PATENTSCOPE sera indisponible durant quelques heures pour des raisons de maintenance le lundi 03.02.2020 à 10:00 AM CET
Recherche dans les collections de brevets nationales et internationales
Une partie du contenu de cette demande n'est pas disponible pour le moment.
Si cette situation persiste, contactez-nous auObservations et contact
1. (WO2008050552) SYSTÈME DE GRUE ET SON PROCÉDÉ DE COMMANDE
Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

請求の範囲

[1] 電力を発生させるエンジン発電機と、蓄電装置の充放電を制御する充放電装置と

、吊荷を巻上げまたは巻下げる巻上機用モータと、前記巻上機用モータを駆動する インバータと、前記エンジン発電機の出力電力を検出する手段と、前記インバータ及 び前記充放電装置の入力部の直流電圧を検出する手段と、前記蓄電装置の電圧を 検出する手段と、前記吊荷の高さを検出する手段と、前記吊荷の重量を検出する手 段と、を備え、所定の複数の条件下でそれぞれ異なる制御方法に切替えて動作する クレーン装置の制御方法にお!/、て、

前記所定の複数の条件は、

前記吊荷を巻上動作する際に、前記巻上動作が加速中の場合である第 1の条件、 前記巻上動作が一定速中かつロック中の場合である第 2の条件、

および、それ以外の場合である第 3の条件であることを特徴とするクレーン装置の 制御方法。

[2] 電力を発生させるエンジン発電機と、蓄電装置の充放電を制御する充放電装置と 、吊荷を巻上げまたは巻下げる巻上機用モータと、前記巻上機用モータを駆動する インバータと、前記エンジン発電機の出力電力を検出する手段と、前記インバータ及 び前記充放電装置の入力部の直流電圧を検出する手段と、前記蓄電装置の電圧を 検出する手段と、前記吊荷の高さを検出する手段と、前記吊荷の重量を検出する手 段と、を備え、所定の複数の条件下でそれぞれ異なる制御方法に切替えて動作する クレーン装置の制御方法にお!/、て、

前記所定の複数の条件は、

前記吊荷を巻下動作する際に、前記巻下動作が一定速かつ前記蓄電装置の電圧 が所定値よりも小さ!/、場合である第 4の条件、

および、それ以外の場合である第 5の条件であることを特徴とするクレーン装置の 制御方法。

[3] 電力を発生させるエンジン発電機と、蓄電装置の充放電を制御する充放電装置と 、巻上機、走行機および横行機をそれぞれ動作させるためのモータと、前記モータを 駆動するインバータと、前記エンジン発電機の出力電力を検出する手段と、前記イン バータ及び前記充放電装置の入力部の直流電圧を検出する手段と、前記蓄電装置 の電圧を検出する手段と、を備え、所定の複数の条件下でそれぞれ異なる制御方法 に切替えて動作するクレーン装置の制御方法において、

前記所定の複数の条件は、

走行動作する際に、前記 DCリンク電圧が所定値よりも小さぐ前記蓄電装置の電 圧が所定値よりも小さぐ前記エンジン発電機の出力電力が所定値以上の場合であ る第 6の条件、

前記 DCリンク電圧が所定値よりも小さぐ前記蓄電装置の電圧が所定値以上であ り、前記エンジン発電機の出力電力が所定値以上の場合である第 7の条件、 および、前記 DCリンク電圧が所定値以上の場合である第 8の条件であることを特徴 とするクレーン装置の制御方法。

電力を発生させるエンジン発電機と、蓄電装置へ充放電を制御する充放電装置と 、巻上機、走行機および横行機をそれぞれ動作させるためのモータと、前記モータを 駆動するインバータと、前記エンジン発電機の出力電力を検出する手段と、前記イン バータ及び前記充放電装置の入力部の直流電圧を検出する手段と、前記蓄電装置 の電圧を検出する手段と、前記蓄電装置へ充放電を行う前記充放電装置に流れる 電流を検出する手段と、前記充電装置の充放電が自動的に行うことを選択する充放 電自動選択手段と、前記充電装置の充電を手動で行うことを選択する手動充電選択 手段と、前記充電装置の放電を手動で行うことを選択する手動放電選択手段と、を 備え、所定の複数の条件下でそれぞれ異なる制御方法に切替えて動作するクレーン 装置の制御方法において、

前記所定の複数の条件は、

非動作中に、前記充放電自動選択手段により充放電が自動的に行うことが選択さ れ、かつ前記蓄電装置の電圧が所定値以下の場合である第 9の条件、

前記充放電自動選択手段により充放電が自動的に行うことが選択されず、かつ手 動充電選択手段により充電を手動で行うことが選択されている場合である第 10の条 件、

および、前記充放電自動選択手段により充放電が自動的に行うことが選択されず、 手動充電選択手段により充電を手動で行うことが選択され、手動放電選択手段によ り放電を手動で行うことが選択されている場合である第 11の条件であることを特徴と するクレーン装置の制御方法。

