波数単位に含まれるような周波数ホッピングは、スロット間ホッピング(inter-slot hopping)とも呼称される。第1のPUCCHフォーマットは、スロット間ホッピングが適用されるPUCCHフォーマットである。一方、PUCCHがマップされるOFDMシンボルの全てが1つのスロットに含まれるような周波数ホッピングはスロット内ホッピング(intra-slot hopping)とも呼称される。第2のPUCCHフォーマットから第8のPUCCHフォーマットは、スロット内ホッピングが適用されてもよい。
[0103]
 図14において、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,1=7である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2=7である。また、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1=7である。また、第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2=7である。また、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1=14である。また、第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2=14である。
[0104]
 第7のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数は、上位層のパラメータ、および/または、DCIに少なくとも基づき与えられてもよい。該上位層のパラメータは、スロットフォーマットに関する設定を含んでもよい。該スロットフォーマットに関する設定は、スロットのDL/UL設定を少なくとも示してもよい。該DCIは、Group common PDCCHで送信されてもよい。該DCIは、スロットフォーマットに関連する設定を含んでもよい。
[0105]
 第7のPUCCHフォーマットにおいて周波数ホッピングが適用されるか否かは上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数が所定の値未満である場合、第7のPUCCHフォーマットにおいて周波数ホッピングが適用されるか否かは上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数が所定の値以上である場合、第7のPUCCHフォーマットにおいて周波数ホッピングは常に適用されてもよい。
[0106]
 PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数が所定の値未満である場合、第7のPUCCHフォーマットにおいて周波数ホッピングは常に適用されなくてもよい。PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数が所定の値以上である場合、第7のPUCCHフォーマットにおいて周波数ホッピングが適用されるか否かは上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0107]
 第8のPUCCHフォーマットは、3ビット以上のUCIを少なくとも送信するために用いられてもよい。
[0108]
 第8のPUCCHフォーマットにおいて周波数ホッピングが適用されるか否かは上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数が所定の値未満である場合、第8のPUCCHフォーマットにおいて周波数ホッピングが適用されるか否かは上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数が所定の値以上である場合、第8のPUCCHフォーマットにおいて周波数ホッピングは常に適用されてもよい。
[0109]
 PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数が所定の値未満である場合、第8のPUCCHフォーマットにおいて周波数ホッピングは常に適用されなくてもよい。PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数が所定の値以上である場合、第8のPUCCHフォーマットにおいて周波数ホッピングが適用されるか否かは上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0110]
 以下、上りリンクの送信電力制御について説明する。
[0111]
 サービングセルcのために、スロットiのPUCCHの送信電力P PUCCH(i)は下記の数式(1)に基づき与えられてもよい。PUCCHが1つのサブフレームにマップされる場合(例えば第1のPUCCHフォーマットが用いられる場合)、スロットiはサブフレームiに読み替えられてもよい。数式(1)に含まれる要素のそれぞれは、デシベル形式で表現される。
[数1]


[0112]
 つまり、サービングセルcのために、スロットiのPUCCHの送信電力P PUCCH(i)は、要素Aから要素Jの一部または全部に少なくとも基づき与えられてもよい。
要素A:サービングセルcのスロットiにおいて設定される最大送信電力P MAX,c
要素B:上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられるP0_PUCCH
要素C:パスロスの推定値に基づく電力補正値PL
要素D:PUCCHで送信されるUCIのビット数に関連する電力オフセットパラメータh(n CSI,n HARQ,n SR
要素E:PUCCHの帯域幅を示すパラメータM PUCCH,c
要素F:変調方式/符号化率/リソース利用効率等によるオフセット値Δ TF,c(i)要素G:Δ F_PUCCH(F)
要素H:Δ TxD(F TxD
要素I:g(i)
要素J:パラメータΔ
[0113]
 ここで、要素Jは要素Aから要素Iの少なくとも一部に含まれてもよい。
[0114]
 P MAX,cは、サービングセルcのスロットiにおいて設定される最大送信電力である。P MAX,cは、P CMAX,cと等しくてもよい。P CMAX,cは、サービングセルcのスロットiにおいて設定される端末装置1の最大送信電力であってもよい。LTEとNRのDual connectivityにおいて、P MAX,cは、P CMAX,c×P NRに少なくとも基づき与えられてもよい。P NRは、最大送信電力の縮減のために用いられるパラメータであってもよい。P NRは、LTEのための送信電力を確保するために用いられるパラメータであってもよい。
[0115]
 P 0_PUCCHは、上位層の信号に少なくとも基づき与えられる電力オフセット値である。
[0116]
 PL は、サービングセルcにおける下りリンクのパスロス(Path loss)の推定値であってもよい。該パスロスの推定値は、SS/PBCHブロック、および/または、CSI-RSに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0117]
 h(n CSI,n HARQ,n SR)は、PUCCHで送信されるUCIのビット数に関連する電力オフセットパラメータである。以下、h(n CSI,n HARQ,n SR)は、h UCIとも呼称される。h UCIは、PUCCHフォーマットごとに異なる方法により与えられてもよいが、該PUCCHフォーマットに周波数ホッピングが適用されるか否かに関わらず与えられてもよい。
[0118]
 第1のPUCCHフォーマットにおいて、h UCI=0である。端末装置1に対して複数のサービングセルが設定され、第1のPUCCHフォーマットに対してチャネル選択が設定される場合、h UCI=(n HARQ-1)/2である。n CSIは、PUCCHに含まれて送信されるCSIのビット数である。n HARQは、PUCCHに含まれて送信されるHARQ-ACKのビット数である。n RIは、PUCCHに含まれて送信されるRIのビット数である。
[0119]
 M PUCCH,cは、PUCCHの帯域幅を示すパラメータであり、リソースブロックの数によって表現されてもよい。第1のPUCCHフォーマットにおいて、M PUCCH,cは1である。少なくとも第6のPUCCHフォーマットにおいて、PUCCHの帯域幅は上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。PUCCHフォーマットに周波数ホッピングが適用される場合、PUCCHの帯域幅は、第1の周波数単位においてマップされるPUCCHの帯域幅であってもよい。PUCCHフォーマットに周波数ホッピングが適用される場合、PUCCHの帯域幅は、第2の周波数単位においてマップされるPUCCHの帯域幅であってもよい。
[0120]
 PUCCHフォーマットのマッピングが櫛形マッピングである場合、M PUCCH,cは、PUCCH、および/または、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるサブキャリアの総数に基づき与えられてもよい。例えば、図9(b)において、PUCCHがマップされるサブキャリアの総数は12であるため、M PUCCH,cは1であってもよい。PUCCHフォーマットに櫛形マッピングが適用される場合、PUCCHの送信電力決定においてM PUCCH,cは用いられなくてもよい。
[0121]
 Δ TF,c(i)は、変調方式/符号化率/リソース利用効率等によるオフセット値を示す。端末装置1は、PUCCHで送信されるUCIのビット数、および、PUCCH送信に対するリソースエレメントの数などに基づいてΔ TF,c(i)を計算する。
[0122]
 Δ F_PUCCH(F)は、上位層のパラメータにより与えられる。Fは、PUCCHフォーマットを識別するために用いられる値である。つまり、Δ F_PUCCH(F)はPUCCHフォーマットに少なくとも基づき与えられる。Δ F_PUCCH(F)は、PUCCHフォーマットに少なくとも基づき与えられるが、該PUCCHフォーマットに周波数ホッピングが適用されるか否かに関わらず与えられてもよい。
[0123]
 Δ TxD(F TxD)は、上位層のパラメータにより与えられる。F TxDは、PUCCHフォーマットを識別するために用いられる値である。Δ TxD(F TxD)は、PUCCHのための送信ダイバーシチが設定される場合に、上位層のパラメータにより与えられ、PUCCHのための送信ダイバーシチが設定されない場合に0である。PUCCHのための送信ダイバーシチが設定される場合に、Δ TxD(F TxD)は、PUCCHフォーマットごとに上位層のパラメータより設定される値である。
[0124]
 端末装置1は、数式(2)に基づいて、g(i)の値をセットしてもよい。
[数2]


