Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (WO2019004014) COMPOSITION DE DÉTERGENT LIQUIDE POUR SURFACE RIGIDE
Document

明 細 書

発明の名称 硬質表面用液体洗浄剤組成物

技術分野

0001   0002   0003   0004   0005   0006   0007   0008   0009   0010   0011   0012   0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019   0020   0021   0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045   0046   0047   0048   0049   0050   0051   0052   0053   0054   0055   0056   0057   0058   0059   0060   0061   0062   0063   0064   0065   0066   0067   0068   0069   0070   0071   0072   0073   0074   0075   0076   0077   0078   0079   0080   0081   0082   0083   0084   0085   0086   0087   0088   0089   0090   0091   0092   0093   0094   0095   0096   0097   0098   0099   0100   0101   0102   0103   0104   0105   0106   0107   0108   0109   0110   0111   0112   0113   0114   0115   0116   0117   0118   0119   0120   0121   0122   0123   0124   0125   0126   0127   0128   0129   0130   0131   0132   0133   0134   0135   0136   0137   0138   0139   0140   0141   0142   0143   0144   0145   0146   0147   0148   0149   0150   0151   0152   0153   0154   0155   0156   0157   0158   0159   0160   0161   0162   0163   0164   0165   0166   0167   0168   0169   0170   0171   0172   0173   0174   0175   0176   0177   0178   0179   0180   0181   0182   0183   0184   0185   0186   0187   0188   0189   0190   0191   0192   0193   0194   0195   0196   0197   0198   0199   0200   0201   0202   0203   0204   0205   0206  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13  

明 細 書

発明の名称 : 硬質表面用液体洗浄剤組成物

技術分野

[0001]
 本発明は硬質表面用液体洗浄剤組成物及び硬質表面の洗浄方法に関する。
背景技術
[0002]
 一般に、レンジ、オーブン、レンジまわりの壁や床、換気扇といった台所まわりに用いられる台所まわり用洗浄剤や食品加工設備に用いる洗浄剤としては、熱、日光、空気中の酸素等の作用により変質した油汚れを除去するため、界面活性剤、溶剤及びアルカリ剤等を含む洗浄剤が用いられている。
[0003]
 例えば、特開2012-126883号公報には、調理油汚れに優れた洗浄力を有する硬質表面用の洗浄剤組成物として、(a)ポリアルキレングリコールのモノアルキルエーテル、(b)アミンオキサイド、(c)炭素数が8~18の脂肪酸及びその塩からなる群から選ばれる1種以上、並びに水を含有する、硬質表面用液体洗浄剤組成物が記載されている。
[0004]
 また、特開2003-119496号公報には、洗浄性、起泡性及び油分分離性に優れる洗浄剤組成物として、(A)炭素数が8~22の直鎖又は分岐鎖を有するモノアルキルアミン又はN-アルキルプロピレンジアミンのポリオキシエチレン付加物又はポリオキシエチレンポリオキシプロピレン付加物、及び炭素数が8~22の直鎖又は分岐鎖を有するモノアルキルアミドのポリオキシエチレン付加物からなる群より選択される少なくとも1種と、(B)炭素数8~22の直鎖又は分岐鎖を有するアルキルジメチルアミンオキサイド、炭素数6~22の直鎖又は分岐鎖を有するアルキルジ(アミノメチル)グリシン、直鎖ドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウム、及びラウリルジメチルアミノ酢酸ベダインからなる群より選択される少なくとも1種と、を含む、洗浄剤組成物が記載されている。
発明の概要
[0005]
 台所まわり用洗浄剤や食品加工設備に用いる洗浄剤としては、変性油を含む油汚れ、特に熱変性油を含む油汚れを除去することができる洗浄剤が望まれる。
[0006]
 本発明は、熱変性油などの変性油を含む油汚れの洗浄力(以下、単に洗浄力ともいう)に優れる、硬質表面用液体洗浄剤組成物及び、これを用いた硬質表面の洗浄方法に関する。
 本願明細書において、変性油とは、熱、日光、空気中の酸素等の作用により変質した油性分を含むものをいう。また熱変性油とは、熱により変性した油であり、熱により酸化した油成分を含むものをいう。
[0007]
 本発明は、(a1)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上12以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド(以下、(a1)成分という)、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン、及び水を含有する、硬質表面用液体洗浄剤組成物であって、
 前記アミン中、(b1)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が16以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン(以下、(b1)成分という)の含有量が50質量%以上である、硬質表面用液体洗浄剤組成物に関する。以下、本発明の第1の態様とする。
[0008]
 また本発明は、(A1)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上12以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド(以下、(A1)成分という)、(B1)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が16以上24以下であり、オキシエチレン基の平均付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン(以下、(B1)成分とう)、及び水を配合して得られる、硬質表面用液体洗浄剤組成物に関する。以下、本発明の第2の態様とする。
[0009]
 また本発明は、(a2)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が14以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド(以下、(a2)成分という)、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン、及び水を含有する、硬質表面用液体洗浄剤組成物であって、
 前記アミン中、(b2)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上14以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン(以下、(b2)成分という)の含有量が50質量%以上である、硬質表面用液体洗浄剤組成物に関する。以下、本発明の第3の態様とする。
[0010]
 また本発明は、(A2)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が14以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド(以下、(A2)成分という)、(B2)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上14以下であり、オキシエチレン基の平均付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン(以下、(B2)成分という)、及び水を配合して得られる、硬質表面用液体洗浄剤組成物に関する。以下、本発明の第4の態様とする。
[0011]
 また本発明は、上記硬質表面用液体洗浄剤組成物で、硬質表面に付着した変性油を含む油汚れを除去する硬質表面の洗浄方法に関する。
[0012]
 本発明によれば、熱変性油などの変性油を含む油汚れの洗浄力に優れる、硬質表面用液体洗浄剤組成物及び、これを用いて、硬質表面に付着した熱変性油などの変性油を含む油汚れを除去する硬質表面の洗浄方法を提供する。
発明を実施するための形態
[0013]
<硬質表面用液体洗浄剤組成物>
 熱変性油は、熱による油の酸化により油成分の一部が極性基に変化した油成分、2量化、3量化した油成分、また酸化反応が逐次的に進んだ高分子量の油成分を含んでいると考えられるため粘性が高く、この粘性の高い熱変性油を除去するには、この熱変性油に界面活性剤が浸透するとともに、界面活性剤により油を乳化あるいは可溶化させることが必要であると考えられる。
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物が、変性油、特に熱変性油を含む油汚れの洗浄力に優れる理由は必ずしも定かではないが、本発明の(a1)成分と(b1)成分の組み合わせ、及び(a2)成分と(b2)成分の組み合わせのいずれかを用いることで、界面活性剤が熱変性油に浸透し易くなり、効果的に熱変性油を乳化等させることができるため、高い洗浄効果が得られたものと推定される。
[0014]
<第1の態様>
 本発明の第1の態様は、(a1)成分、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン、及び水を含有する、硬質表面用液体洗浄剤組成物であって、
 前記アミン中、(b1)成分の含有量が50質量%以上である、硬質表面用液体洗浄剤組成物である。
[0015]
<(a1)成分>
 本発明の(a1)成分は、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上12以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイドである。
 (a1)成分は、洗浄力の観点から、炭素数10以上12以下のアルキル基を有するアミンオキサイドが好ましく、炭素数12のアルキル基を有するアミンオキサイドがより好ましい。
[0016]
 (a1)成分は、洗浄力の観点から、下記一般式(a11)で表される化合物が好適である。
[0017]
[化1]


[0018]
 〔式中、R 11aは炭素数8以上12以下のアルキル基又は炭素数8以上12以下のアルケニル基、好ましくは炭素数8以上12以下のアルキル基を示し、R 12a及びR 13aは、それぞれ独立に、炭素数1以上3以下のアルキル基を示す。Dは-NHC(=O)-基又は-C(=O)NH-基を示し、Eは炭素数1以上5以下のアルキレン基を示す。q1及びp1は、q1=0かつp1=0又はq1=1かつp1=1を示す。〕
[0019]
 上記一般式(a11)において、R 11aは、洗浄力の観点から、好ましくは炭素数10以上12以下のアルキル基であり、より好ましくは炭素数12のアルキル基である。R 12a及びR 13aは、洗浄力の観点から、好ましくは炭素数1のメチル基である。q1及びp1は、洗浄力の観点から、好ましくはq1=0かつp1=0である。
[0020]
 (a1)成分の好ましい具体例としては、
(1)カプリルジメチルアミンオキサイド、カプリンジメチルアミンオキサイド、ラウリルジメチルアミンオキサイド等のアルキル(炭素数8以上12以下)ジアルキル(炭素数1以上3以下)アミンオキサイド、
(2)ラウリン酸アミドプロピルジメチルアミンオキサイド等の脂肪酸(炭素数8以上12以下)アミドプロピルジアルキル(炭素数1以上3以下)アミンオキサイド
が挙げられ、洗浄力の観点から(1)アルキル(炭素数8以上12以下)ジアルキル(炭素数1以上3以下)アミンオキサイドがより好ましい。
[0021]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、(a1)成分を、洗浄力の観点から、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、そして、経済性の観点から、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下含有する。
[0022]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、本発明の効果を損なわない範囲内で、(a1)成分以外のアミンオキサイドを含有してもよい。
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、(a1)成分の含有量は、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド中、洗浄力の観点から、好ましくは50質量%以上、より好ましくは70質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下であり、また100質量%であることがより好ましい。ここで、前記アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイドは、前述の一般式(a11)において、R 11aが炭素数8以上18以下のアルキル基又はアルケニル基であることを除いて、同じ構造であることが好ましい。
[0023]
<(b1)成分>
 本発明の(b1)成分は、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が16以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンである。
[0024]
 (b1)成分において、アルキル基又はアルケニル基の炭素数は、洗浄力の観点から、好ましくは22以下、より好ましくは20以下、更に好ましくは18以下であり、またこれらの中でアルキル基が好ましい。
 炭素数16以上24以下のアルキル基又は炭素数16以上24以下のアルケニル基としては、例えばヘキサデシル基、ヘプタデシル基、オクタデシル基等が挙げられ、これらは、ノルマル、イソであってもよく、2級のアルキル基又は2級のアルケニル基であってもよい。ここで2級のアルキル基又は2級のアルケニル基とは、アミンの窒素原子と結合する炭素原子が第3級の炭素原子であるアルキル基又はアルケニル基をいう。
[0025]
 (b1)成分において、オキシエチレン基の付加モル数は、洗浄力の観点から、2以上3以下であることが好ましい。
 また(b1)成分は、本発明の効果を損なわない範囲内で、オキシプロピレン基が付加されていてもよい。例えば、(b1)成分において、オキシプロピレン基の付加モル数は、好ましくは0.5以下、そして、好ましくは0以上、また0が好ましい。
[0026]
 (b1)成分は、洗浄力の観点から、下記一般式(b11)で表される化合物が好適である。
[0027]
[化2]