[5] 電力を発生させるエンジン発電機と、蓄電装置の充放電を制御する充放電装置と 、吊荷を巻上げまたは巻下げる巻上機用モータと、前記巻上機用モータを駆動する インバータと、前記エンジン発電機の出力電力を検出する手段と、前記インバータ及 び前記充放電装置の入力部の直流電圧を検出する手段と、前記蓄電装置の電圧を 検出する手段と、前記吊荷の高さを検出する手段と、前記吊荷の重量を検出する手 段を備えたクレーン装置にお!/、て、

クレーンコントローラは、クレーンの巻上動作時に、

前記巻上動作が加速中の場合である第 1の条件、

前記巻上動作が一定速中かつロック中の場合である第 2の条件、

および、それ以外の場合である第 3の条件、

で前記エンジン発電機の発電状態を制御する方法及び前記直流電圧を制御する方 法をそれぞれ異なる方式に切替えることを特徴とするクレーン装置。

[6] 電力を発生させるエンジン発電機と、蓄電装置の充放電を制御する充放電装置と 、吊荷を巻上げまたは巻下げる巻上機用モータと、前記巻上機用モータを駆動する インバータと、前記エンジン発電機の出力電力を検出する手段と、前記インバータ及 び前記充放電装置の入力部の直流電圧を検出する手段と、前記蓄電装置の電圧を 検出する手段と、前記吊荷の高さを検出する手段と、前記吊荷の重量を検出する手 段を備えたクレーン装置にお!/、て、

クレーンコントローラは、クレーンの巻下動作時に、

前記巻下動作が一定速かつ前記蓄電装置の電圧が所定値よりも小さい場合である 第 4の条件、

および、それ以外の場合である第 5の条件、

で前記エンジン発電機の発電状態を制御する方法及び前記直流電圧を制御する方 法をそれぞれ異なる方式に切替えることを特徴とするクレーン装置。

[7] 電力を発生させるエンジン発電機と、蓄電装置の充放電を制御する充放電装置と 、巻上機、走行機および横行機をそれぞれ動作させるためのモータと、前記モータを 駆動するインバータと、前記エンジン発電機の出力電力を検出する手段と、前記イン バータ及び前記充放電装置の入力部の直流電圧を検出する手段と、前記蓄電装置 の電圧を検出する手段を備えたクレーン装置にお!/、て、

クレーンコントローラは、クレーンの走行動作時に、

前記 DCリンク電圧が所定値よりも小さぐ前記蓄電装置の電圧が所定値よりも小さ ぐ前記エンジン発電機の出力電力が所定値以上の場合である第 6の条件、 前記 DCリンク電圧が所定値よりも小さぐ前記蓄電装置の電圧が所定値以上であ り、前記エンジン発電機の出力電力が所定値以上の場合である第 7の条件、 および、前記 DCリンク電圧が所定値以上の場合である第 8の条件、

で前記エンジン発電機の発電状態を制御する方法及び前記直流電圧を制御する方 法をそれぞれ異なる方式に切替えることを特徴とするクレーン装置。

電力を発生させるエンジン発電機と、蓄電装置へ充放電を制御する充放電装置と 、巻上機、走行機および横行機をそれぞれ動作させるためのモータと、前記モータを 駆動するインバータと、前記エンジン発電機の出力電力を検出する手段と、前記イン バータ及び前記充放電装置の入力部の直流電圧を検出する手段と、前記蓄電装置 の電圧を検出する手段と、前記蓄電装置へ充放電を行う前記充放電装置に流れる 電流を検出する手段と、前記充電装置の充放電が自動的に行うことを選択する充放 電自動選択手段と、前記充電装置の充電を手動で行うことを選択する手動充電選択 手段と、前記充電装置の放電を手動で行うことを選択する手動放電選択手段を備え たクレーン装置において、

クレーンコントローラは、クレーンの非動作時に、

前記充放電自動選択手段により充放電が自動的に行うことが選択され、かつ前記 蓄電装置の電圧が所定値以下の場合である第 9の条件、

前記充放電自動選択手段により充放電が自動的に行うことが選択されず、かつ手 動充電選択手段により充電を手動で行うことが選択されている場合である第 10の条 件、

および、前記充放電自動選択手段により充放電が自動的に行うことが選択されず、 手動充電選択手段により充電を手動で行うことが選択され、手動放電選択手段によ り放電を手動で行うことが選択されて!/、る場合である第 11の条件、

で前記エンジン発電機の発電状態を制御する方法及び前記直流電圧を制御する方 法をそれぞれ異なる方式に切替えることを特徴とするクレーン装置。