[0125]
 ここで、δ PUCCHは、補正値(a correction value)であり、TPCコマンドと呼称される。すなわち、δ PUCCH(i-K PUCCH)は、g(i-1)に累積される値を示している。また、δ PUCCH(i-K PUCCH)は、あるスロット(i-K PUCCH)で受信した、あるセルに対する下りリンクグラントおよびPUCCHに対するDCIフォーマット3/3Aに含まれるPUCCHに対するTPCコマンドのフィールドにセットされた値に基づいて指示されてもよい。K PUCCHは、あらかじめ定義される値であってもよい。
[0126]
 例えば、下りリンクグラントおよびPUCCHに対するDCIフォーマット3に含まれるPUCCHに対するTPCコマンドのフィールド(2ビットの情報フィールド)がセットされる値は、累積される補正値{-1、0、1、3}にマップされる。例えば、PUCCHに対するDCIフォーマット3Aに含まれるPUCCHに対するTPCコマンドのフィールド(1ビットの情報フィールド)がセットされる値は、累積される補正値{-1、1}にマップされる。
[0127]
 パラメータΔ は、以下の要素1から要素9の一部または全部に少なくとも基づき与えられる。
要素1:PUCCHフォーマットに周波数ホッピングが適用されるか否か
要素2:PUCCHフォーマットに分散的リソース割り当てが適用されるか否か
要素3:PUCCHフォーマットに櫛形マッピングが適用されるか否か
要素4:PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH
要素5:PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS
要素6:PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの総数N PUCCH_DMRS
要素7:第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルのうち、第1の周波数単位に含まれるOFDMシンボルの数N PUCCH,1と第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH,2の差N diff_PUCCH=N PUCCH,1-N PUCCH,2
要素8:第1の周波数単位に含まれるDMRSに関連するがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,1と第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N DMRS,2の差N diff_DMRS=N DMRS,1-N DMRS,2要素9:第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,1と第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N PUCCH_DMRS,2の差N diff_PUCCH_DMRS=N PUCCH_DMRS,1-N PUCCH_DMRS,2
[0128]
 要素7、8、および、要素9において、該DMRSは、該PUCCHに関連するDMRSを少なくとも含んでもよい。
[0129]
 パラメータΔ はPUCCHフォーマットXに周波数ホッピングが適用されて送信される場合に第1の値であってもよい。該第1の値は、0、または、0より小さい値であってもよい。該第1の値は、上位層のパラメータに基づいて、0と0より小さい値のセットの中から選択されてもよい。パラメータΔ はPUCCHフォーマットXに周波数ホッピングが適用されないで送信される場合に所定の値(例えば、0)であってもよい。該所定の値は、該第1の値より大きい値、または、該第1の値と同じ値であってもよい。
[0130]
 パラメータΔ はPUCCHフォーマットYに周波数ホッピングが適用されて送信される場合に第2の値であってもよい。該第2の値は、0、または、0より小さい値であってもよい。該第2の値は、上位層のパラメータに基づいて、0と0より小さい値のセットの中から選択されてもよい。パラメータΔ はPUCCHフォーマットYに周波数ホッピングが適用されないで送信される場合に所定の値(例えば、0)であってもよい。該所定の値は、該第2の値より大きい値、または、該第2の値と同じ値であってもよい。
[0131]
 図15は、本実施形態の一態様に係るパラメータΔ の設定例を示す図である。図15(a)は、パラメータΔ の設定例を示す図である。図15(a)に示されるように、PUCCHフォーマットXの送信に対して周波数ホッピングが有効である場合に、パラメータΔ は該第1の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットXの送信に対して周波数ホッピングが無効である場合に、パラメータΔ は該所定の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットYの送信に対して周波数ホッピングが有効である場合に、パラメータΔ は該第2の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットYの送信に対して周波数ホッピングが無効である場合に、パラメータΔ は該所定の値であってもよい。PUCCHフォーマットの送信に対して周波数ホッピングが有効であることは、PUCCHフォーマットに周波数ホッピングが適用されて送信されることを示す。PUCCHフォーマットの送信に対して周波数ホッピングが無効であることは、PUCCHフォーマットに周波数ホッピングが適用されないで送信されることを示す。
[0132]
 ここで、いずれのPUCCHフォーマットが送信されるかは、第1の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。ままた、PUCCHフォーマットの送信に対して周波数ホッピングが有効であるか無効であるかは、第2の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、パラメータΔ のための第1の値は、第3の上位層のパラメータに基づいて与えられてもよい。また、パラメータΔ のための第2の値は、第4の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0133]
 パラメータΔ はPUCCHフォーマットXに周波数ホッピングが適用されないで送信される場合に第3の値であってもよい。該第3の値は、0または、0より大きい値であってもよい。該第3の値は、上位層のパラメータに基づいて、0と0より大きい値のセットの中から選択されてもよい。パラメータΔ はPUCCHフォーマットXに周波数ホッピングが適用されて送信される場合に所定の値(例えば、0)であってもよい。該所定の値は、該第3の値より小さい値、または、該第3の値と同じ値であってもよい。
[0134]
 パラメータΔ はPUCCHフォーマットYに周波数ホッピングが適用されないで送信される場合に第4の値であってもよい。該第4の値は、0、または、0より大きい値であってもよい。該第4の値は、上位層のパラメータに基づいて、0と0より大きい値のセットの中から選択されてもよい。パラメータΔ はPUCCHフォーマットYに周波数ホッピングが適用されて送信される場合に所定の値(例えば、0)であってもよい。該所定の値は、該第2の値より小さい値、または、該第4の値と同じ値であってもよい。
[0135]
 図15(b)は、パラメータΔ の設定例を示す図である。図15(b)に示されるように、PUCCHフォーマットXの送信に対して周波数ホッピングが有効である場合に、パラメータΔ は該所定の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットXの送信に対して周波数ホッピングが無効である場合に、パラメータΔ は該第3の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットYの送信に対して周波数ホッピングが有効である場合に、パラメータΔ は該所定の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットYの送信に対して周波数ホッピングが無効である場合に、パラメータΔ は該第4の値であってもよい。