[0028]
 〔式中、R 11bは炭素数16以上24以下のアルキル基又は炭素数16以上24以下のアルケニル基であり、EOはオキシエチレン基であり、m1及びn1は、付加モル数であって、独立して0以上3以下の数であり、m1+n1は1以上3以下の数である。〕
[0029]
 上記一般式(b11)において、R 11bの炭素数は、洗浄力の観点から、16以上、そして、24以下、好ましくは20以下、より好ましくは18以下である。R 11bの炭素数は、洗浄力の観点から、アルキル基又はアルケニル基であり、アルキル基が好ましい。m1及びn1は、洗浄力の観点から、m1+n1が2以上3以下の数が好ましい。
[0030]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、(b1)成分を、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、そして、経済性の観点から、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下含有する。
[0031]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、本発明の効果を損なわない範囲内で、(b1)成分以外のポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンを含有してもよい。
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン中、(b1)成分の含有量は、洗浄力の観点から、50質量%以上、好ましくは60質量%以上、より好ましくは70質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である。
[0032]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、(b1)成分中、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が16以上18以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンの含有量は、洗浄力の観点から、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは70質量%以上、より更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である。
[0033]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン中、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が16以上18以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンの含有量は、洗浄力の観点から、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは70質量%以上、より更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である。
[0034]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、(a1)成分の含有量と(b1)成分の含有量との質量比(a1)/(b1)は、洗浄力の観点から、好ましくは0.1以上、より好ましくは0.2以上、更に好ましくは0.3以上、そして、同様の観点から、好ましくは20以下、より好ましくは15以下、更に好ましくは12以下、より更に好ましくは10以下、より更に好ましくは8以下、より更に好ましくは7以下である。
[0035]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、(a1)成分の含有量と(b1)成分の含有量との合計含有量は、洗浄力の観点から、好ましくは0.02質量%以上、より好ましくは0.1質量%以上、更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは1質量%以上、より更に好ましくは1.5質量%以上、より更に好ましくは2.5質量%以上、そして、経済性の観点から、好ましくは40質量%以下、より好ましくは30質量%以下、更に好ましくは20質量%以下、より更に好ましくは10質量%以下である。
[0036]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、全界面活性剤中、(a1)成分の含有量と(b1)成分の含有量との合計含有量は、洗浄力の観点から、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である。
[0037]
<第2の態様>
 本発明の第2の態様は、(A1)成分、(B1)成分、及び水を配合して得られる、硬質表面用液体洗浄剤組成物である。
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、洗浄力の観点から、(A1)成分(B1)成分、及び水を配合して得ることが好ましい。
 また前記配合により(a1)成分、(b1)成分、及び水を含有する、第1の態様である硬質表面用液体洗浄剤組成物を得ることができる。
[0038]
<(A1)成分>
 本発明の(A1)成分は、本発明の(a1)成分と同じである。本発明の(A1)成分は、本発明の(a1)成分に記載された態様のものを用いることができる。
[0039]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、(A1)成分を、洗浄力の観点から、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは0.8質量%以上、そして、経済性の観点から、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下配合する。
[0040]
<(B1)成分>
 本発明の(B1)成分は、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が16以上24以下であり、オキシエチレン基の平均付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンである。(B1)成分は(b1)成分を含んでもよい。また(B1)成分を配合することで、(b1)成分を含有する、本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物を得てもよい。
[0041]
 (B1)成分において、アルキル基又はアルケニル基の炭素数は、洗浄力の観点から、好ましくは22以下、より好ましくは20以下、更に好ましくは18以下であり、またこれらの中でアルキル基が好ましい。
 炭素数16以上24以下のアルキル基又は炭素数16以上24以下のアルケニル基としては、例えばヘキサデシル基、ヘプタデシル基、オクタデシル基等が挙げられ、これらは、ノルマル、イソであってもよく、2級のアルキル基又はアルケニル基であってもよい。
[0042]
 (B1)成分において、オキシエチレン基の平均付加モル数は、洗浄力の観点から、1.5以上2.5以下の数であることが好ましい。
 また(B1)成分は、本発明の効果を損なわない範囲内で、オキシプロピレン基が付加されていてもよい。例えば、(B1)成分において、オキシプロピレン基の平均付加モル数は、好ましくは0.5以下、そして、好ましくは0以上であり、また0がより好ましい。
[0043]
 (B1)成分は、洗浄力の観点から、下記一般式(b12)で表される化合物が好適である。
[0044]
[化3]


[0045]
 〔式中、R 12bは炭素数16以上24以下のアルキル基又はアルケニル基であり、EOはオキシエチレン基であり、r1及びs1は、平均付加モル数であって、r1+s1は1以上3以下の数である。〕
[0046]
 上記一般式(b12)において、R 12bの炭素数は、洗浄力の観点から、16以上、そして、22以下、好ましくは20以下、より好ましくは18以下である。R 12bは、洗浄力の観点から、アルキル基又はアルケニル基であり、アルキル基が好ましい。r1及びs1は、洗浄力の観点から、r1+s1が1.5以上2.5以下の数が好ましい。
[0047]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、(B1)成分を、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは0.8質量%以上、そして、経済性の観点から、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下配合する。
[0048]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、(A1)成分の配合量と(B1)成分の配合量との質量比(A1)/(B1)は、洗浄力の観点から、好ましくは0.1以上、より好ましくは0.2以上、更に好ましくは0.3以上、そして、同様の観点から、好ましくは20以下、より好ましくは15以下、更に好ましくは12以下、より更に好ましくは10以下、より更に好ましくは8以下、より更に好ましくは7以下である。
[0049]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、(A1)成分の配合量と(B1)成分の配合量との合計配合量は、洗浄力の観点から、好ましくは0.02質量%以上、より好ましくは0.1質量%以上、更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは1質量%以上、より更に好ましくは1.5質量%以上、より更に好ましくは2.5質量%以上、そして、経済性の観点から、好ましくは40質量%以下、より好ましくは30質量%以下、更に好ましくは20質量%以下、より更に好ましくは10質量%以下である。
[0050]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、全界面活性剤中、(A1)成分の配合量と(B1)成分の配合量との合計配合量は、洗浄力の観点から、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下であり、また100質量%であることがより好ましい。
[0051]
<第3の態様>
 本発明の第3の態様は、(a2)成分、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン、及び水を含有する、硬質表面用液体洗浄剤組成物であって、
 前記アミン中、(b2)成分の含有量が50質量%以上である、硬質表面用液体洗浄剤組成物である。
[0052]
<(a2)成分>
 本発明の(a2)成分は、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が14以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイドである。
 (a2)成分は、洗浄力の観点から、炭素数14以上、そして、18以下、好ましくは16以下のアルキル基を有するアミンオキサイドが好ましく、炭素数14のアルキル基を有するアミンオキサイドがより好ましい。
[0053]
 (a2)成分は、洗浄力の観点から、下記一般式(a21)で表される化合物が好適である。
[0054]
[化4]


