PATENTSCOPE sera indisponible durant quelques heures pour des raisons de maintenance le lundi 03.02.2020 à 10:00 AM CET
Recherche dans les collections de brevets nationales et internationales
Une partie du contenu de cette demande n'est pas disponible pour le moment.
Si cette situation persiste, contactez-nous auObservations et contact
1. (WO2008059945) DISPOSITIF DE PINCEMENT D'UN MORCEAU DE TISSU ET KIT DE CULTURE
Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

請求の範囲

[1] 培養チャンバ一の中に配置可能な組織片挟持装置であって、

組織片を載置する培養面を持つベースと、

前記ベースに揺動可能に取り付けられたアームと、

前記アームのうち前記培養面に載置される組織片を押さえることが可能な位置に設 けられた押さえ部材と、

を備えた組織片挟持装置。

[2] 前記アームは、横幅が前記ベースの横幅よりも小さい、

請求項 1に記載の組織片挟持装置。

[3] 請求項 1又は 2に記載の組織片挟持装置であって、

前記押さえ部材を前記培養面に向かって付勢する付勢部材と、

前記アームのうち該アームが揺動するときの揺動軸を挟んで前記押さえ部材とは反 対側に設けられ、外力によって押下されたときに前記付勢部材に抗して前記押さえ 部材を前記培養面から離すアーム操作部材と、

を備えた組織片挟持装置。

[4] 前記付勢部材は、前記アームと一体成形されている、

請求項 3に記載の組織片挟持装置。

[5] 請求項 1〜4の何れかに記載の組織片挟持装置であって、

更に該アームが揺動するときの揺動軸とは反対方向に前記アームのうち前記押さ え部材の位置力延び出した延出部材

を備えた組織片挟持装置。

[6] 前記ベースは、前記延出部材の先端側の下面と接触可能な位置に該延出部材が 前記アームの揺動軸を中心として所定範囲以上に下方に回転するのを阻止する支 持部材を有する、

請求項 5に記載の組織片挟持装置。

[7] 前記支持部材は、前記押さえ部材の真正面からずれた位置に設けられている、 請求項 6に記載の組織片挟持装置。

[8] 前記押さえ部材は、前記培養面に載置される組織片と点接触又は線接触する形状 に形成されている、

請求項;!〜 7のいずれかに記載の組織片挟持装置。

[9] 前記ベースは、前記培養面の周囲の少なくとも一部に突起状物を有する、

請求項;!〜 8のいずれかに記載の組織片挟持装置。

[10] 前記押さえ部材は、前記ベースから取外し可能に取り付けられている請求項 1〜9 の!/、ずれかに記載の組織片挟持装置。

[11] 請求項 1〜; 10のいずれかに記載の組織片挟持装置であって、

前記押さえ部材が前記培養面に載置された組織片を押さえている状態にあるとき に前記押さえ部材が前記培養面から離間する方向に移動するのを規制する規制機 構

を備えた組織片挟持装置。

[12] 組織片を揷入可能な開口部を持つ培養チャンバ一と、

前記アームのうち揺動軸とは反対側の端部が前記開口部の方向を向くように前記 培養チャンバ一内に配置された請求項;!〜 11の!、ずれかに記載の組織片挟持装置 と

を備えた培養キット。

[13] 前記培養チャンバ一は、液密に閉鎖可能な可撓性の培養バッグである請求項 12 に記載の培養キット。