[0136]
 ここで、いずれのPUCCHフォーマットが送信されるかは、第5の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、PUCCHフォーマットの送信に対して周波数ホッピングが有効であるか無効であるかは、第6の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、パラメータΔ のための第3の値は第7の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、パラメータΔ のための第4の値は、第8の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0137]
 パラメータΔ は、PUCCHフォーマットXに分散的リソース割り当てが適用されて送信される場合に第5の値であってもよい。該第5の値は、0、または、0より小さい値であってもよい。該第5の値は、0と0より小さい値のセットの中から選択されてもよい。パラメータΔ はPUCCHフォーマットXに連続的リソース割り当てが適用されて送信される場合に所定の値(例えば、0)であってもよい。該所定の値は、該第5の値より大きい値、または、該第5の値と同じ値であってもよい。
[0138]
 パラメータΔ はPUCCHフォーマットYに分散的リソース割り当てが適用されて送信される場合に第6の値であってもよい。該第6の値は、0、または、0より小さい値であってもよい。該第6の値は、0と0より小さい値のセットの中から選択されてもよい。パラメータΔ はPUCCHフォーマットYに連続的リソース割り当てが適用されて送信される場合に所定の値(例えば、0)であってもよい。該所定の値は、該第6の値より大きい値、または、該第6の値と同じ値であってもよい。
[0139]
 図16は、本実施形態の一態様に係るパラメータΔ の設定例を示す図である。図16(a)は、パラメータΔ の設定例を示す図である。図16(a)に示されるように、PUCCHフォーマットXの送信に対して分散的リソース割り当てが設定される場合に、パラメータΔ は該第5の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットXの送信に対して連続的リソース割り当てが設定される場合に、パラメータΔ は該所定の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットYの送信に対して分散的リソース割り当てが設定される場合に、パラメータΔ は該第6の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットYの送信に対して連続的リソース割り当てが設定される場合に、パラメータΔ は該所定の値であってもよい。
[0140]
 ここで、いずれのPUCCHフォーマットが送信されるかは、第9の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、PUCCHフォーマットの送信に対して連続的リソース割り当てが適用されるか分散的リソース割り当てが適用されるかは、第10の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、パラメータΔ のための第5の値は第11の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、パラメータΔ のための第6の値は、第12の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0141]
 パラメータΔ はPUCCHフォーマットXに連続的リソース割り当てが適用されて送信される場合に第7の値であってもよい。該第7の値は、0、または、0より大きい値であってもよい。該第7の値は、上位層のパラメータに基づいて、0と0より大きい値のセットの中から選択されてもよい。パラメータΔ はPUCCHフォーマットXに分散的リソース割り当てが適用されて送信される場合に所定の値(例えば、0)であってもよい。該所定の値は、該第7の値より小さい値、または、該第7の値と同じ値であってもよい。
[0142]
 パラメータΔ はPUCCHフォーマットYに連続的リソース割り当てが適用されて送信される場合に第8の値であってもよい。該第8の値は、0、または、0より大きい値であってもよい。該第8の値は、上位層のパラメータに基づいて、0と0より大きい値のセットの中から選択されてもよい。パラメータΔ はPUCCHフォーマットYに周波数ホッピングが適用されて送信される場合に所定の値(例えば、0)であってもよい。該所定の値は、該第8の値より小さい値、または、該第8の値と同じ値であってもよい。
[0143]
 図16(b)は、パラメータΔ の設定例を示す図である。図16(b)に示されるように、PUCCHフォーマットXの送信に対して分散的リソース割り当てが適用される場合に、パラメータΔ は該所定の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットXの送信に対して連続的リソース割り当てが適用される場合に、パラメータΔ は該第7の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットYの送信に対して分散的リソース割り当てが適用される場合に、パラメータΔ は該所定の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットYの送信に対して連続的リソース割り当てが適用される場合に、パラメータΔ は該第8の値であってもよい。
[0144]
 ここで、いずれのPUCCHフォーマットが送信されるかは、第13の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、PUCCHフォーマットの送信に対して連続的リソース割り当てが適用されるか分散的リソース割り当てが適用されるかは、第14の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、パラメータΔ のための第7の値は、第15の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、第8の値は、第16の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0145]
 パラメータΔ は、PUCCHフォーマットXに櫛形マッピングが適用されて送信される場合に第9の値であってもよい。該第9の値は、0、または、0より小さい値であってもよい。該第9の値は、上位層のパラメータに基づいて、0と0より小さい値のセットの中から選択されてもよい。パラメータΔ はPUCCHフォーマットXに連続マッピングが適用されて送信される場合に所定の値(例えば、0)であってもよい。該所定の値は、該第9の値より大きい値、または、該第9の値と同じ値であってもよい。
[0146]
 パラメータΔ はPUCCHフォーマットYに櫛形マッピングが適用されて送信される場合に第10の値であってもよい。該第10の値は、0、または、0より小さい値であってもよい。該第10の値は、上位層のパラメータに基づいて、0と0より小さい値のセットの中か選択されてもよい。パラメータΔ はPUCCHフォーマットYに連続マッピングが適用されて送信される場合に所定の値(例えば、0)であってもよい。該所定の値は、該第10の値より大きい値、または、該第10の値と同じ値であってもよい。
[0147]
 図17は、本実施形態の一態様に係るパラメータΔ の設定例を示す図である。図17(a)は、パラメータΔ の設定例を示す図である。図17(a)に示されるように、PUCCHフォーマットXの送信に対して櫛形マッピングが設定される場合に、パラメータΔ は該第9の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットXの送信に対して連続マッピングが設定される場合に、パラメータΔ は該所定の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットYの送信に対して櫛形マッピングが設定される場合に、パラメータΔ は該第10の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットYの送信に対して連続マッピングが設定される場合に、パラメータΔ は該所定の値であってもよい。