[0055]
 〔式中、R 21aは炭素数14以上18以下のアルキル基又は炭素数14以上18以下のアルケニル基、好ましくは炭素数14以上18以下のアルキル基を示し、R 22a及びR 23aは、それぞれ独立に、炭素数1以上3以下のアルキル基を示す。Dは-NHC(=O)-基又は-C(=O)NH-基を示し、Eは炭素数1以上5以下のアルキレン基を示す。q2及びp2は、q2=0かつp2=0又はq2=1かつp2=1を示す。〕
[0056]
 上記一般式(a21)において、R 21aは、洗浄力の観点から、好ましくは炭素数14以上18以下のアルキル基であり、より好ましくは炭素数14以上16以下のアルキル基であり、更に好ましくは炭素数14のアルキル基である。R 22a及びR 23aは、洗浄力の観点から、好ましくは炭素数1のメチル基である。q2及びp2は、洗浄力の観点から、好ましくはq2=0かつp2=0である。
[0057]
 (a2)成分の好ましい具体例としては、
(1)ミリスチルジメチルアミンオキサイド、パルミチルジメチルアミンオキサイド、ステアリルジメチルアミンオキサイド等のアルキル(炭素数14以上18以下)ジアルキル(炭素数1以上3以下)アミンオキサイド、
(2)ミリスチン酸アミドプロピルジメチルアミンオキサイド等の脂肪酸(炭素数14以上18以下)アミドプロピルジアルキル(炭素数1以上3以下)アミンオキサイド
が挙げられ、洗浄力の観点から(1)アルキル(炭素数14以上18以下)ジアルキル(炭素数1以上3以下)アミンオキサイドがより好ましい。
[0058]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、(a2)成分を、洗浄力の観点から、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは0.8質量%以上、そして、経済性の観点から、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下含有する。
[0059]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、本発明の効果を損なわない範囲内で、(a2)成分以外のアミンオキサイドを含有してもよい。
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、(a2)成分の含有量は、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド中、洗浄力の観点から、好ましくは50質量%以上、より好ましくは70質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下であり、また100質量%であることがより好ましい。ここで、前記アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイドは、前述の一般式(a21)において、R 21aが炭素数8以上18以下のアルキル基又はアルケニル基であることを除いて、同じ構造であることが好ましい。
[0060]
<(b2)成分>
 本発明の(b2)成分は、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上14以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンである。
[0061]
 (b2)成分において、アルキル基又はアルケニル基の炭素数は、洗浄力の観点から、8以上、好ましくは10以上、より好ましくは12以上、そして、14以下であり、またこれらの中でアルキル基が好ましい。
 炭素数8以上14以下のアルキル基又は炭素数8以上14以下のアルケニル基としては、例えばオクチル基、デシル基、テトラデシル基等が挙げられ、これらは、ノルマル、イソであってもよく、2級のアルキル基又はアルケニル基であってもよい。ここで2級のアルキル基又はアルケニル基とは、アミンの窒素原子と結合する炭素原子が第3級の炭素原子であるアルキル基又はアルケニル基をいう。
[0062]
 (b2)成分において、オキシエチレン基の付加モル数は、洗浄力の観点から、2以上3以下であることが好ましい。
 また(b2)成分は、本発明の効果を損なわない範囲内で、オキシプロピレン基が付加されていてもよい。例えば、(b2)成分において、オキシプロピレン基の付加モル数は、好ましくは0.5以下、そして、好ましくは0以上、また0がより好ましい。
[0063]
 (b2)成分は、洗浄力の観点から、下記一般式(b21)で表される化合物が好適である。
[0064]
[化5]


[0065]
 〔式中、R 21bは炭素数8以上14以下のアルキル基又は炭素数8以上14以下のアルケニル基であり、EOはオキシエチレン基であり、m2及びn2は、付加モル数であって、独立して0以上3以下の数であり、m2+n2は1以上3以下の数である。〕
[0066]
 上記一般式(b21)において、R 21bの炭素数は、洗浄力の観点から、8以上、好ましくは10以上、より好ましくは12以上、そして、14以下である。R 21bは、洗浄力の観点から、アルキル基又はアルケニル基であり、アルキル基が好ましい。m2及びn2は、洗浄力の観点から、m2+n2が2以上3以下の数が好ましい。
[0067]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、(b2)成分を、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは0.8質量%以上、そして、経済性の観点から、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下含有する。
[0068]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、本発明の効果を損なわない範囲内で、(b2)成分以外のポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンを含有してもよい。
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン中、(b)成分の含有量は、洗浄力の観点から、50質量%以上、好ましくは60質量%以上、より好ましくは70質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である。
[0069]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、(b2)成分中、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が12以上14以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンの含有量は、洗浄力の観点から、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは70質量%以上、より更に好ましくは80質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である。
 また、本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン中、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が12以上14以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンの含有量は、洗浄力の観点から、50質量%以上、好ましくは65質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である。
[0070]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、(a2)成分の含有量と(b2)成分の含有量との質量比(a2)/(b2)は、洗浄力の観点から、好ましくは0.1以上、より好ましくは0.2以上、更に好ましくは0.3以上、より更に好ましくは0.5以上、より更に好ましくは1以上、そして、同様の観点から、好ましくは20以下、より好ましくは15以下、更に好ましくは12以下、より更に好ましくは10以下、より更に好ましくは9以下、より更に好ましくは4以下、より更に好ましくは3以下である。
[0071]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、(a2)成分の含有量と(b2)成分の含有量との合計含有量は、洗浄力の観点から、好ましくは0.02質量%以上、より好ましくは0.1質量%以上、更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは1質量%以上、より更に好ましくは2質量%以上、そして、経済性の観点から、好ましくは40質量%以下、より好ましくは30質量%以下、更に好ましくは20質量%以下、より更に好ましくは10質量%以下である。
[0072]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、全界面活性剤中、(a2)成分の含有量と(b2)成分の含有量との合計含有量は、洗浄力の観点から、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下であり、また100質量%であることがより好ましい。
[0073]
<第4の態様>
 本発明の第4の態様は、(A2)成分、(B2)成分、及び水を配合して得られる、硬質表面用液体洗浄剤組成物である。
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、洗浄力の観点から、(A2)成分(B2)成分、及び水を配合して得ることが好ましい。
 また前記配合により(a2)成分、(b2)成分、及び水を含有する、第3の態様である硬質表面用液体洗浄剤組成物を得ることができる。
[0074]
<(A2)成分>
 本発明の(A2)成分は、本発明の(a2)成分と同じである。本発明の(A2)成分は、本発明の(a2)成分に記載された態様のものを用いることができる。
[0075]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、(A2)成分を、洗浄力の観点から、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは0.8質量%以上、そして、経済性の観点から、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下配合する。
[0076]
<(B2)成分>
 本発明の(B2)成分は、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上14以下であり、オキシエチレン基の平均付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンである。(B2)成分は(b2)成分を含んでもよい。また(B2)成分を配合することで、(b2)成分を含有する、本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物を得てもよい。
[0077]
 (B2)成分において、アルキル基又はアルケニル基の炭素数は、洗浄力の観点から、8以上、好ましくは10以上、より好ましくは12以上、そして、14以下であり、またこれらの中でアルキル基が好ましい。
 炭素数8以上14以下のアルキル基又は炭素数8以上14以下のアルケニル基としては、例えばオクチル基、デシル基、テトラデシル基等が挙げられ、これらは、ノルマル、イソであってもよく、2級のアルキル基又はアルケニル基であってもよい。
[0078]
 (B2)成分において、オキシエチレン基の平均付加モル数は、洗浄力の観点から、1.5以上2.5以下の数であることが好ましい。
 また(B2)成分は、本発明の効果を損なわない範囲内で、オキシプロピレン基が付加されていてもよい。例えば、(B2)成分において、オキシプロピレン基の平均付加モル数は、好ましくは0.5以下、そして、好ましくは0以上であり、また0がより好ましい。
[0079]
 (B2)成分は、洗浄力の観点から、下記一般式(b22)で表される化合物が好適である。
[0080]
[化6]


