Recherche dans les collections de brevets nationales et internationales
Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (WO2008062495) DISPOSITIF DE COMMANDE DE CHROMATOGRAPHIE EN PHASE LIQUIDE, PROCÉDÉ D'EXÉCUTION DE CHROMATOGRAPHIE EN PHASE LIQUIDE ET PROGRAMME DE COMMANDE DE CHROMATOGRAPHIE EN PHASE LIQUIDE
Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

請 求 の範囲

1 . 薄層クロマトグラフィの分離において複数の成分を特定混合比 で含む溶離液を用いて分離を行ったときの試料の移動度 Rf の実測値を 前記特定混合比に関連づけて記憶するための実測値記憶手段と、 前記溶離液における各成分の混合比の変化に対する試料の移動度 Rf の 変化率を記憶するための移動度変化率記憶手段と、

前記実測値記憶手段に記憶された前記特定混合比に対する移動度 Rf の 実測ィ直と、前記移動度変化率記憶手段に記憶された移動度 Rf の変化率 とに基づいて、特定移動度 RfO が得られる前記溶離液の混合比を求め るための混合比演算手段と、前記混合比演算手段での演算結果に基づ いて、試料の移動度 Rfが前記特定移動度 RiO となるようにカラムに送 液される前記溶離液の混合比を制御する制御信号を出力するための混 合比制御手段とを備えている液体クロマトグラフの制御装置。

2 . 前己移動度変化率記憶手段が、含有成分の組合せの異なる別種 類の溶離液ごとに、各成分の混合比の変化に対する試料の移動度 Rf の 変化率を記憶することが可能である請求の範囲第 1項に記載の液体ク 口マトグラフの制御装置。

3 . 複数の成分を特定混合比で含む溶離液を用いたときの試料の移 動度 Rfの実測値を薄層クロマトグラフを行って求める第 1の工程と、 前記第 1の工程で求められた移動度 Rf の実測値及びこの実測値が求め られた前記溶離液の前記特定混合比に基づいて、前記溶離液における 各成分の混合比の変化に対する試料の移動度 Rf の変化率を利用するこ とにより、特定移動度 RfO が得られる前記溶離液の混合比を求める第 2の工程と、

前記第 2の工程で求められた前記特定移動度 RfO が得られる混合比を 有する前記溶離液をカラムに送液する第 3の工程とを備えている液体 クロマトグラフィの実行方法。

4 . 薄層クロマトグラフィの分離において複数の成分を特定混合比 で含む溶離液を用いて分離を行つたときの試料の移動度 Rf の実測値を 前記特定混合比に関連づけて記憶するための実測値記憶手段、

前記溶離液における各成分の混合比の変化に対する試料の移動度 Rf の変化率を記憶するための移動度変化率記憶手段、

前記実測値記憶手段に記憶された前記特定混合比に対する移動度 Rf の実測値と、前記移動度変化率記憶手段に記憶された移動度 Rf の変化 率とに基づいて、特定移動度 RfO が得られる前記溶離液の混合比を求 めるための混合比演算手段、及び、

前記混合比演算手段での演算結果に基づいて、試料の移動度 Rf が前 記特定移動度 RfO となるようにカラムに送液される前記溶離液の混合 比を制御する制御信号を出力するための混合比制御手段としてコンビ ユータを機能させるための液体ク口マトグラフの制御プログラム。