[0148]
 ここで、いずれのPUCCHフォーマットが送信されるかは、第17の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、PUCCHフォーマットの送信に対して連続マッピングが適用されるか櫛形マッピングが適用されるかは、第18の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、パラメータΔ のための第9の値は、第19の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、第10の値は、第20の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0149]
 パラメータΔ はPUCCHフォーマットXに連続マッピングが適用されて送信される場合に第11の値であってもよい。該第11の値は、0、または、0より大きい値であってもよい。該第11の値は、上位層のパラメータに基づいて、0と0より大きい値のセットの中から選択されてもよい。パラメータΔ はPUCCHフォーマットXに櫛形マッピングが適用されて送信される場合に所定の値(例えば、0)であってもよい。該所定の値は、該第11の値より小さい値、または、該第11の値と同じ値であってもよい。
[0150]
 パラメータΔ はPUCCHフォーマットYに連続マッピングが適用されて送信される場合に第12の値であってもよい。該第12の値は、0、または、0より大きい値であってもよい。該第11の値は、上位層のパラメータに基づいて、0と0より大きい値のセットの中から選択されてもよい。パラメータΔ はPUCCHフォーマットYに周波数ホッピングが適用されて送信される場合に所定の値(例えば、0)であってもよい。該所定の値は、該第12の値より小さい値、または、該第12の値と同じ値であってもよい。
[0151]
 図17(b)は、パラメータΔ の設定例を示す図である。図17(b)に示されるように、PUCCHフォーマットXの送信に対して櫛形マッピングが適用される場合に、パラメータΔ は該所定の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットXの送信に対して連続マッピングが適用される場合に、パラメータΔ は該第11の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットYの送信に対して櫛形マッピングが適用される場合に、パラメータΔ は該所定の値であってもよい。また、PUCCHフォーマットYの送信に対して連続マッピングが適用される場合に、パラメータΔ は該第12の値であってもよい。
[0152]
 ここで、いずれのPUCCHフォーマットが送信されるかは、第21の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、PUCCHフォーマットの送信に対して連続マッピングが適用されるか櫛形マッピングが適用されるかは、第22の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、パラメータΔ のための第11の値は、第23の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。また、第12の値は、第24の上位層のパラメータに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0153]
 パラメータΔxは、PUCCHフォーマットに適用される周波数ホッピングがスロット内ホッピングかスロット間ホッピングかに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0154]
 PUCCHフォーマットに周波数ホッピングが適用されるか否かは、該PUCCHフォーマットの種類、該PUCCHフォーマットに含まれるOFDMシンボルの数、該PUCCHフォーマットが送信されるサービングセルの周波数帯域幅、該PUCCHフォーマットが送信されるBWPの周波数帯域幅、該PUCCHフォーマットが送信されるBWPのインデックス、および、該PUCCHフォーマットの送信のトリガに少なくとも用いられる下りリンクグラントの一部または全部に少なくとも基づき与えられてもよい。
[0155]
 PUCCHフォーマットに連続的リソース割り当てが適用されるか分散的リソース割り当てが適用されるかは、該PUCCHフォーマットの種類、該PUCCHフォーマットに含まれるOFDMシンボルの数、該PUCCHフォーマットが送信されるサービングセルの周波数帯域幅、該PUCCHフォーマットが送信されるBWPの周波数帯域幅、該PUCCHフォーマットが送信されるBWPのインデックス、および、該PUCCHフォーマットの送信のトリガに少なくとも用いられる下りリンクグラントの一部または全部に少なくとも基づき与えられてもよい。
[0156]
 PUCCHフォーマットに連続マッピングが適用されるか櫛形マッピングが適用されるかは、該PUCCHフォーマットの種類、該PUCCHフォーマットに含まれるOFDMシンボルの数、該PUCCHフォーマットが送信されるサービングセルの周波数帯域幅、該PUCCHフォーマットが送信されるBWPの周波数帯域幅、該PUCCHフォーマットが送信されるBWPのインデックス、および、該PUCCHフォーマットの送信のトリガに少なくとも用いられる下りリンクグラントの一部または全部に少なくとも基づき与えられてもよい。
[0157]
 PUCCHフォーマットXの送信に対して、Δ の値は、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N X_DMRSに少なくとも基づき与えられてもよい。該DMRSは、該PUCCHに関連するDMRSであってもよい。
[0158]
 PUCCHフォーマットXの送信に対して周波数ホッピングが適用される場合、Δ の値は、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N X_DMRS,1と第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N X_DMRS,2の差N X_diff_DMRS=N X_DMRS,1-N X_DMRS,2に少なくとも基づき与えられてもよい。該DMRSは、該PUCCHに関連するDMRSであってもよい。PUCCHフォーマットXの送信に対して周波数ホッピングが適用される場合、N X_diff_DMRSが0である場合のΔ の値は、N X_diff_DMRSが0ではない場合のΔ の値と異なってもよい。Δ の値は、N X_diff_DMRSの値に対して個別に、上位層のパラメータより与えられてもよい。Δ の値は、N X_diff_DMRSが0であるか否かに少なくとも基づき与えられてもよい。N X_diff_DMRSは、PUCCHフォーマットXに含まれる該DMRSがマップされるOFDMシンボルの数に少なくとも基づき与えられてもよい。
[0159]
 PUCCHフォーマットYの送信に対して、Δ の値は、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N Y_DMRSに少なくとも基づき与えられてもよい。該DMRSは、該PUCCHに関連するDMRSであってもよい。
[0160]
 PUCCHフォーマットYの送信に対して周波数ホッピングが適用される場合、Δ の値は、第1の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N Y_DMRS,1と第2の周波数単位に含まれるDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N Y_DMRS,2の差N Y_diff_DMRS=N Y_DMRS,1-N Y_DMRS,2に少なくとも基づき与えられてもよい。該DMRSは、該PUCCHに関連するDMRSであってもよい。PUCCHフォーマットYの送信に対して周波数ホッピングが適用される場合、N Y_diff_DMRSが0である場合のΔ の値は、N Y_diff_DMRSが0ではない場合のΔ の値と異なってもよい。Δ の値は、N Y_diff_DMRSの値に対して個別に、上位層のパラメータより与えられてもよい。Δ の値は、N Y_diff_DMRSが0であるか否かに少なくとも基づき与えられてもよい。N Y_diff_DMRSは、PUCCHフォーマットYに含まれる該DMRSがマップされるOFDMシンボルの数に少なくとも基づき与えられてもよい。