[0081]
 〔式中、R 22bは炭素数8以上14以下のアルキル基又は炭素数8以上14以下のアルケニル基であり、EOはオキシエチレン基であり、r2及びs2は、平均付加モル数であって、r2+s2は1以上3以下の数である。〕
[0082]
 上記一般式(b22)において、R 22bの炭素数は、洗浄力の観点から、8以上、好ましくは10以上、より好ましくは12以上、そして、14以下である。R 22bは、洗浄力の観点から、アルキル基又はアルケニル基であり、アルキル基が好ましい。r2及びs2は、洗浄力の観点から、r2+s2が1.5以上2.5以下の数が好ましい。
[0083]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、(B2)成分を、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは0.8質量%以上、そして、経済性の観点から、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下配合する。
[0084]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、(A2)成分の配合量と(B2)成分の配合量との質量比(A2)/(B2)は、洗浄力の観点から、好ましくは0.1以上、より好ましくは0.2以上、更に好ましくは0.3以上、より更に好ましくは0.5以上、より更に好ましくは1以上、そして、同様の観点から、好ましくは20以下、より好ましくは15以下、更に好ましくは12以下、より更に好ましくは10以下、より更に好ましくは9以下、より更に好ましくは5以下、より更に好ましくは2.5以下である。
[0085]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、(A2)成分の配合量と(B2)成分の配合量との合計配合量は、洗浄力の観点から、好ましくは0.02質量%以上、より好ましくは0.1質量%以上、更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは1質量%以上、より更に好ましくは1.5質量%以上、より更に好ましくは2.5質量%以上、そして、経済性の観点から、好ましくは40質量%以下、より好ましくは30質量%以下、更に好ましくは20質量%以下、より更に好ましくは10質量%以下である。
[0086]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物において、全界面活性剤中、(A2)成分の配合量と(B2)成分の配合量との合計配合量は、洗浄力の観点から、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下であり、また100質量%であることがより好ましい。
[0087]
 以下、本発明の第1の態様、第2の態様、第3の態様、及び第4の態様に共通して記載する。
[0088]
 <(c)成分>
 本発明の硬質表面用洗浄剤組成物は、起泡性の観点から、(c)成分として、下記一般式(c1)で表さる化合物を含有又は配合することができる。
    R 1c-O-(R 2cO) -H     (c1)
 〔式中、R 1cは炭素数1以上8以下の炭化水素基であり、R 2cOは炭素数2以上3以下のアルキレンオキシ基であり、tは、R 2cOの付加モル数であって、1以上3以下の数である。〕
[0089]
 一般式(c1)中、R 1cの炭素数は、起泡性の観点から、1以上、好ましくは2以上、そして、8以下、好ましくは6以下、より好ましくは5以下、更に好ましくは4以下のアルキル基である。R 1cは、起泡性の観点から、炭化水素基、好ましくはアルキル基、アルケニル基、アリール基、又はアラルキル基、より好ましくはアルキル基、アラルキル基、又はアリール基であり、更に好ましくはアルキル基である。R 2cOは、起泡性の観点から、炭素数2以上3以下のアルキレンオキシ基であり、エチレンオキシ基、プロピレンオキシ基が好ましい。tは、起泡性の観点から、1以上、好ましくは2以上、そして、3以下である。
[0090]
 (c)成分は、具体的には、2-(2-n-ブトキシエトキシ)エタノール、1-メトキシ-2-プロパノール、ジプロピレングリコールモノメチルエーテル、2-エトキシエタノール、2-(2-エトキシエトキシ)エタノール、エチレングリコールモノブチルエーテル、トリエチレングリコールモノブチルエーテル、1-ブトキシ-2-プロパノール、ジプロピレングリコールモノブチルエーテル、2-イソブトキシエタノール、2-(2-イソブトキシエトキシ)エタノール、2-フェノキシエタノール、及びエチレングリコールモノ(2-エチルヘキシル)エーテルから選ばれる1種以上が挙げられ、起泡性の観点から、ジプロピレングリコールモノメチルエーテル、エチレングリコールモノブチルエーテル、2-(2-n-ブトキシエトキシ)エタノール、トリエチレングリコールモノブチルエーテル、1-ブトキシ-2-プロパノール、ジプロピレングリコールモノブチルエーテル、2-イソブトキシエタノール、2-(2-イソブトキシエトキシ)エタノール、及びエチレングリコールモノ(2-エチルヘキシル)エーテルから選ばれる1種以上が好ましく、ジプロピレングリコールモノメチルエーテル、エチレングリコールモノブチルエーテル、2-(2-n-ブトキシエトキシ)エタノール、トリエチレングリコールモノブチルエーテル、及び2-(2-イソブトキシエトキシ)エタノールから選ばれる1種以上がより好ましい。
[0091]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、(c)成分を、起泡性の観点から、好ましくは0.3質量%以上、より好ましくは0.5質量%以上、更に好ましくは0.7質量%以上、より更に好ましくは1質量%以上、そして、洗浄性の観点から、好ましくは5質量%以下、より好ましくは4質量%以下、更に好ましくは3質量%以下、より更に好ましくは2質量%以下含有又は配合する。
[0092]
 <その他成分>
 本発明の硬質表面用洗浄剤組成物は、本発明の第1の態様においては、(a1)成分、(b1)成分、任意の(c)成分以外に、本発明の第2の態様においては、(A1)成分、(B1)成分、任意の(c)成分以外に、本発明の第3の態様においては、(a2)成分、(b2)成分、任意の(c)成分以外に、本発明の第4の態様においては、(A1)成分、(B1)成分、任意の(c)成分以外に、本発明の目的を損なわない範囲で、アクリル酸-マレイン酸共重合体又はその塩、メタクリル酸-マレイン酸共重合体又はその塩、及びジイソブチレン-マレイン酸共重合体又はその塩等の汚れの再付着防止剤;EDTA,MGDA、クエン酸等のキレート剤;(c)成分以外の溶剤、ハイドロトロープ剤、分散剤、pH調整剤、増粘剤、粘度調整剤、香料、着色剤、酸化防止剤、防腐剤、漂白剤、漂白活性化剤などの他の成分を含有又は配合することができる。
[0093]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、水を含有する。すなわち、本発明の第1の態様においては、(a1)成分、(b1)成分及び任意成分以外の残部が、本発明の第2の態様においては、(A1)成分、(B1)成分及び任意成分以外の残部が、本発明の第3の態様においては、(a2)成分、(b2)成分及び任意成分以外の残部が、本発明の第4の態様においては、(A2)成分、(B2)成分及び任意成分以外の残部が、水である。本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、水を、ハンドリング性の観点から、好ましくは60質量%以上、より好ましくは70質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、洗浄力の観点から、好ましくは99.9質量%以下、より好ましくは99.5質量%以下、更に好ましくは99質量%以下含有又は配合する。水は、イオン交換水、滅菌イオン交換水等を使用することが好ましい。
[0094]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物の25℃におけるpHは、中性領域が好ましく、取扱い性を容易とする観点から、好ましくは5以上、より好ましくは5.5以上、更に好ましくは6以上、そして、好ましくは9以下、より好ましくは8.5以下、更に好ましくは8以下である。
[0095]
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、硬質物品の硬質表面用、更に食品加工設備又は調理設備の硬質表面用であることが好ましい。
 「食品加工設備及び/又は調理設備」とは、食品加工工場において、食品を加工する際及び/又は調理する際に用いられる機器及び設備を意味する。かかる機器としては、例えば、パイプ、部品、ネットコンベアやフリーザー、スライサー、精米機等の食品製造又は調理機器が挙げられる。また、かかる設備としては、例えば、床、壁、作業台などが挙げられる。
 具体的には、本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、好ましくは硬質物品の硬質表面への塗布用洗浄剤、より好ましくは食品加工設備又は調理設備の硬質表面への塗布用洗浄剤である。
 また、具体的には、本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、好ましくは硬質物品の硬質表面への噴霧用洗浄剤、より好ましくは食品加工設備又は調理設備の硬質表面への噴霧用洗浄剤である。
[0096]
 硬質物品としては、パイプ、部品等の食品製造機器、台所周りの硬質物品、 台所周りの硬質物品は、台所の周辺で使用される物品であり、具体的には、
(1)冷蔵庫、食器棚などの食品、食器、調理器具の保存場所、
(2)排水溝、調理台、レンジフード、シンク、ガスレンジ、電子レンジなどの食品の調理場所、及び
(3)その周辺の床や壁等
である。本発明では、これらを便宜上「台所周りの硬質物品」とする。
 また、本発明の洗浄対象である硬質表面、更に台所周りの硬質表面は、プラスチック(シリコーン樹脂などを含む)、金属、陶器、木、及びそれらの組み合わせが挙げられる。
[0097]
<硬質表面用液体洗浄剤組成物の製造方法>
 本発明の第1の態様及び第2の態様の硬質表面用液体洗浄剤組成物の製造方法は、(A1)成分、(B1)成分、及び水を混合する、硬質表面用液体洗浄剤組成物の製造方法である。
 前記製造方法により、本発明の第1の態様の硬質表面用液体洗浄剤組成物を製造することが、簡便性の観点から好ましい。
 また本発明の第3の態様及び第4の態様の硬質表面用液体洗浄剤組成物の製造方法は、(A2)成分、(B2)成分、及び水を混合する、硬質表面用液体洗浄剤組成物の製造方法である。
 前記製造方法により、本発明の第3の態様の硬質表面用液体洗浄剤組成物を製造することが、簡便性の観点から好ましい。
 本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物の製造方法は、本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物で述べた事項を適宜適用することができる。
[0098]
<硬質表面の洗浄方法>
 本発明の硬質表面の洗浄方法は、(a1)成分、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン、及び水を含有し、前記アミン中、(b1)成分の含有量が50質量%以上である、本発明の第1の態様の硬質表面用液体洗浄剤組成物を用いて、該組成物を硬質表面に接触させて洗浄する、硬質表面の洗浄方法である。
 また本発明の硬質表面の洗浄方法は、(A1)成分、(B1)成分、及び水を配合して得られる、本発明の第2の態様の硬質表面用液体洗浄剤組成物を用いて、該組成物を硬質表面に接触させて洗浄する、硬質表面の洗浄方法である。
 また本発明の硬質表面の洗浄方法は、(a2)成分、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン、及び水を含有し、前記アミン中、(b2)成分の含有量が50質量%以上である、本発明の第3の態様の硬質表面用液体洗浄剤組成物を用いて、該組成物を硬質表面に接触させて洗浄する、硬質表面の洗浄方法である。
 また本発明の硬質表面の洗浄方法は、(A2)成分、(B2)成分、及び水を配合して得られる、本発明の第4の態様の硬質表面用液体洗浄剤組成物を用いて、該組成物を硬質表面に接触させて洗浄する、硬質表面の洗浄方法である。
 すなわち、本発明の硬質表面の洗浄方法では、本発明の第1の態様、第2の態様、第3の態様、又は第4の態様の硬質表面用液体洗浄剤組成物を用いる。該組成物の好ましい態様は、前記した本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物と同じである。
