Recherche dans les collections de brevets nationales et internationales
Certains contenus de cette application ne sont pas disponibles pour le moment.
Si cette situation persiste, veuillez nous contacter àObservations et contact
1. (WO2005068822) POMPE D'ALIMENTATION EN CARBURANT ET CORPS DE STRUCTURE DE POUSSOIR
Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

請求の範囲

[1] ローラと、当該ローラを収容するためのタペット本体部と、を含むタペット構造体を備 えた燃料供給用ポンプであって、

前記ローラを、前記タペット本体部のローラ受けに回転保持させるとともに、 前記ローラの回転軸方向の移動を規制するための板状又は線状の規制手段を備 えることを特徴とする燃料供給用ポンプ。

[2] 前記板状の規制手段が、スプリングシートの縁部の一部をローラの端部の方向に 延設して構成してあることを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の燃料供給用ボン プ。

[3] 前記板状の規制手段を、前記タペット本体部に設けられた挿入孔に挿入するととも に、当該挿入孔における前記板状の規制手段の周囲に間隙を設けることを特徴とす る請求の範囲第 2項に記載の燃料供給用ポンプ。

[4] 前記板状の規制手段に、前記ローラを支え受けるための屈折部を備えることを特徴 とする請求の範囲第 2項又は第 3項に記載の燃料供給用ポンプ。

[5] 前記線状の規制手段がバネ材であるとともに、当該バネ材を前記タペット本体部に 巻き付けてあることを特徴とする請求の範囲第 1項に記載の燃料供給用ポンプ。

[6] 前記線状の規制手段の両端にッメ部を設けるとともに、当該ッメ部を前記タペット本 体部のローラ受けに係止させることを特徴とする請求の範囲第 5項に記載の燃料供 給用ポンプ。

[7] 前記ローラが、当該ローラの回転中心としてのピン部と、当該ピン部の周囲に形成 された肉厚部であって、前記ローラボディと摺動しながら回転するローラ部と、を有す るとともに、当該ピン部とローラ部とを一体ィ匕してあることを特徴とする請求の範囲第 1 項一第 6項のいずれか一項に記載の燃料供給用ポンプ。

[8] 単位時間当たりの流量が 500— 1, 500リットル Z時間である燃料を、 50MPa以上 の値に加圧するための増圧方式の蓄圧式燃料噴射装置に用いることを特徴とする請 求の範囲第 1項一第 7項のいずれか一項に記載の燃料供給用ポンプ。

[9] ローラ及び、当該ローラを収容するためのタペット本体部を含むタペット構造体にお いて、

前記ローラを、前記タペット本体部のローラ受けに回転保持させるとともに、 前記ローラの回転軸方向の移動を規制するための板状又は線状の規制手段を備 えることを特徴とするタペット構造体。

前記ローラが、当該ローラの回転中心としてのピン部と、

当該ピン部の周囲に形成された肉厚部であって、前記ローラボディと摺動しながら 回転するローラ部と、を有するとともに、当該ピン部とローラ部とを一体ィ匕してあること を特徴とする請求の範囲第 9項に記載のタペット構造体。