[0161]
 PUCCHフォーマットXの送信に対して、Δ の値は、PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N X_PUCCHに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0162]
 PUCCHフォーマットXの送信に対して周波数ホッピングが適用される場合、Δ の値は、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N X_PUCCH,1と第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N X_PUCCH,2の差N X_diff_PUCCH=N X_PUCCH,1-N X_PUCCH,2に少なくとも基づき与えられてもよい。PUCCHフォーマットXの送信に対して周波数ホッピングが適用される場合、N X_diff_PUCCHが0である場合のΔ の値は、N X_diff_PUCCHが0ではない場合のΔ の値と異なってもよい。Δ の値は、N X_diff_PUCCHの値に対して個別に、上位層のパラメータより与えられてもよい。Δ の値は、N X_diff_PUCCHが0であるか否かに少なくとも基づき与えられてもよい。N X_diff_PUCCHは、PUCCHフォーマットXに含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数に少なくとも基づき与えられてもよい。
[0163]
 PUCCHフォーマットYの送信に対して、Δ の値は、PUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N Y_PUCCHに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0164]
 PUCCHフォーマットYの送信に対して周波数ホッピングが適用される場合、Δ の値は、第1の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N Y_PUCCH,1と第2の周波数単位に含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数N Y_PUCCH,2の差N Y_diff_PUCCH=N Y_PUCCH,1-N Y_PUCCH,2に少なくとも基づき与えられてもよい。PUCCHフォーマットYの送信に対して周波数ホッピングが適用される場合、N Y_diff_PUCCHが0である場合のΔ の値は、N Y_diff_PUCCHが0ではない場合のΔ の値と異なってもよい。Δ の値は、N Y_diff_PUCCHの値に対して個別に、上位層のパラメータより与えられてもよい。Δ の値は、N Y_diff_PUCCHが0であるか否かに少なくとも基づき与えられてもよい。N Y_diff_PUCCHは、PUCCHフォーマットYに含まれるPUCCHがマップされるOFDMシンボルの数に少なくとも基づき与えられてもよい。
[0165]
 PUCCHフォーマットXの送信に対して、Δ の値は、PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N X_PUCCH_DMRSに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0166]
 PUCCHフォーマットXの送信に対して周波数ホッピングが適用される場合、Δ の値は、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N X_PUCCH_DMRS,1と第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N X_PUCCH_DMRS,2の差N X_diff_PUCCH_DMRS=N X_PUCCH_DMRS,1-N X_PUCCH_DMRS,2に少なくとも基づき与えられてもよい。該DMRSは、該PUCCHに関連するDMRSであってもよい。PUCCHフォーマットXの送信に対して周波数ホッピングが適用される場合、N X_diff_PUCCH_DMRSが0である場合のΔ の値は、N X_diff_PUCCH_DMRSが0ではない場合のΔ の値と異なってもよい。Δ の値は、N X_diff_PUCCH_DMRSの値に対して個別に、上位層のパラメータより与えられてもよい。Δ の値は、N X_diff_PUCCH_DMRSが0であるか否かに少なくとも基づき与えられてもよい。N X_diff_PUCCH_DMRSは、PUCCHフォーマットXに含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数に少なくとも基づき与えられてもよい。
[0167]
 PUCCHフォーマットYの送信に対して、Δ の値は、PUCCH、および、該PUCCHに関連するDMRSがマップされるOFDMシンボルの数N Y_PUCCH_DMRSに少なくとも基づき与えられてもよい。
[0168]
 PUCCHフォーマットYの送信に対して周波数ホッピングが適用される場合、Δ の値は、第1の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N Y_PUCCH_DMRS,1と第2の周波数単位に含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数N Y_PUCCH_DMRS,2の差N Y_diff_PUCCH_DMRS=N Y_PUCCH_DMRS,1-N Y_PUCCH_DMRS,2に少なくとも基づき与えられてもよい。PUCCHフォーマットYの送信に対して周波数ホッピングが適用される場合、N Y_diff_PUCCH_DMRSが0である場合のΔ の値は、N Y_diff_PUCCH_DMRSが0ではない場合のΔ の値と異なってもよい。Δ の値は、N Y_diff_PUCCH_DMRSの値に対して個別に、上位層のパラメータより与えられてもよい。Δ の値は、N Y_diff_PUCCH_DMRSが0であるか否かに少なくとも基づき与えられてもよい。N Y_diff_PUCCH_DMRSは、PUCCHフォーマットYに含まれるPUCCH、および、DMRSがマップされるOFDMシンボルの数に少なくとも基づき与えられてもよい。
[0169]
 基地局装置3と端末装置1は、上位層(higher layer)において信号をやり取り(送受信)する。例えば、基地局装置3と端末装置1は、無線リソース制御(RRC: Radio Resource Control)層において、RRCシグナリング(RRC message: Radio Resource Control message、RRC information: Radio Resource Control informationとも称される)を送受信してもよい。また、基地局装置3と端末装置1は、MAC層において、MAC CE(Control Element)を送受信してもよい。ここで、RRCシグナリング、および/または、MAC CEは、上位層の信号(higher layer signaling)とも呼称される。
[0170]
 PUSCHおよびPDSCHは、RRCシグナリング、および/または、MAC CEを送信するために少なくとも用いられてよい。ここで、基地局装置3よりPDSCHで送信されるRRCシグナリングは、サービングセル内における複数の端末装置1に対して共通のシグナリングであってもよい。サービングセル内における複数の端末装置1に対して共通のシグナリングは、共通RRCシグナリングとも呼称される。基地局装置3からPDSCHで送信されるRRCシグナリングは、ある端末装置1に対して専用のシグナリング(dedicated signalingまたはUE specific signalingとも呼称される)であってもよい。端末装置1に対して専用のシグナリングは、専用RRCシグナリングとも呼称される。サービングセルにおいて固有な上位層のパラメータは、サービングセル内における複数の端末装置1に対して共通のシグナリング、または、ある端末装置1に対して専用のシグナリングを用いて送信されてもよい。UE固有な上位層のパラメータは、ある端末装置1に対して専用のシグナリングを用いて送信されてもよい。専用RRCシグナリングを含むPDSCHは、第1の制御リソースセット内のPDCCHによってスケジュールされてもよい。