 以下、本発明の第1の態様、第2の態様、第3の態様、又は第4の態様の硬質表面用液体洗浄剤組成物を用いた硬質表面の洗浄方法について、共通して記載する。
[0099]
 本発明の硬質表面の洗浄方法は、前記本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物を、変性油、特に熱変性油を含む油汚れが付着した硬質表面に接触させる、硬質表面の洗浄方法として好適に実施できる。これらの方法は、本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物を、硬質表面に付着した変性油、特に熱変性油を含む油汚れに接触させる、硬質表面の洗浄方法である。
[0100]
 本発明の硬質表面の洗浄方法では、前記硬質表面用液体洗浄剤組成物を、硬質表面に接触させる。
 具体的には、前記硬質表面用液体洗浄剤組成物を、原液で、硬質表面に接触させる、又は前記硬質表面用液体洗浄剤組成物を、原液で、希釈せずに硬質表面に接触させる、つまり、前記硬質表面用液体洗浄剤組成物を、希釈することなく、硬質表面に接触させる洗浄方法が好ましく挙げられる。更に、前記硬質表面用液体洗浄剤組成物を、希釈することなく、変性油、特に熱変性油を含む油汚れが付着した硬質表面に接触させる洗浄方法が挙げられる。
[0101]
 但し、本発明の(a1)成分と(b1)成分、(A1)成分と(B1)成分、(a2)成分と(b2)成分、もしくは(A2)成分と(B2)成分を含む濃厚組成物を調製しておき、該濃厚組成物を水で希釈して本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物を調製し、硬質表面に接触させてもよい。すなわち、本発明の(a1)成分と(b1)成分、(A1)成分と(B1)成分、(a2)成分と(b2)成分、もしくは(A2)成分と(B2)成分を含有する濃厚組成物を水で希釈して本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物に調製し、該硬質表面用液体洗浄剤組成物を希釈せずに硬質表面に接触させる、硬質表面の洗浄方法であってもよい。
[0102]
 また、本発明の硬質表面の洗浄方法は、前記硬質表面用液体洗浄剤組成物を、硬質表面に接触させた後、機械力等の外力をかけず(付与せず)に放置する洗浄方法が挙げられる。つまり、スポンジ等の可撓性材料や手指等を用いることなく接触させ、機械力等の外力をかけずにそのまま放置する洗浄方法が挙げられる。これにより、手や道具の届かない部位や届きにくい細部の洗浄に好適である。
 機械力等の外力をかけずに放置するとは、例えば、組成物の接触以外に、洗浄のための意図的な操作を行わないことである。例えば、接触させた組成物が硬質表面を自然に流下することや、洗浄を意図しない振動が硬質表面に伝わることなどは、機械力等の外力をかけずに放置すると理解できる。
 放置した後は、通常、水ですすぐ。すすぐ際は、手などで外力(物理的力)を掛けてもよく、単に水流ですすいでもよい。
[0103]
 本発明の硬質表面の洗浄方法では、前記硬質表面用液体洗浄剤組成物を、対象物である硬質表面の面積100cm に対して、好ましくは0.1g以上、より好ましくは0.3g以上、更に好ましくは0.4g以上、そして、好ましくは5g以下、より好ましくは3g以下、更に好ましくは2g以下の割合で接触させる、更に、塗布又は噴霧することが好ましい。
[0104]
 本発明の硬質表面の洗浄方法では、洗浄力を高める観点から、硬質表面用液体洗浄剤組成物を硬質表面に接触後、好ましくは10秒以上、より好ましくは20秒以上、更に好ましくは30秒以上、より更に好ましくは40秒以上、そして、同様の観点から、好ましくは60分以下、より好ましくは30分以下、更に好ましくは20分以下、より更に好ましくは10分以下、より更に好ましくは5分以下、放置する。この場合、最初に前記組成物が硬質表面に接触した時点を放置の開始としてよい。
 なお、放置する際の温度は、室温でよく、例えば、10℃以上30℃以下が挙げられる。
[0105]
 また、本発明の硬質表面の洗浄方法では、洗浄力を高める観点から、好ましくは10秒以上、より好ましくは20秒以上、更に好ましくは30秒以上、より更に好ましくは40秒以上、そして、同様の観点から、好ましくは60分以下、より好ましくは30分以下、更に好ましくは20分以下、より更に好ましくは10分以下、より更に好ましくは5分以下、前記液体洗浄剤組成物と洗浄対象である硬質表面とを接触させる。
[0106]
 本発明の硬質表面の洗浄方法では、前記硬質表面用液体洗浄剤組成物を、変性油、特に熱変性油を含む油汚れ等が付着した硬質表面を該組成物中に浸漬させて接触させてもよいが、効率的に洗浄力を高める観点から、噴霧又は塗布して、変性油、特に熱変性油を含む油汚れ等が付着した硬質表面に接触させる方法が好ましい。
 前記硬質表面用液体洗浄剤組成物を、油汚れ等が付着した硬質表面に接触させる方法は、噴霧又は塗布が好ましく、液滴状にして噴霧する又は泡状にして塗布する方法が好ましい。具体的には、スプレー手段を用いる。すなわち本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物を、スプレイヤーを具備する容器に充填してなる硬質表面用洗浄剤物品を用いるのが好ましい。本発明は、本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物を、スプレイヤーを具備する容器に充填してなる、スプレー容器入り硬質表面用洗浄剤物品を提供する。
[0107]
 本発明のスプレー容器入り硬質表面用洗浄剤物品における本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物を充填するスプレイヤーを具備する容器は、トリガー式スプレー容器、ポンプ式スプレー容器等の噴射剤を使用しない手動式スプレー装置、噴射剤を用いるエアゾール等が挙げられる。前記スプレイヤーを具備する容器は、内容物を液滴状又は泡状にして噴霧又は塗布することができるトリガー式スプレーが好ましく、内容物を液滴状に噴霧する機構を備えたトリガー式スプレー又は泡を形成する機構(泡形成機構)を備えたトリガー式スプレーがより好ましい。
[0108]
 本発明のスプレー容器入り硬質表面用洗浄剤物品において、液滴状に本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物を噴霧する機構を備えたトリガー式スプレーを用いる場合、前記組成物を入れるスプレー容器の噴射ノズルの噴口径は、スプレーのし易さや、噴射された液滴が荒くなく、直線状にスプレーされず、スプレーできる面積が極端に狭くならないために、好ましくは0.1mm以上、より好ましくは0.3mm以上、そして、好ましくは2mm以下、より好ましくは1mm以下の範囲である。
 液滴状に噴霧する機構を備えたトリガー式スプレーを用いる場合、本発明のスプレー容器入り硬質表面用洗浄剤物品は、1回の操作で、好ましくは0.1mL以上、より好ましくは0.3mL以上、そして、好ましくは5mL以下、より好ましくは2mL以下の組成物を噴霧する。
[0109]
 泡形成機構を備えたトリガー式スプレーを用いる場合、本発明のスプレー容器入り硬質表面用洗浄剤物品は、1回の操作で、好ましくは0.5mL以上、より好ましくは1mL以上、そして、好ましくは30mL以下、より好ましくは15mL以下、更に好ましくは5mL以下の組成物を噴霧する。
[0110]
 本発明の硬質表面の洗浄方法は、硬質物品の硬質表面、更に食品加工設備及び/又は調理設備の硬質表面の洗浄方法として好ましい。また、硬質物品の硬質表面の手洗い洗浄方法、更に食品加工設備及び/又は調理設備の硬質表面の手洗い洗浄方法として好ましい。
[0111]
 本発明の硬質表面の洗浄方法は、硬質物品の硬質表面、好ましくは食品加工設備及び/又は調理設備の硬質表面を洗浄対象とする。
 硬質物品、及び食品加工設備及び/又は調理設備は、前述のものが挙げられる。
 本発明の硬質表面の洗浄方法の対象とする硬質表面の材質は、プラスチック(シリコーン樹脂などを含む)、金属、陶器、木、及びそれらの組み合わせが挙げられる。
 そして、本発明の硬質表面の洗浄方法は、これら硬質表面に付着した変性油、特に熱変性油を含む油汚れを効果的に洗浄することができる。
[0112]
 本発明の硬質表面の洗浄方法では、本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物を直接硬質表面に接触させる。そして、前記組成物が接触した状態で放置すればよいため、洗浄時において、スポンジ等の可撓性材料による擦り洗いのような機械力をかける作業を必要としない。
 本発明の硬質表面の洗浄方法は、前記硬質表面用液体洗浄剤組成物を接触させた硬質表面を、水で濯ぐ工程、好ましくは前記硬質表面用液体洗浄剤組成物を接触させた硬質表面を、放置後、水で濯ぐ工程を含むことができる。
[0113]
 上述した実施形態に関し、本発明はさらに以下の硬質表面用液体洗浄剤組成物、硬質表面の洗浄方法を開示する。これらの態様には、本発明の硬質表面用液体洗浄剤組成物、及び硬質表面の洗浄方法で述べた事項を、相互に適宜適用することができる。
[0114]
<1x>
 (a1)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上12以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド(以下、(a1)成分という)、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン、及び水を含有する、硬質表面用液体洗浄剤組成物であって、
 前記アミン中、(b1)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が16以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン(以下、(b1)成分という)の含有量が50質量%以上である、硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0115]
<2x>
 (a1)成分が、炭素数10以上12以下のアルキル基を有するアミンオキサイドである、好ましくは炭素数12のアルキル基を有するアミンオキサイドである、前記<1x>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0116]
<3x>
 (a1)成分が、アルキル(炭素数8以上12以下)ジアルキル(炭素数1以上3以下)アミンオキサイド、及び脂肪酸(炭素数8以上12以下)アミドプロピルジアルキル(炭素数1以上3以下)アミンオキサイドから選ばれる1種以上である、好ましくはアルキル(炭素数8以上12以下)ジアルキル(炭素数1以上3以下)アミンオキサイドから選ばれる1種以上である、前記<1x>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0117]
<4x>
 (a1)成分を、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、そして、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下含有する、前記<1x>~<3x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0118]
<5x>
 (a1)成分の含有量が、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド中、好ましくは50質量%以上、より好ましくは70質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である、前記<1x>~<4x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0119]
<6x>
 (a1)成分の含有量が、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド中、100質量%である、前記<1x>~<4x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0120]
<7x>
 (b1)成分のアルキル基又はアルケニル基、好ましくはアルキル基の炭素数が、好ましくは22以下、より好ましくは20以下、更に好ましくは18以下である、前記<1x>~<6x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0121]
<8x>
 (b1)成分が、下記一般式(b11)で表される化合物である、前記<1x>~<7x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[化7]


[0122]
 〔式中、R 11bは炭素数16以上24以下のアルキル基又は炭素数16以上24以下のアルケニル基であり、EOはオキシエチレン基であり、m1及びn1は、付加モル数であって、独立して0以上3以下の数であり、m1+n1は1以上3以下の数である。〕
[0123]
<9x>
 R 11bの炭素数が、16以上、そして、24以下、好ましくは20以下、より好ましくは18以下である、前記<8x>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0124]
<10x>
 R 11bがアルキル基である、前記<8x>又は<9x>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0125]
<11x>
 (b1)成分を、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、そして、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下含有する、前記<1x>~<10x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0126]
<12x>
 (b1)成分の含有量が、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン中、好ましくは60質量%以上、より好ましくは70質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である、前記<1x>~<11x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0127]
<13x>
 (b1)成分中、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が16以上18以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンの含有量が、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは70質量%以上、より更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である、前記<1x>~<12x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0128]
<14x>
 (a1)成分の含有量と(b1)成分の含有量との質量比(a1)/(b1)が、好ましくは0.1以上、より好ましくは0.2以上、更に好ましくは0.3以上、そして、好ましくは20以下、より好ましくは15以下、更に好ましくは12以下、より更に好ましくは10以下、より更に好ましくは8以下、より更に好ましくは7以下である、前記<1x>~<13x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0129]
<15x>
 (a1)成分の含有量と(b1)成分の含有量との合計含有量が、好ましくは0.02質量%以上、より好ましくは0.1質量%以上、更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは1質量%以上、より更に好ましくは1.5質量%以上、より更に好ましくは2.5質量%以上、そして、好ましくは40質量%以下、より好ましくは30質量%以下、更に好ましくは20質量%以下、より更に好ましくは10質量%以下である、前記<1x>~<14x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0130]
<16x>
 全界面活性剤中、(a1)成分の含有量と(b1)成分の含有量との合計含有量が、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である、前記<1x>~<15x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0131]
<17x>
 (A1)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上12以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド(以下、(A1)成分という)、(B1)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が16以上24以下であり、オキシエチレン基の平均付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン(以下、(B1)成分という)、及び水を配合して得られる、硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0132]
<18x>
 (A1)成分を、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは0.8質量%以上、そして、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下配合する、前記<17x>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0133]
<19x>
 (B1)成分のアルキル基又はアルケニル基、好ましくはアルキル基の炭素数が、好ましくは22以下、より好ましくは20以下、更に好ましくは18以下である、前記<17x>又は<18x>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0134]
<20x>
 (B1)成分を、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは0.8質量%以上、そして、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下配合する、前記<17x>~<19x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0135]
<21x>
 (A1)成分の配合量と(B1)成分の配合量との質量比(A1)/(B1)が、好ましくは0.1以上、より好ましくは0.2以上、更に好ましくは0.3以上、そして、好ましくは20以下、より好ましくは15以下、更に好ましくは12以下、より更に好ましくは10以下、より更に好ましくは8以下、より更に好ましくは7以下である、前記<17x>~<20x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0136]
<22x>
 (A1)成分の配合量と(B1)成分の配合量との合計配合量が、好ましくは0.02質量%以上、より好ましくは0.1質量%以上、更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは1質量%以上、より更に好ましくは1.5質量%以上、より更に好ましくは2.5質量%以上、そして、好ましくは40質量%以下、より好ましくは30質量%以下、更に好ましくは20質量%以下、より更に好ましくは10質量%以下である、前記<17x>~<21x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0137]
<23x>
 全界面活性剤中、(A1)成分の配合量と(B1)成分の配合量との合計配合量が、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である、前記<17x>~<22x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0138]
<24x>
 全界面活性剤中、(A1)成分の配合量と(B1)成分の配合量との合計配合量が、100質量%である、前記<17x>~<22x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0139]
<25x>
 (c)成分として、下記一般式(c1)で表さる化合物を含有又は配合する、前記<1x>~<24x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
    R 1c-O-(R 2cO) -H     (c1)
 〔式中、R 1cは炭素数1以上8以下の炭化水素基であり、R 2cOは炭素数2以上3以下のアルキレンオキシ基であり、tは、R 2cOの付加モル数であって、1以上3以下の数である。〕
[0140]
<26x>
 (c)成分を、好ましくは0.3質量%以上、より好ましくは0.5質量%以上、更に好ましくは0.7質量%以上、より更に好ましくは1質量%以上、そして、好ましくは5質量%以下、より好ましくは4質量%以下、更に好ましくは3質量%以下、より更に好ましくは2質量%以下含有又は配合する、前記<25x>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0141]
<27x>
 pHが5以上9以下である、前記<1x>~<26x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0142]
<28x>
 食品加工設備又は調理設備用である、前記<1x>~<27x>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0143]
<29x>
 前記<1x>~<28x>の何れかに記載の洗浄剤組成物で、硬質表面に付着した変性油を含む油汚れを除去する硬質表面の洗浄方法。
[0144]
<30x>
 前記<1x>~<28x>の何れかに記載の洗浄剤組成物で、硬質表面に付着した熱変性油を含む油汚れを除去する硬質表面の洗浄方法。
[0145]
<31x>
 前記<1x>~<28x>の何れかに記載の組成物の、硬質表面用液体洗浄剤としての使用。
[0146]
<1y>
 (a2)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が14以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド(以下、(a2)成分という)、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン、及び水を含有する、硬質表面用液体洗浄剤組成物であって、
 前記アミン中、(b2)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上14以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン(以下、(b2)成分という)の含有量が50質量%以上である、硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0147]
<2y>
 (a2)成分が、炭素数14以上18以下のアルキル基を有するアミンオキサイドである、好ましくは炭素数14以上16以下のアルキル基を有するアミンオキサイドである、より好ましくは炭素数14のアルキル基を有するアミンオキサイドである、前記<1y>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0148]
<3y>
 (a2)成分が、アルキル(炭素数14以上18以下)ジアルキル(炭素数1以上3以下)アミンオキサイド、及び脂肪酸(炭素数14以上18以下)アミドプロピルジアルキル(炭素数1以上3以下)アミンオキサイドから選ばれる1種以上である、好ましくはアルキル(炭素数14以上18以下)ジアルキル(炭素数1以上3以下)アミンオキサイドから選ばれる1種以上である、前記<1y>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0149]
<4y>
 (a2)成分を、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは0.8質量%以上、そして、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下含有する、前記<1y>~<3y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0150]
<5y>
 (a2)成分の含有量が、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド中、好ましくは50質量%以上、より好ましくは70質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である、前記<1y>~<4y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0151]
<6y>
 (a2)成分の含有量が、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド中、100質量%である、前記<1y>~<4y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0152]
<7y>
 (b2)成分のアルキル基又はアルケニル基、好ましくはアルキル基の炭素数が、8以上、好ましくは10以上、より好ましくは12以上、そして、14以下である、前記<1y>~<6y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0153]
<8y>
 (b2)成分が、下記一般式(b21)で表される化合物である、前記<1y>~<7y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[化8]