[0171]
 BCCH(Broadcast Control CHannel)、CCCH(Common Control CHannel)、および、DCCH(Dedicated Control CHannel)は、ロジカルチャネルである。例えば、BCCHは、MIBを送信するために用いられる上位層のチャネルである。また、CCCH(Common Control Channel)は、複数の端末装置1において共通な情報を送信するために用いられる上位層のチャネルである。ここで、CCCHは、例えば、RRC接続されていない端末装置1のために用いられる。また、DCCH(Dedicated Control Channel)は、端末装置1に個別の制御情報(dedicated control information)を送信するために用いられる上位層のチャネルである。ここで、DCCHは、例えば、RRC接続されている端末装置1のために用いられる。
[0172]
 ロジカルチャネルにおけるBCCHは、トランスポートチャネルにおいてBCH、DL-SCH、または、UL-SCHにマップされてもよい。ロジカルチャネルにおけるCCCHは、トランスポートチャネルにおいてDL-SCHまたはUL-SCHにマップされてもよい。ロジカルチャネルにおけるDCCHは、トランスポートチャネルにおいてDL-SCHまたはUL-SCHにマップされてもよい。
[0173]
 トランスポートチャネルにおけるUL-SCHは、物理チャネルにおいてPUSCHにマップされる。トランスポートチャネルにおけるDL-SCHは、物理チャネルにおいてPDSCHにマップされる。トランスポートチャネルにおけるBCHは、物理チャネルにおいてPBCHにマップされる。
[0174]
 以下、本実施形態の一態様に係る端末装置1の構成例を説明する。
[0175]
 図18は、本実施形態の一態様に係る端末装置1の構成を示す概略ブロック図である。図示するように、端末装置1は、無線送受信部10、および、上位層処理部14を含んで構成される。無線送受信部10は、アンテナ部11、RF(Radio Frequency)部12、および、ベースバンド部13の一部または全部を少なくとも含んで構成される。上位層処理部14は、媒体アクセス制御層処理部15、および、無線リソース制御層処理部16の一部または全部を少なくとも含んで構成される。無線送受信部10を送信部、受信部、または、物理層処理部とも称する。
[0176]
 上位層処理部14は、ユーザーの操作等により生成された上りリンクデータ(トランスポートブロック)を、無線送受信部10に出力する。上位層処理部14は、MAC層、パケットデータ統合プロトコル(PDCP:Packet Data Convergence Protocol)層、無線リンク制御(RLC:Radio Link Control)層、RRC層の処理を行なう。
[0177]
 上位層処理部14が備える媒体アクセス制御層処理部15は、MAC層の処理を行う。
[0178]
 上位層処理部14が備える無線リソース制御層処理部16は、RRC層の処理を行う。無線リソース制御層処理部16は、自装置の各種設定情報/パラメータの管理をする。無線リソース制御層処理部16は、基地局装置3から受信した上位層の信号に基づいて各種設定情報/パラメータをセットする。すなわち、無線リソース制御層処理部16は、基地局装置3から受信した各種設定情報/パラメータを示す情報に基づいて各種設定情報/パラメータをセットする。該パラメータは上位層のパラメータであってもよい。
[0179]
 無線送受信部10は、変調、復調、符号化、復号化などの物理層の処理を行う。無線送受信部10は、基地局装置3から受信した信号を、分離、復調、復号し、復号した情報を上位層処理部14に出力する。無線送受信部10は、データを変調、符号化、ベースバンド信号生成(時間連続信号への変換)することによって送信信号を生成し、基地局装置3に送信する。
[0180]
 RF部12は、アンテナ部11を介して受信した信号を、直交復調によりベースバンド信号に変換し(ダウンコンバート:down covert)、不要な周波数成分を除去する。RF部12は、処理をしたアナログ信号をベースバンド部に出力する。
[0181]
 ベースバンド部13は、RF部12から入力されたアナログ信号をディジタル信号に変換する。ベースバンド部13は、変換したディジタル信号からCP(Cyclic Prefix)に相当する部分を除去し、CPを除去した信号に対して高速フーリエ変換(FFT:Fast Fourier Transform)を行い、周波数領域の信号を抽出する。
[0182]
 ベースバンド部13は、データを逆高速フーリエ変換(IFFT:Inverse Fast Fourier Transform)して、OFDMシンボルを生成し、生成されたOFDMシンボルにCPを付加し、ベースバンドのディジタル信号を生成し、ベースバンドのディジタル信号をアナログ信号に変換する。ベースバンド部13は、変換したアナログ信号をRF部12に出力する。
[0183]
 RF部12は、ローパスフィルタを用いてベースバンド部13から入力されたアナログ信号から余分な周波数成分を除去し、アナログ信号を搬送波周波数にアップコンバート(up convert)し、アンテナ部11を介して送信する。また、RF部12は、電力を増幅する。また、RF部12は送信電力を制御する機能を備えてもよい。RF部12を送信電力制御部とも称する。
[0184]
 以下、本実施形態の一態様に係る基地局装置3の構成例を説明する。
[0185]
 図19は、本実施形態の一態様に係る基地局装置3の構成を示す概略ブロック図である。図示するように、基地局装置3は、無線送受信部30、および、上位層処理部34を含んで構成される。無線送受信部30は、アンテナ部31、RF部32、および、ベースバンド部33を含んで構成される。上位層処理部34は、媒体アクセス制御層処理部35、および、無線リソース制御層処理部36を含んで構成される。無線送受信部30を送信部、受信部、または、物理層処理部とも称する。
[0186]
 上位層処理部34は、MAC層、PDCP層、RLC層、RRC層の処理を行なう。
[0187]
 上位層処理部34が備える媒体アクセス制御層処理部35は、MAC層の処理を行う。
[0188]
 上位層処理部34が備える無線リソース制御層処理部36は、RRC層の処理を行う。無線リソース制御層処理部36は、PDSCHに配置される下りリンクデータ(トランスポートブロック)、システム情報、RRCメッセージ、MAC CEなどを生成し、又は上位ノードから取得し、無線送受信部30に出力する。また、無線リソース制御層処理部36は、端末装置1各々の各種設定情報/パラメータの管理をする。無線リソース制御層処理部36は、上位層の信号を介して端末装置1各々に対して各種設定情報/パラメータをセットしてもよい。すなわち、無線リソース制御層処理部36は、各種設定情報/パラメータを示す情報を送信/報知する。
[0189]
 無線送受信部30の機能は、無線送受信部10と同様であるため説明を省略する。
[0190]
 端末装置1が備える符号10から符号16が付された部のそれぞれは、回路として構成されてもよい。基地局装置3が備える符号30から符号36が付された部のそれぞれは、回路として構成されてもよい。
[0191]
 以下、本実施形態の一態様に係る種々の装置の態様を説明する。
[0192]
 (1)上記の目的を達成するために、本発明の態様は、以下のような手段を講じた。すなわち、本発明の第1の態様は、端末装置であって、第1のRRCシグナリングを受信する受信部と、PUCCHの送信電力を決定する制御部と、上りリンク制御情報を前記PUCCHで送信する送信部と、を備え、前記第1のRRCシグナリングは、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かを示す情報を含み、前記PUCCHの前記送信電力は、パラメータΔ に少なくとも基づき与えられ、前記パラメータΔ は、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かに少なくとも基づき与えられる。