[0154]
〔式中、R 21bは炭素数8以上14以下のアルキル基又は炭素数8以上14以下のアルケニル基であり、EOはオキシエチレン基であり、m2及びn2は、付加モル数であって、独立して0以上3以下の数であり、m2+n2は1以上3以下の数である。〕
[0155]
<9y>
 R 21bの炭素数が、8以上、好ましくは10以上、より好ましくは12以上、そして、14以下である、前記<8y>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0156]
<10y>
 R 21bがアルキル基である、前記<8y>又は<9y>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0157]
<11y>
 (b2)成分を、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは0.8質量%以上、そして、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下含有する、前記<1y>~<10y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0158]
<12y>
 (b2)成分の含有量が、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン中、好ましくは60質量%以上、更に好ましくは70質量%以上、より更に好ましくは80質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である、前記<1y>~<11y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0159]
<13y>
 (b2)成分のアルキル基又はアルケニル基の炭素数が12以上14以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンの含有量が、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは70質量%以上、より更に好ましくは80質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である、前記<1y>~<12y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0160]
<14y>
 (a2)成分の含有量と(b2)成分の含有量との質量比(a2)/(b2)が、好ましくは0.1以上、より好ましくは0.2以上、更に好ましくは0.3以上、より更に好ましくは0.5以上、より更に好ましくは1以上、そして、好ましくは20以下、より好ましくは15以下、更に好ましくは12以下、より更に好ましくは10以下、より更に好ましくは9以下、より更に好ましくは4以下、より更に好ましくは3以下である、前記<1y>~<13y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0161]
<15y>
 (a2)成分の含有量と(b2)成分の含有量との合計含有量が、好ましくは0.02質量%以上、より好ましくは0.1質量%以上、更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは1質量%以上、より更に好ましくは2質量%以上、そして、好ましくは40質量%以下、より好ましくは30質量%以下、更に好ましくは20質量%以下、より更に好ましくは10質量%以下である、前記<1y>~<14y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0162]
<16y>
 全界面活性剤中、(a2)成分の含有量と(b2)成分の含有量との合計含有量が、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である、前記<1y>~<15y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0163]
<17y>
 全界面活性剤中、(a2)成分の含有量と(b2)成分の含有量との合計含有量が、100質量%である、前記<1y>~<15y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0164]
<18y>
 (A2)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が14以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド(以下、(A2)成分という)、(B2)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上14以下であり、オキシエチレン基の平均付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン(以下、(B2)成分という)、及び水を配合して得られる、硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0165]
<19y>
 (A2)成分を、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは0.8質量%以上、そして、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下配合する、前記<18y>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0166]
<20y>
 (B2)成分中、アルキル基又はアルケニル基、好ましくはアルキル基の炭素数が、好ましくは10以上、より好ましくは12以上である、前記<18y>又は<19y>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0167]
<21y>
 (B2)成分を、好ましくは0.01質量%以上、より好ましくは0.05質量%以上、更に好ましくは0.1質量%以上、より更に好ましくは0.2質量%以上、より更に好ましくは0.3質量%以上、より更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは0.8質量%以上、そして、好ましくは20質量%以下、より好ましくは10質量%以下、更に好ましくは8質量%以下、より更に好ましくは6質量%以下、より更に好ましくは5質量%以下、より更に好ましくは4質量%以下配合する、前記<18y>~<20y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0168]
<22y>
 (A2)成分の配合量と(B2)成分の配合量との質量比(A2)/(B2)が、好ましくは0.1以上、より好ましくは0.2以上、更に好ましくは0.3以上、より更に好ましくは0.5以上、より更に好ましくは1以上、そして、好ましくは20以下、より好ましくは15以下、更に好ましくは12以下、より更に好ましくは10以下、より更に好ましくは9以下、より更に好ましくは5以下、より更に好ましくは2.5以下である、前記<18y>~<21y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0169]
<23y>
 (A2)成分の配合量と(B2)成分の配合量との合計配合量が、好ましくは0.02質量%以上、より好ましくは0.1質量%以上、更に好ましくは0.5質量%以上、より更に好ましくは1質量%以上、より更に好ましくは1.5質量%以上、より更に好ましくは2.5質量%以上、そして、好ましくは40質量%以下、より好ましくは30質量%以下、更に好ましくは20質量%以下、より更に好ましくは10質量%以下である、前記<18y>~<22y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0170]
<24y>
 全界面活性剤中、(A2)成分の配合量と(B2)成分の配合量との合計配合量が、好ましくは50質量%以上、より好ましくは60質量%以上、更に好ましくは80質量%以上、より更に好ましくは90質量%以上、そして、好ましくは100質量%以下である、前記<18y>~<23y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0171]
<25y>
 全界面活性剤中、(A2)成分の配合量と(B2)成分の配合量との合計配合量が、100質量%である、前記<18y>~<23y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0172]
<26y>
 (c)成分として、下記一般式(c1)で表さる化合物を含有又は配合する、前記<1y>~<24y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
    R 1c-O-(R 2cO) -H     (c1)
 〔式中、R 1cは炭素数1以上8以下の炭化水素基であり、R 2cOは炭素数2以上3以下のアルキレンオキシ基であり、tは、R 2cOの付加モル数であって、1以上3以下の数である。〕
[0173]
<27y>
 (c)成分を、好ましくは0.3質量%以上、より好ましくは0.5質量%以上、更に好ましくは0.7質量%以上、より更に好ましくは1質量%以上、そして、好ましくは5質量%以下、より好ましくは4質量%以下、更に好ましくは3質量%以下、より更に好ましくは2質量%以下含有又は配合する、前記<26y>に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0174]
<28y>
 pHが5以上9以下である、前記<1y>~<27y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0175]
<29y>
 食品加工設備又は調理設備用である、前記<1y>~<28y>の何れかに記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[0176]
<30y>
 前記<1y>~<29y>の何れかに記載の洗浄剤組成物で、硬質表面に付着した変性油を含む油汚れを除去する硬質表面の洗浄方法。
[0177]
<31y>
 前記<1y>~<29y>の何れかに記載の洗浄剤組成物で、硬質表面に付着した熱変性油を含む油汚れを除去する硬質表面の洗浄方法。
[0178]
<32y>
 前記<1y>~<29y>の何れかに記載の組成物の、硬質表面用液体洗浄剤としての使用。
実施例
[0179]
〔実施例1、及び比較例1〕
 下記配合成分を用いて、表1、2に示す硬質表面用液体洗浄剤組成物を調製し、以下の項目について評価を行った。結果を表1に示す。表1、2の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、常法により調製した。即ち、表1、2の硬質表面用液体洗浄剤組成物の配合組成となるように、適量のイオン交換水に(A1)成分、(B1)成分又は(B1’)成分、(c)成分を添加し、60℃で加温溶解後、室温(25℃)に戻し、水酸化ナトリウム又は/及び塩酸を添加してpH(25℃)を7に調整した。なお、表1、2中の配合成分の質量%は、全て有効分に基づく数値である。
[0180]
<配合成分>
(A1)成分
・ラウリルジメチルアミンオキサイド:アンヒトール20N(花王(株)製)、一般式(a11)において、R 11aがラウリル基、R 12a、R 13aがメチル基、q1=0かつp1=0の化合物
[0181]
(B1)成分
・ポリオキシエチレン(2.1)硬化牛脂アミン:アミート302(花王(株)製)、炭素数16~18のアルキル基であり、オキシエチレン基の平均付加モル数が2.1のポリオキシエチレンアルキルアミン、一般式(b12)において、R 12bが炭素数16~18のアルキル基、r1+s1が2.1の化合物
[0182]
 (B1)成分は、前記化合物をTMS化剤で前処理を行い、下記条件のガスクロマトグラフィー法から、アルキル基の炭素数及びオキシエチレン基の付加モル数分布を測定した。
 アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン中、(b1)成分の含有量は、ほぼ100質量%であった。
 また、(b1)成分中、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が16以上18以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンの含有量も、ほぼ100質量%であった。
[0183]
(B1’)成分((B1)成分の比較成分)
・ポリオキシエチレン(5)ココアルキルアミン:アミート105(花王(株)製)、炭素数8~18のアルキル基であり、オキシエチレン基の平均付加モル数が5のポリオキシエチレンアルキルアミン、一般式(b12)において、R 12bが炭素数8~18のアルキル基、r1+s1が5の化合物
[0184]
 (B1’)成分についても同様に、該化合物をTMS化剤で前処理を行い、下記条件のガスクロマトグラフィー法から、アルキル基の炭素数及びオキシエチレン基の付加モル数分布を測定した結果、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン中、(b1)成分の含有量は7質量%であった。
[0185]
ガスクロマトグラフィーの条件
ガスクロマトグラフ : Agilent Technologies 6850Network GC System
カラム : Frontier LAB ULTRA UA-1HT
温度条件 : 初期温度 60℃(2min)
昇温速度 : 10℃/min(350℃まで)
最終温度 : 350℃(10min)
サンプル量 : 1μL
注入口条件 : 注入モード スプリット法
注入口温度 300℃
キャリアガス : ヘリウム
検出器 : FID
[0186]
(c)成分
 表中に記載の化合物を用いた。
[0187]
〔熱変性油の洗浄力評価〕
 ナタネ油(和光純薬工業(株)製)を180℃で8時間または24時間静置して加熱することにより熱変性油を調製した。各熱変性油を、予め下4桁の電子天秤を用いて秤量したテストピース(エンジニアリングテストサービス社製、SUS304、1mm×25mm×70mm)(x)に約1mg/cm 塗布した後、下4桁天秤を用いて秤量した(y)。
[0188]
 油塗布後のテストピースに表1の硬質表面用液体洗浄剤組成物をポンプフォーマー(ビオレハンドウォッシュ用、花王(株)製)を用いて泡状で2ml噴霧し20分間平置きで静置した。20分間洗浄後のテストピースを、リーナッツ試験器を用いて、25℃の水道水にて1分間すすいだ(水量700ml、回転翼の回転数は300rpm)。すすぎ後、一昼夜風乾し、洗浄後のテストピースの質量を下4桁の電子天秤にて秤量した(z)。
 以下の式で洗浄率を求めた。8時間加熱した熱変性油を塗布した場合の洗浄率と24時間加熱した熱粘性油を塗布した場合の洗浄率の結果を表1に示す。
   洗浄率(%)={(y)-(z)}/{(y)-(x)}×100
[0189]
[表1]