[0193]
 (2)また、本発明の第1の態様において、前記パラメータΔ は、さらに、前記PUCCHのPUCCHフォーマットFに少なくとも基づいて与えられ、前記PUCCHフォーマットFは、2ビット以下の前記上りリンク制御情報を送信するために用いられる第1のPUCCHフォーマットと、3ビット以上の前記上りリンク制御情報を送信するために用いられる第2のPUCCHフォーマットとを少なくとも含む。
[0194]
 (3)また、本発明の第1の態様において、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用される場合、前記パラメータΔ は、第2のRRCシグナリングに少なくとも基づき与えられ、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されない場合、前記パラメータΔ は0である。
[0195]
 (4)また、本発明の第1の態様において、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用される場合、前記パラメータΔ は0であり、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されない場合、前記パラメータΔ は、第2のRRCシグナリングに少なくとも基づき与えられる。
[0196]
 (5)また、本発明の第2の態様は、基地局装置であって、第1のRRCシグナリングを送信する送信部と、PUCCHで送信される上りリンク制御情報を受信する受信部と、を備え、前記第1のRRCシグナリングは、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かを示す情報を含み、前記PUCCHの前記送信電力は、パラメータΔ に少なくとも基づき与えられ、前記パラメータΔ は、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かに少なくとも基づき与えられる。
[0197]
 (6)また、本発明の第2の態様において、前記パラメータΔ は、さらに、前記PUCCHのPUCCHフォーマットFに少なくとも基づいて与えられ、前記PUCCHフォーマットFは、2ビット以下の前記上りリンク制御情報を送信するために用いられる第1のPUCCHフォーマットと、3ビット以上の前記上りリンク制御情報を送信するために用いられる第2のPUCCHフォーマットとを少なくとも含む。
[0198]
 (7)また、本発明の第2の態様において、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用される場合、前記パラメータΔ は、第2のRRCシグナリングに少なくとも基づき与えられ、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されない場合、前記パラメータΔ は0である。
[0199]
 (8)また、本発明の第2の態様において、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用される場合、前記パラメータΔxは0であり、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されない場合、前記パラメータΔ は、第2のRRCシグナリングに少なくとも基づき与えられる。
[0200]
 本発明に関わる基地局装置3、および端末装置1で動作するプログラムは、本発明に関わる上記実施形態の機能を実現するように、CPU(Central Processing Unit)等を制御するプログラム(コンピュータを機能させるプログラム)であっても良い。そして、これら装置で取り扱われる情報は、その処理時に一時的にRAM(Random Access Memory)に蓄積され、その後、Flash ROM(Read Only Memory)などの各種ROMやHDD(Hard Disk Drive)に格納され、必要に応じてCPUによって読み出し、修正・書き込みが行われる。
[0201]
 尚、上述した実施形態における端末装置1、基地局装置3の一部、をコンピュータで実現するようにしても良い。その場合、この制御機能を実現するためのプログラムをコンピュータが読み取り可能な記録媒体に記録して、この記録媒体に記録されたプログラムをコンピュータシステムに読み込ませ、実行することによって実現しても良い。
[0202]
 尚、ここでいう「コンピュータシステム」とは、端末装置1、又は基地局装置3に内蔵されたコンピュータシステムであって、OSや周辺機器等のハードウェアを含むものとする。また、「コンピュータ読み取り可能な記録媒体」とは、フレキシブルディスク、光磁気ディスク、ROM、CD-ROM等の可搬媒体、コンピュータシステムに内蔵されるハードディスク等の記憶装置のことをいう。
[0203]
 さらに「コンピュータ読み取り可能な記録媒体」とは、インターネット等のネットワークや電話回線等の通信回線を介してプログラムを送信する場合の通信線のように、短時間、動的にプログラムを保持するもの、その場合のサーバやクライアントとなるコンピュータシステム内部の揮発性メモリのように、一定時間プログラムを保持しているものも含んでも良い。また上記プログラムは、前述した機能の一部を実現するためのものであっても良く、さらに前述した機能をコンピュータシステムにすでに記録されているプログラムとの組み合わせで実現できるものであっても良い。
[0204]
 また、上述した実施形態における基地局装置3は、複数の装置から構成される集合体(装置グループ)として実現することもできる。装置グループを構成する装置の各々は、上述した実施形態に関わる基地局装置3の各機能または各機能ブロックの一部、または、全部を備えてもよい。装置グループとして、基地局装置3の一通りの各機能または各機能ブロックを有していればよい。また、上述した実施形態に関わる端末装置1は、集合体としての基地局装置と通信することも可能である。
[0205]
 また、上述した実施形態における基地局装置3は、EUTRAN(Evolved Universal Terrestrial Radio Access Network)であってもよい。また、上述した実施形態における基地局装置3は、eNodeBに対する上位ノードの機能の一部または全部を有してもよい。
[0206]
 また、上述した実施形態における端末装置1、基地局装置3の一部、又は全部を典型的には集積回路であるLSIとして実現してもよいし、チップセットとして実現してもよい。端末装置1、基地局装置3の各機能ブロックは個別にチップ化してもよいし、一部、又は全部を集積してチップ化してもよい。また、集積回路化の手法はLSIに限らず専用回路、又は汎用プロセッサで実現しても良い。また、半導体技術の進歩によりLSIに代替する集積回路化の技術が出現した場合、当該技術による集積回路を用いることも可能である。
[0207]
 また、上述した実施形態では、通信装置の一例として端末装置を記載したが、本願発明は、これに限定されるものではなく、屋内外に設置される据え置き型、または非可動型の電子機器、たとえば、AV機器、キッチン機器、掃除・洗濯機器、空調機器、オフィス機器、自動販売機、その他生活機器などの端末装置もしくは通信装置にも適用出来る。
[0208]
 以上、この発明の実施形態に関して図面を参照して詳述してきたが、具体的な構成はこの実施形態に限られるものではなく、この発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等も含まれる。また、本発明は、請求項に示した範囲で種々の変更が可能であり、異なる実施形態にそれぞれ開示された技術的手段を適宜組み合わせて得られる実施形態についても本発明の技術的範囲に含まれる。また、上記各実施形態に記載された要素であり、同様の効果を奏する要素同士を置換した構成も含まれる。
(関連出願の相互参照)
 本出願は、2017年9月27日に出願された日本国特許出願:特願2017-186511に対して優先権の利益を主張するものであり、それを参照することにより、その内容の全てが本書に含まれる。

符号の説明

[0209]
1(1A、1B、1C) 端末装置
3 基地局装置
10、30 無線送受信部
11、31 アンテナ部
12、32 RF部
13、33 ベースバンド部
14、34 上位層処理部
15、35 媒体アクセス制御層処理部
16、36 無線リソース制御層処理部

請求の範囲

[請求項1]
 第1のRRCシグナリングを受信する受信部と、
 PUCCHの送信電力を決定する制御部と、
 上りリンク制御情報を前記PUCCHで送信する送信部と、を備え、
 前記第1のRRCシグナリングは、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かを示す情報を含み、
 前記PUCCHの前記送信電力は、パラメータΔ に少なくとも基づき与えられ、
 前記パラメータΔ は、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かに少なくとも基づき与えられる端末装置。
[請求項2]
 前記パラメータΔ は、さらに、前記PUCCHのPUCCHフォーマットFに少なくとも基づいて与えられ、
 前記PUCCHフォーマットFは、2ビット以下の前記上りリンク制御情報を送信するために用いられる第1のPUCCHフォーマットと、3ビット以上の前記上りリンク制御情報を送信するために用いられる第2のPUCCHフォーマットとを少なくとも含む請求項1に記載の端末装置。
[請求項3]
 前記PUCCHに周波数ホッピングが適用される場合、
 前記パラメータΔ は、第2のRRCシグナリングに少なくとも基づき与えられ、
 前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されない場合、
 前記パラメータΔ は0である請求項1に記載の端末装置。
[請求項4]
 前記PUCCHに周波数ホッピングが適用される場合、
 前記パラメータΔ は0であり、
 前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されない場合、
 前記パラメータΔ は、第2のRRCシグナリングに少なくとも基づき与えられる請求項1に記載の端末装置。
[請求項5]
 第1のRRCシグナリングを送信する送信部と、
 PUCCHで送信される上りリンク制御情報を受信する受信部と、を備え、
 前記第1のRRCシグナリングは、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かを示す情報を含み、
 前記PUCCHの送信電力は、パラメータΔ に少なくとも基づき与えられ、
 前記パラメータΔ は、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かに少なくとも基づき与えられる基地局装置。
[請求項6]
 前記パラメータΔ は、さらに、前記PUCCHのPUCCHフォーマットFに少なくとも基づいて与えられ、
 前記PUCCHフォーマットFは、2ビット以下の前記上りリンク制御情報を送信するために用いられる第1のPUCCHフォーマットと、3ビット以上の前記上りリンク制御情報を送信するために用いられる第2のPUCCHフォーマットとを少なくとも含む請求項5に記載の基地局装置。
[請求項7]
 前記PUCCHに周波数ホッピングが適用される場合、
 前記パラメータΔ は、第2のRRCシグナリングに少なくとも基づき与えられ、
 前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されない場合、
 前記パラメータΔ は0である請求項5に記載の基地局装置。
[請求項8]
 前記PUCCHに周波数ホッピングが適用される場合、
 前記パラメータΔ は0であり、
 前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されない場合、
 前記パラメータΔ は、第2のRRCシグナリングに少なくとも基づき与えられる請求項5に記載の基地局装置。
[請求項9]
 端末装置に用いられる通信方法であって、
 第1のRRCシグナリングを受信するステップと、
 PUCCHの送信電力を決定するステップと、
 上りリンク制御情報を前記PUCCHで送信するステップと、を備え、
 前記第1のRRCシグナリングは、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かを示す情報を含み、
 前記PUCCHの前記送信電力は、パラメータΔ に少なくとも基づき与えられ、
 前記パラメータΔ は、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かに少なくとも基づき与えられる通信方法。
[請求項10]
 基地局装置に用いられる通信方法であって、
 第1のRRCシグナリングを送信するステップと、
 PUCCHで送信される上りリンク制御情報を受信するステップと、を備え、
 前記第1のRRCシグナリングは、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かを示す情報を含み、
 前記PUCCHの送信電力は、パラメータΔ に少なくとも基づき与えられ、
 前記パラメータΔ は、前記PUCCHに周波数ホッピングが適用されるか否かに少なくとも基づき与えられる通信方法。

図面

[ 図 1]

[ 図 2]

[ 図 3]

[ 図 4]

[ 図 5]

[ 図 6]

[ 図 7]

[ 図 8]

[ 図 9]

[ 図 10]

[ 図 11]

[ 図 12]

[ 図 13]

[ 図 14]

[ 図 15]

[ 図 16]

[ 図 17]

[ 図 18]

[ 図 19]