[0190]
 ※1:アミンオキサイド中の(a1)成分の含有量(質量%)は、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド中の(a1)成分の含有量(質量%)を示す。
 ※2:アルキル又はアルケニルアミン中の(b1)成分の含有量(質量%)は、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン中の(b1)成分の含有量(質量%)を示す。
[0191]
〔起泡性の評価〕
 表2の硬質表面用液体洗浄剤組成物を、業務用スプレー(業務用つめかえスプレー容器、花王(株)製)を用いて、縦置きしたステンレス角型バット(アズワン(株)製、199mm×140mm×18mm)の垂直面に泡状で5ml(スプレーのトリガーを5回引いた)噴霧した。噴霧直後の泡質を目視で観察し、下記の判定基準により起泡性を評価した。結果を表2に示す。
 判定基準
  0点:泡立ちがない。
  1点:泡立ちがあり、垂直面に付着した泡の滞留はなかった。
  2点:泡立ちがあり、垂直面に付着した泡の一部が滞留した。
  3点:泡立ちがあり、垂直面に付着した泡の全てが滞留した。
[0192]
[表2]


[0193]
〔実施例2、及び比較例2〕
 下記配合成分を用いて、表3、4に示す硬質表面用液体洗浄剤組成物を調製し、以下の項目について評価を行った。結果を表3、4に示す。表3、4の硬質表面用液体洗浄剤組成物は、常法により調製した。即ち、表3、4の硬質表面用液体洗浄剤組成物の配合組成となるように、適量のイオン交換水に(A2)成分、(B2)成分又は(B2’)成分、(c)成分を添加し、60℃で加温溶解後、室温(25℃)に戻し、水酸化ナトリウム又は/及び塩酸を添加してpH(25℃)を7に調整した。なお、表3、4中の配合成分の質量%は、全て有効分に基づく数値である。
[0194]
<配合成分>
(A2)成分
・ミリスチルジメチルアミンオキサイド:アンヒトール40N(花王(株)製)、一般式(a21)において、R 21aがミリスチル基、R 22a、R 23aがメチル基、q2=0かつp2=0の化合物
[0195]
(B2)成分
・ポリオキシエチレン(2.1)ココアルキルアミン:アミート102(花王(株)製)、炭素数8~18のアルキル基であり、オキシエチレン基の平均付加モル数が2.1のポリオキシエチレンアルキルアミン、一般式(b22)において、R 22bが炭素数8~18のアルキル基、r2+s2が2.1の化合物
[0196]
 (B2)成分は、前記化合物をTMS化剤で前処理を行い、下記条件のガスクロマトグラフィー法から、アルキル基の炭素数及びオキシエチレン基の付加モル数分布を測定した。
 アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン中、(b2)成分の含有量は85質量%であった。
 また、(b2)成分中、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が12以上14以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミンの含有量は85質量%であった。
[0197]
(B2’)成分((B2)成分の比較成分)
・ポリオキシエチレン(2.1)硬化牛脂アミン:アミート302 花王(株)製、炭素数16~18のアルキル基であり、オキシエチレン基の平均付加モル数が2.1のポリオキシエチレンアルキルアミン、一般式(b22)において、R 22bが炭素数16~18のアルキル基、r2+s2が2.1の化合物
[0198]
 (B2’)成分についても同様に、該化合物をTMS化剤で前処理を行い、下記条件のガスクロマトグラフィー法から、アルキル基の炭素数及びオキシエチレン基の付加モル数分布を測定した結果、該化合物中の(b2)成分の含有量は0質量%であった。
[0199]
ガスクロマトグラフィーの条件
ガスクロマトグラフ : Agilent Technologies 6850Network GC System
カラム : Frontier LAB ULTRA UA-1HT
温度条件 : 初期温度 60℃(2min)
昇温速度 : 10℃/min(350℃まで)
最終温度 : 350℃(10min)
サンプル量 : 1μL
注入口条件 : 注入モード スプリット法
注入口温度 300℃
キャリアガス : ヘリウム
検出器 : FID
[0200]
(c)成分
 表中に記載の化合物を用いた。
[0201]
〔熱変性油の洗浄力評価〕
 ナタネ油(和光純薬工業(株)製)を180℃で8時間または24時間静置して加熱することにより熱変性油を調製した。各熱変性油を、予め下4桁の電子天秤を用いて秤量したテストピース(エンジニアリングテストサービス社製、SUS304、1mm×25mm×70mm)(x)に約1mg/cm 塗布した後、下4桁天秤を用いて秤量した(y)。
[0202]
 油塗布後の各テストピースに硬質表面用液体洗浄剤組成物をポンプフォーマー(ビオレハンドウォッシュ用、花王(株)製)を用いて泡状で2ml噴霧し20分間平置きで静置した。20分間洗浄後のテストピースを、リーナッツ試験器を用いて、25℃の水道水にて1分間すすいだ(水量700ml、回転翼の回転数は300rpm)。すすぎ後、一昼夜風乾し、洗浄後のテストピースの質量を下4桁の電子天秤にて秤量した(z)。
 以下の式で洗浄率を求めた。8時間加熱した熱変性油を塗布した場合の洗浄率と24時間加熱した熱粘性油を塗布した場合の洗浄率の結果を表3に示す。
   洗浄率(%)={(y)-(z)}/{(y)-(x)}×100
[0203]
[表3]


[0204]
 ※3:アミンオキサイド中の(a2)成分の含有量(質量%)は、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド中の(a2)成分の含有量(質量%)を示す。
 ※4:アルキル又はアルケニルアミン中の(b2)成分の含有量(質量%)は、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン中の(b2)成分の含有量(質量%)を示す。
[0205]
〔起泡性の評価〕
 表4の硬質表面用液体洗浄剤組成物を、業務用スプレー(業務用つめかえスプレー容器、花王(株)製)を用いて、縦置きしたステンレス角型バット(アズワン(株)製、199mm×140mm×18mm)の垂直面に泡状で5ml(スプレーのトリガーを5回引いた)噴霧した。噴霧直後の泡質を目視で観察し、下記の判定基準により起泡性を評価した。結果を表4に示す。
 判定基準
  0点:泡立ちがない。
  1点:泡立ちがあり、垂直面に付着した泡の滞留はなかった。
  2点:泡立ちがあり、垂直面に付着した泡の一部が滞留した。
  3点:泡立ちがあり、垂直面に付着した泡の全てが滞留した。
[0206]
[表4]


請求の範囲

[請求項1]
 (a1)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上12以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド(以下、(a1)成分という)、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン、及び水を含有する、硬質表面用液体洗浄剤組成物であって、
 前記アミン中、(b1)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が16以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン(以下、(b1)成分という)の含有量が50質量%以上である、硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[請求項2]
 (a1)成分の含有量と(b1)成分の含有量との質量比(a1)/(b1)が、0.1以上20以下である、請求項1に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[請求項3]
 (a1)成分の含有量が、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド中、50質量%以上である、請求項1又は2に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[請求項4]
 該組成物中、(a1)成分の含有量が0.01質量%以上20質量%以下であり、(b1)成分の含有量が0.01質量%以上20質量%以下である、請求項1~3の何れか1項に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[請求項5]
 (A1)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上12以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド(以下、(A1)成分という)、(B1)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が16以上24以下であり、オキシエチレン基の平均付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン(以下、(B1)成分という)、及び水を配合して得られる、硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[請求項6]
 (a2)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が14以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド(以下、(a2)成分という)、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上24以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上8以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン、及び水を含有する、硬質表面用液体洗浄剤組成物であって、
 前記アミン中、(b2)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上14以下であり、オキシエチレン基の付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン(以下、(b2)成分という)の含有量が50質量%以上である、硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[請求項7]
 (a2)成分の含有量と(b2)成分の含有量との質量比(a2)/(b2)が、0.1以上20以下である、請求項6に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[請求項8]
 (a2)成分の含有量が、アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド中、50質量%以上である、請求項6又は7に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[請求項9]
 該組成物中、(a2)成分の含有量が0.01質量%以上20質量%以下であり、(b2)成分の含有量が0.01質量%以上20質量%以下である、請求項6~8の何れか1項に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[請求項10]
 (A2)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が14以上18以下である、アルキル又はアルケニルアミンオキサイド(以下、(A2)成分という)、(B2)アルキル基又はアルケニル基の炭素数が8以上14以下であり、オキシエチレン基の平均付加モル数が1以上3以下である、モノ又はポリオキシエチレンアルキル又はアルケニルアミン(以下、(B2)成分という)、及び水を配合して得られる、硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[請求項11]
 pHが5以上9以下である、請求項1~10の何れか1項に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[請求項12]
 食品加工設備又は調理設備用である、請求項1~11の何れか1項に記載の硬質表面用液体洗浄剤組成物。
[請求項13]
 請求項1~12の何れか1項に記載の洗浄剤組成物で、硬質表面に付着した変性油を含む油汚れを除去する硬質表面の洗浄方法。